<< ベリーダンスのバックベンドで出血&ぶち切れ事件!! | main | ベリーダンスのバックベンドぶち切れ事件(つづき〜3) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ベリーダンスのバックベンドで出血&ぶち切れ!(続編です)

フランスは全国的に気温2度とか3度で、背筋がゾクっとするような寒さです。
ベリーダンスのレッスン前と後で、体のポカポカ度が全然違うので、冬はしっかり踊ろう!と思いました。

前回の話の続きですが、バックベンドの練習中、

私だってこんなポーズ、足も痛いし、ひざも痛いし、全然上手く踊れるようにならないし、もうたくさんよ!

と超初心者のコラリンヌがレッスン中にブチ切れてしまい、みんなもシーン…。

すると、チョイワル先生が、

あんたね〜、今まで言わずにガマンしてたけど、その悲観的な態度、間違ってるよ!

逆切れしてしまいました。

だいたい、ベリーダンス習い初めてそんなすぐに踊れるようになると思うほうが間違ってるよ!

今のポーズだって20分しかやってないのに、それでできずに怒るって、どういうこと!?

もともと迫力のある方なので、怒ると大層怖くて、私なんか、絶対、一言も反論できなくなってしまうと思いました(笑)

でも、コラリンヌも負けてはいず、

先生は他のもっと踊れる生徒のえこひいきしてるよ。私のことあまり見てくれないし、指導していないじゃない

と反論。

私からしてみると、先生、コラリンヌの面倒は結構、見ていたと思うんですが…。

先生は「そんなことはないよ。ちゃんと見てるし、一つ一つの動きについては来週もう一度細かく一人ずつ指導するからね、ってさっきも言ったでしょ?ね、私そう言ったよね(→と、隣にいた人に確認)…」

コ「でも、私は動きを指導してもらっても上手く踊れるようになれないと思う

先生「ほんとに、そう思ってるんだったら、私は他に何も言うことはないよ!

それだけ言うと、コラリンヌは大またで更衣室に消えてしまいました…。

先生が、私に、「サラはどう思う、あの態度?私、ちゃんとみんなの指導してなかった?」と言うので、私は「私もベリーダンス始めたばかりのころは、何をやっても全然できなくてガッカリしていたから、コラリンヌの気持ちも分かるけど、でも、あれは言いすぎだよね。」と言いました。先生はみんなの意見も聞いていて、実は面倒見のいいパンク姉が、

私がちょっとサシで話をしてみるわ

とか言っていたところに、コラリンヌが現れ、先生とコラリンヌの2人で先生のロッカールームの中で、ドアを閉めて長く話をしていました。

翌週、コラリンヌはレッスンに現れませんでした。

聞きづらくて聞いていないのですが、やっぱり辞めてしまったのかな。

フランス人は腹が立つと、言いたいことだけガンガン言って、次の日は何もなかったかのようにケロリとしている子供みたいな人が結構いるので、コラリンヌも何事もなかったかのようにまたレッスンに来てくれるのを期待していたんですが…。

…ちょっと、残念です。



サラ * ベリーダンスのレッスンの様子 * 19:45 * comments(16) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:45 * - * -

コメント

やっぱり・・・
なんとなく、こういう展開になってしまうのかな〜と思っていました。
残念ですね。
でもフランス人(に限らず、アツい国の人々)はこういう風に理不尽だとしても自分が思っていることを正直にぶつけられていいなぁ〜と尊敬します。
あたしだって、いくら性格が(外見も?)日本人離れしているとはいえ、ここまではできませんから。
ベリーダンスの楽しさを知ってから起きたこの事件なら戻ってくるかもしれませんが、始めたばかりでできないだけ、つらいだけだったら難しいのかもねぇ。。。
先生、バックベンドは時期尚早だったんじゃないかしら?
Comment by Reshmi @ 2007/11/11 11:02 PM
■Reshmiさん、

やっぱり彼女には時期尚早だったんでしょうね…。
でも同時に、ドロンジョ先生がよく「ベリーダンスはちょっとレッスンに通えばすぐ一人前に踊れると思ってる向きが多くてケシカラン!」と愚痴っていたのを思い出しました。

