<< TARTIT(ベルベル音楽&ダンス)公演(1) | main | 首・肩・腰に力が入らない・・・ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

TARTIT(ベルベル人の音楽&ダンス)2

TARTIT(ベルベル人の音楽&ダンス集団)公演の様子の続きです。


ベルベル(おまけ) 
トゥアレグ族について調べていたら、心惹かれるベルベル人の女の子の写真を見つけました。
トゥアレグ族ではないみたいですが、コインの飾りもとてもキレイなので、のせてみました。



肝心の音楽ですが、男性が民族博物館に保管してあるような素朴な皮ばりの三味線みたいなの(テハルダント)を弾いて、女性が太鼓(ティンデ)をたたきます。イズマドと呼ばれるまん丸のバイオリンっぽい楽器もありました。それで、みんなで歌を歌いながら、手が空いてる人が、手をたたきます。

なんとなく、砂漠の夜、火を囲みながら歌ったり踊ったりして過ごすトゥアレグ族の様子が目に浮かぶような気がしました。

リズムもちょっと不思議で、決してタブラみたいに複雑なフレーズとかはないんですが、たとえば、早めの12拍子で、不思議な手のたたき方をしてるので、まねしてたたきながら、あとで数えてみたら、1、2、4、7のところで叩いていました。

もらったパンフレットには、「ラクダの歩みを真似たリズム」と書いてありました。
(やってみると、雰囲気が分かると思います。結構、面白い)

観客も、これを真似して叩こうとしていましたが、隣に座ってたフランス人(白人)のお姉さんは、どうしても叩けず、いつも1拍子遅れていました(笑)

肝心のダンスのほうは、女性は、衣装の関係でガサガサしていて、かなり太めな人もいたせいか、あまりダイナミックな動きはなく、手の動きや、小さい足の動きが中心でした。男性は、みんなやせていて、女性ほど衣装の制約もないせいか(といっても、足までの丈の服なので、浴衣で踊るぐらい踊りにくいと思います)、突然ヒップホップとかブレイクダンスみたいな片手を床につけて、全体重を支えてピョンピョン飛ぶ動きとか、なかなかダイナミックでした。お守りのような首飾りがピョンピョンはねていました。キャメルウォークに似た動きとかもありました。

女性で一人、あぐらをかいて動かない人もいましたが、この人が、手の動きと表情だけでも素晴らしい表現力があって、ほんとに、これは見ないと分からないと思うんですが、すごい人がいました。

あと、一人だけ古い三味線ではなく、エレキギターを持っている男性がいて、そこだけ妙に目立っていたんですが、音の出し方とかは控えめで、「古いほうの楽器にしておいてもあまり変わりなかったかも・・・」、という気がしました。

それから、ベリーダンスのザカリートと同じだと思うんですが、高ピッチで「アレレレレレレーッツ」ってやつが1曲に1回ぐらいでてきて、時には、一人が「アレレレレーッツハッ」とやり終わると、別の人がまた「アレレレレーッヨット」と受けたりして、結構面白かったです。

あと、子音の「s」だけを強調したような「スーッ」という音を出したり、のどの奥のほうで不満の低いため息みたいな「グゲー」って音を二人の男性が交互に出したり(書きようがない音なので、読んでる方にはよく分からないかもしれませんが)、歌に出てくる音も、すごく多様でした。

公演は1時間半あまりだったんですが、すっかり引き込まれてしまい、時代を超えたような気分になりました。

ダンスは、最初に思ってたようなベリーダンスの勉強になるものではなかったんですが、トゥアレグ族の存在を身近に感じられたのと、彼らの音楽の世界にすごくひきこまれたので、観に行ってよかったです。

あと、なんと、ベリーダンスの教室に通ってるクララが観に来ていました。

誰か来ないか、一応、聞いてみようと思ってたんですが、親知らずを抜いたために今週のベリーのレッスンを休んでしまったので、聞かずじまいだったので、ちょっと嬉しかったです。





サラ * ベルベル・ダンス * 17:55 * comments(8) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:55 * - * -

コメント

とっても可愛いですね、トゥアレグの美少女!!彼女の凛とした瞳には、確かに心惹かれるものがあります。
地方都市でトゥアレグの舞踊が見られる、っていうのも日本にいたら、ずぇ〜ったい無理なので、フランスってそういう意味ではやっぱりすごいですよね。
ベリーダンスに近くなくても、リズムとかザガリートに似た掛け声とか聞いてるだけで面白そうでわくわくします(^^)
でも一般的にフランス人ってリズム感乏しいから、12拍子はちょっと厳しいかもしれませんね〜。
Comment by KALLISTA @ 2008/01/15 6:39 PM
■KALLISTAさん、

