スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

憧れのベリーダンサー

私がベリーダンスを習っているソラヤ先生は、ソロあるいは他のダンサーと共同で、フランス各地でショーをしているのですが・・・
 
実は、なかなか地元で都合の良い日にちにショーをしてくれることが少なくて、これまでに1度しか見に行ったことがありません。

先月、子供を対象としたイベントに出演したときに、見に行ったのですが・・・

子供相手なのに、全く手を抜いていなくて、すばらしかったです!!

ちなみに、子供たちは、ベリーダンスが始まるまで、おしゃべりをしたり、ふざけたり、会場を走り回っていましたが、ベリーダンスが始まると、突然、数十人がステージの下に集まってきて、ステージにかぶりつきになって、ほとんどの子供がすごく真剣に見ていました。

付き添いできていたお兄さんたちも、かなり目がハートになっていました(爆)


今度は、同じ会場で、大人を対象としたショーが開かれるのですが・・・

ソラヤ先生は、ひとりで踊るときは、完全に即興で踊るそうなのですが、今回は、上級の生徒の群舞のパートも入れるので、いつものスタジオを借りて、毎晩、彼女たちのリハーサルを繰り返しています。

先日、ショーのチケットを買いにリハーサル前の時間にスタジオに行ったところ、前のリハーサルの人たち(フラメンコ)が連れてきていた子供たちが、スタジオの入り口でサッカーをして遊んでいました。

そのうちのひとりの女の子(6歳ぐらい)が、ソラヤ先生があらわれると、ツカツカと近寄って、

ボンジュール!・・・あなた、ソラヤの友達?

と声をかけました。

ソラヤ先生:「私がソラヤよ!

女の子:「えっ・・・そうなの?じゃあ、あなたが、この間、こういうの踊ってたの?

といいつつ、女の子、クネクネっとフィギュアエイトのまねをして見せたので、笑ってしまいました。

彼女は、かなりソラヤ先生にまいってしまったらしく、お母さんのiPhoneで撮影したソラヤ先生の踊りを本人に見せようと頑張って探していましたが、結局みつからず、「パパが消しちゃったみたい・・・」と悲しそうにしていました。

ソラヤ先生は、大人から見てもとてもチャーミングな人なんですが、子供にもすごくモテるらしいです。

インタビューをしたときに、話してくれたんですが、子供のクラスを教えていたときも、生徒たちから、「プランセス(お姫様)」と呼ばれ、先生がスタジオに入ってくると、みんなが、

わーい、プランセスが来た〜!!

と拍手喝采していたそうです。

先生は、毎回違う、素敵なレッスン・ウェアを着てくるので、小さい女の子には、確かにお姫様みたいに見えるだろうな、と思いました。


サラ * ベリーダンス日記 * 17:49 * comments(0) * -

グリーク・ステップと「自然な動き」

この前のベリーダンスのレッスンのとき、初めて出てきたステップがあったので、先生がとても丁寧に教えてくれました。

ソラヤ先生は「パ・グレック(ギリシャのステップ)」と呼んでいるのですが、一般的な名称かどうか分かりません。

検索してみたら、ユーチューブで、ギリシャの民族舞踊がひとつだけ出てきましたが、確かに、同じような動きをしていました。

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
グリーク・ステップ(備忘録)

1.まずアラベスクのように左足で半円を描きながら、左足を右足の前にクロスして置きます。

2.次に右足を左足の横にそろえて「きをつけ」の姿勢に戻ります。

3.それから、左足を横にシフトして、重心も左足にかけます。

4.最後に、右足を少しだけ左足の方向にずずず、と引きずって戻し、右のヒップアクセント(上方向)をつけます。

・・・というのを、1・2・3・4テンポで左右繰り返します。
¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

この3つ目のステップと4つ目のヒップアクセントが、意表をついたうごきで、なかなかできないのです。

クラスのみんなが苦労していたので、最初はゆっくりの音楽で、何度も何度も繰り返し、なれてきたところで、少しずつテンポの速い音楽で練習しました。

クラスメートのひとりが、

ナチュラルじゃない動きなんだよね…だから出来ないんだよね!

とボソリと言いました。

私も同感だったのですが、それを聞きとめたソラヤ先生が、


あのー、ベリーダンスの動きって、全部が全部、不自然なんだけど!!

と笑いつつ、腰をひょいひょいと左右に動かしたり、ヒップサークルをしながら、

こういうのはナチュラルな動きなの?

あなたの場合、『ほらー、自然と腰が動いちゃったわ!』、とか普段の生活で言ってるわけ??

と言ったので、みんな笑ってしまいました。


でも、シャルキ・ステップとか、シャッセなどに比べると、やっぱり足の踏み出しどころや、重心が不自然な気がします。

単に、慣れていないだけ、ということなのかもしれませんが…


同時に、全くの初心者のときから比べると、かなりいろんなことが自然に出来るようになってきた、ということなのかも、と思いました。


…思い出してみると、最初の数回のレッスンのときは、どんな動きもみんな不自然に感じたものでした。

そんなことを楽しく思い出させてくれるソラヤ先生のレッスンなのでした。

 JUGEMテーマ:ベリーダンス
サラ * ベリーダンス日記 * 16:36 * comments(0) * -

チャリティー・ワークショップのお知らせ

 震災チャリティー・ワークショップのチラシ

ソラヤ先生が、ワークショップのチラシを作ってくれました。

今回の震災の被災者に対する、チャリティー・ワークショップという素敵なアイディアです。


友達に話したところ、遊びに来てくれる人が数人いるようで、とても嬉しいです。


サラ * ベリーダンス日記 * 18:50 * comments(2) * -

踊りで救えるものもある・・・

あちこちのベリーダンスのお友達が、今回の震災に対して、色々なイベントを呼びかけています。

これは、とても素晴らしいことだと思います。


でも、もっとベーシックなレベルでも、私の場合、ずっと嫌なことばかり考えていたのが、ベリーダンスのレッスンに行ったら、レッスンの間は、すっぽりと嫌なことは忘れて、踊りに没頭することができて、久しぶりに、とてもいい気分になりました。


踊っている場合ではない、と思うこともありますが、できるだけ休まずにレッスンに通っていることで、精神的に、とても救われていると思うのです。


先生のレッスンがあるおかげで、どれだけ救われているか、今回とても強く実感したので、先生にも、お礼を言いました。


私の先生は、レッスン以外に、ワークショップをたびたび企画しているのですが、4月は、ベリーダンス、フラメンコ、サンバの3本立てで、東日本大地震チャリティー・ワークショップを企画してくれています。


フランスの地方都市でも、そうやって立ち上がってくれる人がいる、というのは、とても心強いことだと思います。

また、詳細が明らかになったら、こちらでもお知らせします。

 JUGEMテーマ:エンターテイメント
サラ * ベリーダンス日記 * 23:18 * comments(0) * -

地震について

フランスでも、地震と津波の映像がずっと報道されています。

日本で地震の影響や被害を受けた皆様もいらっしゃると思いますが、このブログを通じて知り合った皆様が、ご無事でいることを祈念しています。

繰り返し流れる映像を見ると、どんなに恐ろしかっただろうと、こちらもショックを受けています。

余震などもありますから、どうか、無理をせずに、くれぐれも気をつけてくださいね。
サラ * ベリーダンス日記 * 17:48 * comments(0) * -
このページの先頭へ