コラリンヌも、他のダンス歴も全くないと言っていたので、ベリーなんて簡単だと思ってたのがプライド傷ついちゃったんじゃないかな、と思います。

私は、肝心のバックベンド、降りるほうは段々できるようになってきて、それについては結構嬉しく思っているので、先生には感謝してます。

私もReshmiさん同様、「日本人離れしてるんでしょ?」って日本の知り合いから言われますが、時々、ああやって発散したらスッキリするんだろうなぁ、ってよく思います。
でもやっぱり日本人の美徳(?)で、自分にも非があったんだろうな、と引っ込めてしまいます最近は人を傷つけることを不用意に言って自分がスッキリする生き方は間違ってるというか、自分向きじゃないことが分かったので、それでいいのかな…とも思ってます。
Comment by サラ @ 2007/11/12 2:50 AM
こんにちわ、サラさん。。。

はぁ〜、、、やっと、続きが読めました!!!
もう、気になって気になって仕方がありませんでしたよ。
まさか、ベリーダンスで、そんな事件がおこるなんて…やっぱり、お国柄って事なのでしょうか、、、(道場だったら、そのまま乱闘騒ぎになるんですけどね^^;笑)

でも、、、ベリーにしても、何にしても、そんな簡単にモノになんてならないですよね…。私だって、ダンス経験0なワケですから、最初の頃は、ほっんと〜に、苦労しましたよ!でも、そういう時は、「私、少林寺はじめた頃もヘボかったじゃんっ」って、自分に言い聞かせてます(>v<)
ウチの先生も「最初は、なかなか大変かと思うけど、とりあえずは、3ヶ月は頑張ってみて。その後、少しづつ、楽しくなってくるから!」とか「私も最初の頃は、辛抱、辛抱だったのよ」って言ってました〜☆

折角、入ったベリーダンスなんだし、彼女も気を取り直して、また、来てもらいたいですね…


Comment by ゆっち @ 2007/11/12 1:00 PM
■ゆっちさん、

こんにちは!更新がいつもノロノロしててお待たせしてしまいました。何度か見に来て頂いたんでしょうか…すみません。

でも道場で乱闘騒ぎになったら、ほんと笑い事じゃないですね…。先生&先輩は神様って感じの世界かなと思ってました。反乱する人って時々いるんですか?!

ベリーダンスの魅力はやっぱり続けていくことで実感できるんでしょうね。私も、最初はこんなに好きになると思いませんでしたから、ゆっちさんの先生のコメントにも納得です。

私なんかどう転んでもプロデビュー(笑)がかかってるわけでもないし、いい年してそこまで熱くならなくてもいいんじゃない?って思うんですが。
相変わらず、はまって踊ってる時はすごく楽しくても、鏡を見て一つ一つのポーズをきれいに仕上げようなんて思うと、なかなか上手くいかず、すごくガッカリしてます…。
Comment by サラ @ 2007/11/12 6:32 PM
思い出した。 他のダンスのクラスで男性のダンサーで超スパルタの先生がきびしくて(口が悪くて)今日のお前見てると教える気なくす。とかそこそこ踊れるからレッスン来ないほうがいいのかもと思うよ。とか 太ってる生徒は断ったり 私はプロじゃないしと文句いった事はありますが。。。他の生徒は信者のようで怖かった。今は凄く役立って実は凄かったかもとおもってるけど。
でも超初心者だけはそのクラスあったほうがいいかもね。 私はべりー初心者だけの二ヶ月プログラムがあったので 全員一緒にはじめられたから ラッキーだった。 

前回の質問ですが毎日ストレッチはしてないけど つき2,3回ピラティスにいってます。他に今はスロージャスやってます。毎日できれば毎日やったほうがいいですけど。家だとやらないです。
Comment by いちご @ 2007/11/13 12:18 PM
面白いです〜〜
漫画かアニメになりそうな濃いストーリーのサラさんのブログ。
そこで涙ながらにコラリンヌが「プロのベリーダンサーになりたいのよ!」とか言って
床に突っ伏してくれたら最高だったのに。
「怒る」ってさあ、自分ができてないだけなのに
それを他人にぶつけるって一体どういうこと?だよ
ね。
しかも周りを白けたムードにさせてるって気が付かないのかな。
暑い国だけでなく寒い国ドイツもそういう人多かったよ。
普段仲のいい家族や隣人と本当にどうでもいい事で言い合いになって、でも次の日はケロりと元通りとか。
だったら初めからやんわりとした言い方をすればいいのにって
日本から来た私は思っちゃいます。

