<< アルジェリアのベリーダンス事情 | main | 2度目のバックベンド >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

アルジェリア各地のベリーダンス事情

前回のレッスンで、約束どおり先生がアルジェリアのベリーダンスを踊ってくれて、みんなで一緒に踊りました。

先生が色々説明してくれて、固有名詞がいっぱい出てきたんですが、聞き覚えのない言葉を聞いても、記憶力がなくてあまり憶えてこられなかったのが残念です…。

まずは、アルジェリア西部の男性のシミー中心の踊り
肩に武器を担いで踊るそうです。
はっきりいって、肩シミーばっかりなので、かなり疲れます…。
ターンとかの時、ちょっとアフリカンダンスに近いようなステップもありました。

それから、アルジェリア東部のベルベル人(アラブ人とは別の民族です)のグループ・ダンス。
まず、ラインダンスみたいに男女別々に数人で並んで、背中に手を回してくっつきます。
それから、右足を左足の前に出して、右に戻す、というのを1,2,1,2のリズムで繰り返しながら、右に行ったり、左に行ったり、前後したりします。
これは、結婚式などでよく踊られるそうで、ともかくリズムに合わせてバンバン床を踏み鳴らすのだそうです。
他の地方の人には、「ゴキブリ踏みつぶしダンス」と呼ばれているそうです(笑)

あと、お腹をポコン、と上にロールするダンス。
アンジュレーションとは違うの?
と質問したところ、アンジュレーションみたいに腰から肩まで使うのではなく、下腹部だけでポコンと上にアクセントをつけるのだそうです。
これが結構うまくできないんです。

できない〜!

と言ったら、

アルジェリアのすごい太っ腹なダンサーがポコンポコンするとすごい迫力があるんだけどね

と言われました…。
このダンスをする時に、腰骨のあたりに沢山スカーフを巻いて、ポコンという動きを強調するんだそうです。

みんなが何も質問しないので、私は折角だし、と思ったので色々質問をしました。

アルジェリアのベリーとオリエンタル・ダンスはどこが違うの?

エジプシャンを中心としたオリエンタル・ダンスは、全身のどこかしこにも神経を使って、足から腰から指先から目線からすべてを使って踊るんだけど、アルジェリアのフォークロア・ダンスは、地方や踊りによって体のどの部分を強調するか、というのが結構はっきりしていて、肩中心とか、腰を強く動かすとか、そういう感じ

先生の踊りを見ても、やっぱり普段の踊りよりも土臭い感じがあります。それはそれでとても魅力的です。

アルジェリアの音楽と普通によくあるベリーダンスの音楽は違うの?

マグレブの音楽でも色々違いがあって、モロッコはエコーを聞かせた歌が中心。アルジェリアはライが中心。リミックスも沢山使われているよ

次回、アルジェリアのCDを持ってきてくれるそうです。

ちなみに、ベルベル人のゴキブリ踏みつぶしダンスは、アラブのフルートとタムタムの特徴ある音楽で踊るんだそうです。

アルジェリアでは男性も踊るの?

結婚式とかでは誰もが踊るんだよ。最初は、男女で分かれて踊るんだけど、段々近寄っていって、最後はどさくさにまぎれて電話番号とかを聞いてくる(笑)

男女が別々に踊ってる時に、どれだけ見せ場を作れるかが勝利のポイントだそうです(笑)

アルジェリアのダンスを踊ってる時の先生は、いつも以上にとってもキレイで楽しそうした♪

JUGEMテーマ:芸能


サラ * アルジェリアのベリーダンス * 18:04 * comments(4) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:04 * - * -

コメント

>アンジュレーションみたいに腰から肩まで使うのではなく下腹部だけでポコンと上にアクセントをつける<

というその動き、多分リバースアンジュレーションかな?

ベルベルダンスは私も興味あるので、一度本物を見てみたいです。ほんとに踊りと文化は不可分なんですよね。サラさんは貴重な体験をされていますね♪
サラさんのおっしゃるようにマグレブのベリーダンスって(十把ひとからげにするのはいけないかもしれないけど)エジプトのに比べると土臭いですよね。私もチュニジアでベリーダンス見たとき、「お〜、すごい違い」と驚きました。
Comment by kallista @ 2007/12/08 10:44 PM
■KALLISTAさん、

リバースアンジュレーションとも違うんです…
単純化してしまえば、リバースアンジュレーションをお腹だけで止めてしまうような感じです。

上述のベルベルダンスは、実際に踊ったんですが、女同士でもかなり盛り上がります(笑)
結婚式に踊ったら、ほんとにロマンスが生まれそうです(笑)

マグレブ文化はほんとに外部者からは区別がつきにくいんですが、全然違う要素を色々抱えていてそれなりに興味深いです。

KALLISTAさんはチュニジアにいらしたんですね?
やっぱりチュニジアも独特のスタイルがあるんでしょうね。
私ももっと色んなベリーダンスを見てみたいです。
Comment by サラ @ 2007/12/10 5:31 PM
>単純化してしまえば、リバースアンジュレーションをお腹だけで止めてしまうような感じです。

なるほど。上までこないんですね。

>上述のベルベルダンスは、実際に踊ったんですが、女同士でもかなり盛り上がります(笑)

それ聞いたらますますやってみたくなりました(^^)
チュニジアのスタイルはこれだ!!というほど知っているわけではないですし、アルジェリアのはまだ未知の世界ですが、この2つも見比べるとクスクスのように違うんでしょうね。こんな事話してるとチュニジアにまた行きたくなってきちゃう〜。話は全く飛びますが、チュニジアのレストランでベリーのショーを見たときに、客席に降りて来たダンサーにキスされて、怯えて泣き出してしまったフランス人の男の子(5歳くらい)がいたことを思い出してしまいました。


Comment by kallista @ 2007/12/10 6:17 PM
■KALLISTAさん、

チュニジアの料理を最近習って、クスクスにもはまってしまい、時々作っています(そのうちレシピを乗せますね♪)

確かに小さい子には迫力ありすぎるかも…
ショーはチュニス市内のレストランでご覧になったんですか?

日本で、チョイワル先生のマグレブ・ベリーダンスWSなんか企画したら人気があるかもしれませんね(笑)
こんなアルジェリアの踊りも色々紹介してくれて、若いのにいろんな魅力のある先生に習えてよかったと思います。
Comment by サラ @ 2007/12/10 8:48 PM
コメントする









このページの先頭へ