<< チュニジアのベリーダンス事情(7) | main | ベリーダンスの発表会 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

チュニジアのベリーダンス事情(8)

チュニジアでぜひ、ベリーダンス用のグッズを買い込んでいこう、と漠然と思っていたんですが、何を買おうかという具体的な考えはありませんでした。

bracelet以前、ここに載せたお土産やさんの写真にベリーダンスの衣装がたくさん写っていましたが、ああいう系のおみやげ用のベリーダンスの衣装は、よく見るとあまり出来が良くなくて、素材も作りもチープというか、実際に練習のとき着て踊りたいと思うようなのがありませんでした。

コインがついてるヒップスカーフも、私がパリで8ユーロで買ったやつとあまり変わらないやつが10ディナール(1000円)と言われて、チョイスも思ったより多くなく、素敵な色もなかったし、コインがついているヒップスカーフは意外と重いので、だったら別にここで買わなくてもいいや、と思ってしまいました。

それで、チュニジア人の女性に聞いたところ、

「普通の人がベリーダンスを踊る衣装、っていうのはなくて、単に結婚式とかに招かれた時に、おしゃれして参列して踊るとか、そういうものじゃない?」「ベリーダンスのショップっていうのは聞いたことがないけど…」と的を得ない回答しか得られませんでした。


それでまた色んな人に聞いたところ、

「チュニジア各地の観光地やメディナ(旧市街)で売ってるベリーダンスの衣装は、観光客がお土産に買っていくためのもので、変装グッズみたいなとらえ方をされている」とのことでした。

確かに、私がみた限られた品数では、「変装グッズ」、という言い回しがぴったりの、安っぽいものでした。
まぁ、俗な言い方をすれば、オリエンタル・コスプレみたいな使い方をするのでしょう(笑)

それ以上のいわゆるプロのショーをするベリーダンサーは、もちろん、自分の仕立て屋さんに特注で衣装を作ってもらうので、どっかにプレタポルテのベリーダンスの衣装やさんがある、という話は聞いたことがない、ということでした。

そんなこんなで、一応、一見チープ風なおみやげベリーダンス衣装も、値段を聞いてみると、前、写真を載せたメディナ入り口のおみやげやさんの軒先にかかっていた黒いコインつきハーレムパンツとトップで45ディナール(4500円)と、たいした品でもない割に、意外と高いので(交渉の余地はあったと思いますが…そんなに欲しくなかったので交渉しなかった)、何も買いませんでした。

衣装系が不発だったので、せめてベリーのアクセを、と思って、いくつか買ってきました。

これも、前写真を載せた、いわゆるオリエンタル色の強い、いろんなものがジャラジャラぶら下がってるアクセは、遠くから見ると可愛いんですが、近くでみるとキッチュなガラス玉がいっぱい付いていて、あまりにチープで、買う気がしませんでした。

結局、上の写真の、チュニジアの昔のコインをイミテーションしたというチープなコイン・ブレスレット(400円程度)と、銀製のファティマの手のペンダント(1000円程度)を買いました。

私がめぐり合えなかっただけかもしれませんが、ベリーダンスをテーマにしたお店がない、っていうのには、結構ビックリでした。


JUGEMテーマ:趣味


サラ * チュニジア旅行 * 22:40 * comments(6) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:40 * - * -

コメント

残念でしたね〜。チュニジアだと、生活の一部にダンスが根付いていても、我々外国人のベリーダンスの捉え方とはギャップがあるのかもしれませんね。お店がないっていうのも、あくまで私の勝手な解釈ですが、外国人が日本に来て「盆踊り用品の専門店はある?」って訊く様な感じなのかなあ?変な例えですみません。
Comment by kallista @ 2008/03/24 2:05 PM
へぇ〜!!!そうなんですか!
という事は浅草の雷門の中の通りで売ってる何とも知れないような和柄の化繊の着物のような扱いなんでしょうか?
こういうことは現地に実際に行ってみないと分かんないものなんですね〜
Comment by 河童くん @ 2008/03/24 5:16 PM
ベリー関係のものが売っているお店はベリーダンサーに聞けば知っていると思いますが、チュニジアで買っているのではないかもしれないし、わからないですねぇ〜。
そうそう、お土産ものっぽい衣装はエジにもトルコにもありますけど、まさに浅草やオリエンタルバザールで売っている安っぽいキモノ風の代物と同じです。
(あたしも外国人の友達にお土産でよく買いますけど)
コインつきハーレムパンツ高い!日本でも2000〜3000円で買えますよ。
そういうのは最近中国製だったりするので、もしかしたらチュニジアでも中国から輸入しているかも?

ベリーのグッズは不発だけど、以前サラさんが写真を載せられていたお皿とか雑貨はとってもステキだと思います!
Comment by Reshmi @ 2008/03/25 11:49 AM
■KALLISTAさん、

盆踊り用グッズ!!(爆)
確かに、盆踊りのおそろいの浴衣とか、結構欲しがるかもしれません(笑)

私も、フランス人に「日本に次に行く時に、20ユーロぐらいのシルクのキモノがあったら買ってきてね!バスローブにするから!」って言われたことがあります。そんなものはない!と即答してしまいましたが…

Comment by サラ @ 2008/03/25 6:54 PM
■河童くん、

そうそう〜。こっちではKIMONOっていうと、ああいうピラピラのナイロンのバスローブみたいなものだと思ってる人が結構いるんですよ。
(実際に下着屋さんでKimonoと呼んでいる場合もあり…)
あとは、「KABUKI」とか「ZEN」ってでかでかと書いてあるタオルとかTシャツとか、プラ製の日本刀とか!

そういえば、秋葉原にもそういうお店がありました。
一度、ダンナと一緒に電化製品を買いに行ったら、最初に入った店の人に「うちはガイジン用のグッズは扱ってませんから、隣の店にどうぞ」って言われて、電圧の問題だと思っておとなしく隣の店に行ったら、そういうおみやげばっかり売っていてびっくりしました。ていうか、電化製品が買いたかったんですけど!?って感じでした。
Comment by サラ @ 2008/03/25 6:59 PM
■Reshmiさん、

表参道のオリエンタルバザール、私もガイジン友達に付き合って何度か行ったことがあります。
実は、あそこで意外と着物の古着が安く手に入るんですよね。
帯とか、部屋の壁飾りとして買ってる友達がいました。

やっぱりハーレムパンツはふっかけプライスでしたか…
確かに、私の持ってるコインつきヒップスカーフも中国製っぽい感じがしたので(コインが他の人のより分厚くて安っぽい)、出所は同じかもしれません。

最近は、アフリカンが身体や頭に巻いている、派手なパターンの布もメードインチャイナなんだそうですよ!
確かに、メディナでは、中国テイストなレースとかピンク系のキッチュなグッズも沢山売っていました。

今考えると、あのベリーダンスの先生に聞いてみればよかったなぁ、なんて思ってます。
とき既に遅し!!
Comment by サラ @ 2008/03/25 7:05 PM
コメントする









このページの先頭へ