こっちスペインではちょっと違うリアクションかな・・・上手く踊れないと茶化す人が多いです。
でも他の人は誰もフォローせず無視です。
(それも観察していてある意味面白い。笑)

Comment by NOA @ 2007/11/13 8:28 PM
レッスンに通い始めた頃、先生が
ベリーダンスって最初の3ヵ月が一番辛い。それを乗り越えればだんだん面白さがわかるんだけど、だいたいその間に止めちゃうのよねぇとおっしゃっていました。
頭で考える通りには体がついていかない事が多いから、それにガーっと悩んじゃうとストレス溜まっちゃうのかもしれないですねぇ。コリアンヌさん残念。
Comment by Yae @ 2007/11/14 7:21 PM
■NOAさん、

>「プロのベリーダンサーになりたいのよ!」とか言って…

まさか、それじゃまるで「ガラスの仮面」ベリーダンス版じゃないですか(笑)
チョイワル先生よりドロンジョ先生のほうが、月影先生(だっけ?忘れちゃいました)っぽいんですけどね(爆)
バレエのスポ根系?少女漫画は結構ありましたが、もっとオトナの女性向けにベリーの漫画とかも出てきたりしてないでしょうか?日本はそういうの何でもありますからね…。

NOAさんの通ってるスペインのベリー教室のリアクションも面白そうですね。
ボケても誰もツッコんでくれないNOAさんの教室、ハイリスクを承知で踊ってる人、多し、という感じでしょうか?!

私は外で絶対爆発できない分、たまに夫&子供相手に爆発してしまいます。ほんとに、どうでもいいことなんですけどね。…反省です。

NOAさんはドイツにも住んでいらっしゃったんですか?
言いたいことを我慢するのは日本人だけなんでしょうか?
Comment by サラ @ 2007/11/14 7:46 PM
■Yaeさん、

ドロンジョ先生はしきりに、通い始めて2回目と3回目が一番辛い、と言っていたのですが、私は個人的に、彼女のレッスンは約半年間ずっと辛かったです(笑)

Yaeさんの先生の言うとおり、3ヶ月を超えると、なんとなくできてくる技も増えるし、踊っていてはまれるようになるんでしょうね。

今の先生は、新しいテクも毎回どんどん導入していくので、ついていけないと思うこともありますが、何度も何度も繰り返していく中で、最初は見よう見真似でも段々自分のものになっていく、と言っています。

ドロンジョ先生は、一つ一つの動きが完璧にできていないと、すごく細かく分解して教えてくれていたのですが、そんなにすぐにマスターできなかったので、もっと上級になってから習いに行ったらきっとすごくいいんだと思います。

最近アンジュレーション&逆アンジュレーションが段々抵抗なくなってきたので(できてるかは別ですよ!)チョイワル先生の言うことにも一理ある、という気がします。
Comment by サラ @ 2007/11/14 7:53 PM
■いちごさん、

そんな怖い先生がいるんですか??
それでもみんなついていくんですか?
フランスだったら多分みんな爆発or脱落してしまうかも…。

私がパリで習ってた先生もかなり怖かったですが、それも戦略のうちだったのかもしれません。
私はあまりたたかれるとメゲちゃいますけど。
私いい年してこんなに怒られて、何やってるんだろう?って疑問に思ったこともありますし…。

いちごさん、ピラティスもやっていらっしゃるんですね。
ヨガとかピラティスを取り入れたストレッチももっとしてみたいな、と思っています。
なかなか家で定期的にじっくりストレッチをやったりするのって難しいですよね。
毎日ちゃんとやったら、絶対に違いが出てくると思うんですけどね…。
Comment by サラ @ 2007/11/14 7:59 PM
うちの師匠も結構いいますね。
「あなた耳わるいんじゃないの?」とか
「そこそこかわいくてそこそこ踊れる子なんていくらでもいるのよ」とか
「今のあなたはお客さんから見たとき『今日のダンサーの体すごかったね』だけで終わるわよ」とか

ちなみに最後のはあたしが言われた言葉です・・・(--;)
うちのスタジオでは「褒めて育てる」という概念はありませんね。(初心者クラス以外)
それで上達するか、ついて行くかどうかは人それぞれ、合う、合わないがありますね。