そう、フランス人って、コンサートでビックリするぐらいリズムを外してる人が多いです。
特に、コントラテンポ(裏拍子=ん、チャ、ン、チャってやつ)で手が叩けない人が多いです。
ザガリートは、実は初めて聞いたので、かなりワクワクしました(笑)

ちなみに、写真の女の子は、チュニジアのベルベル人ですが、トゥアレグ族じゃないみたいです。
Comment by サラ @ 2008/01/15 10:08 PM
ベルベル人の少女、本当に美しい・・・見とれてしまいますね。
Leilaがチュニジアンを踊るとき、同じようにたくさんのアクセサリーをつけて額やあごに模様を書いていました。
衣装を着るのを手伝ったんですが、一枚の布を安全ピンで留めながらサリーのように巻いていくんです。
インドでも額に模様を書いたりするし、なんとなくつながりを感じられました。
トゥアレグの音楽や踊り、あたしも見てみたいなぁ〜。
Comment by Reshmi @ 2008/01/16 9:58 AM
アレレレレーョット!サラさんの表現はすごくわかりやすいですね〜
民族に古くから伝わる文様や、衣装、踊りって本当に美しいですよね
以前からの素朴な疑問なのですが、このお写真にもありますが、コインの飾りたくさんつけますよね
私たちが日頃使っているヒップスカーフにも沢山のコイン。

これって本当はお金に恵まれますように、っていう願いがこめられているのでしょうか?
飾りや衣装の一部にそういった願いをこめるのって、なんだか興味がわくんですよ
Comment by 河童くん @ 2008/01/16 11:52 AM
■Reshmiさん、

トゥアレグの衣装も、安全ピンが止まってました(遠くからでも見えた~)
意外と、西洋の服よりも、日本の着物に近いのかもしれませんね。

TARTITは、絶滅寸前のトゥアレグの民族音楽を伝承するスクールも支援しているそうなので、これからも公演は続けると思います。
いつかReshmiさんも見に行く機会があるといいですね♪

ちなみに、音楽だけだったら、CDも出ています。
あと、2週間前ぐらいに書いた時に、YoutubeでみつけたTartitを入れてあるので、画面の下のほうをどうぞ。画像が不鮮明で分かりにくいけど、雰囲気は分かると思います。

今回見た人たちは、顔や体に模様は描いていませんでした。
でも、アクセサリーもちょっと独特で、面白かったです。

ちなみに、書き忘れましたが、この写真は1910年頃に撮られたものだそうです。
Comment by サラ @ 2008/01/16 5:45 PM
■河童くん、

コインの意味は考えたことがありませんでした。
今度、機会があったらチョイワル先生に聞いてみようと思います。

確かに、コインをこんなに付けて、踊るのには、何か意味があるに違いないですよね。

トゥアレグ族のアクセサリーで一番気になったのは、男性が首から下げていたどでかい「ほら貝」なんですが、あれも何らかの意味があるんでしょうね。
Comment by サラ @ 2008/01/16 5:48 PM
やっぱり心ひかれますよね
トゥアレグ族というんですね
でかくコピーして壁にはっちゃいました
目が綺麗で強くて少しさみしそうにも見える
撃ち抜かれました
額のマークは十字架?
もののけ姫を思い出しました
昨日からこの写真ばかりみてます 無職なもんで


Comment by 三人ノ木 @ 2010/08/28 8:23 PM
■三人ノ木さん、

はじめまして。

額のマークは、意味は分かりませんが、刺青だと思います。
チュニジア人の女性でも、おばあさんで、口のあたりに刺青をしている人を見たことがあります。

トゥアレグ族は、日本ではあまり名前も馴染みないかもしれませんね。

ベルベル人とかカビル人とかとごっちゃになって呼ばれている場合もあります。
(定義はそれぞれ違いますが・・・)

20世紀初頭のコロニアル趣味な民族衣装をまとった北アフリカの女性の素敵な写真は、沢山ありますよ。

どれも、目が印象的、という点では同じだと思います。

また、そのうちご紹介できれば嬉しいです。
Comment by サラ @ 2010/08/29 6:53 PM
コメントする









このページの先頭へ