クラスのレベルは、下のほうの人に合わせるのが教育者として正しいと思います。
コラリンヌとチョイワル先生は、きっと相性があまりよくなかったんでしょうね。(と、勝手に結論づけてみる)
あたしはベリーは始めた瞬間からとっても楽しかったですけどバリ舞踊はたしかに最初地獄だったな・・・
Comment by Reshmi @ 2007/11/15 2:58 PM
■Reshmiさん、

Reshmiさんのお師匠様は相変わらずすごく厳しいですね〜。

それにしても「体すごかったね、だけで終わる」って…。

Reshmiさんがナイスバディに驕りを持たないように、という戒めなのでしょうが…。
そんなにいわれたら、私だったらついていけないかも!

コラリンヌは超マジメっぽい人だし、先生もクセがあるので、確かにタイプ的には合わなかったと思います。

クラスも初心者コースとかレベル分けされてるわけではなかったし、彼女には他のみんなが、たいしたレベルでなくてもそれなりに言われたことはこなしているのをみていて、苦痛だったんだと思います。
というか、フランスだと日本みたいにみんなそろって1からスタート、という概念があまりないですけどね。

Reshmiさん、バリ舞踊は何をきっかけに始められたんですか?バリ行ってみたいと随分前から思ってるんですが、フランスからだと遠いんですよね〜。
Comment by サラ @ 2007/11/15 6:23 PM
月影先生。。。サラさん、今回の記事といい、皆さんのコメントといい、もう私のツボにはまりまくりで独りでニヤニヤしていますよ〜(笑)
私が習っている先生は厳しさ。。。はあんまりないな〜
もしかして今日は気分が乗らないから結構テキトーに教えてる?って日もあります
基本楽しければイイ!って感じが強いかな
勿論、楽しんでレッスン受けてますが。。。ただし自己練習は己に厳しくやってるつもりです(あ、言っちゃった)
先日、ぐるぐる回転ばかり家で練習していて、気分が悪くなるまでやってしまいまして。。。しばらく立てなかった(笑)
Comment by 河童くん @ 2007/11/16 6:02 PM
■河童くん、

そうなると、紫のバラは誰にしょってきてもらいますかね?
時々チョイワル先生の「甥」なる方(その割にふけている)がスタジオの見学に来るので、この人がいいかな…(笑)

厳しい先生というのは、それだけ生徒への要求度が高い分、厳しい言葉が出てしまうんでしょうね。

私が色々習った先生のうちでも、「今日は適当モードですね?」ってツッコミを入れたくなった先生もいました。

自己練をマジメにしている河童くんは偉いですよ。
やっぱり上達すると嬉しいですしね♪

回転は私はゆっくりでも3回目ぐらいで、もうグラグラです。
前回のバレエのレッスンのとき、先生に「ヨロヨロ〜壁激突注意!」と声をかけられました。

最近、私も家で踊ってるんですが、窓が大きいので、隣の人からヘンな人だと思われてないか、ちょっと心配です(笑)
Comment by サラ @ 2007/11/16 8:25 PM
サラさん、「バックベント」教えてくれてありがとうございます。スーパースターズで見て、あの動きがかっこよくてあこがれているんです。
いつかはできるようになりたいんですよね〜。

フランスでのベリーダンススタジオですか〜
たくさんのドラマがあるようですね〜。
行ってみたいです。

でも私、そこに行ったら凍え死ぬかも、、、
私の住んでいるとこの今日の温度は25℃位でした。
私も練習、頑張るぞ〜!!

Comment by れな @ 2007/11/17 11:56 PM
■れなさん、

遊びに来ていただいてありがとうございます♪

れなさんは沖縄の方ですか?
(また今度ゆっくりブログにお邪魔しますね)
うちは今朝は零下4度でした。ほんとに、凍え死にそうです…。

私もベリーダンス・スーパースターズ見てイメトレしてます(笑)

ちなみに、バックベンド、前回のレッスンで、なんとなくですが、初めてフルでできたんですよ!!
れなさんもぜひぜひ、頑張ってくださいね♪
身体の硬い私でもできたんだから、れなさんも絶対できるようになりますよ〜!
Comment by サラ @ 2007/11/18 1:11 AM
コメントする









このページの先頭へ