<< ラマダン明け | main | ベリーダンスのバックベンドで出血&ぶち切れ事件!! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ベリーダンスの痛いポーズ


前回のベリーダンスのレッスン時に、これまでで一番の難関にぶち当たりました。

名前が分からないんですが、ひざ立ちっていうのか、ひざ下を地面につけ、正座のお尻が浮いた状態から、肩シミーで頭をのけぞらせて降りて行き、頭を一度地面につけて、また再び肩シミーで元の位置に戻ってくる、というやつです。

Youtubeのベリーダンス・スーパースターズの誰かの振り付けで、見たことがあったんですが、実際にやってみたら、

1)まず、地面から45度以上降りられない!

2)足の甲が板の床にスレて、むちゃくちゃ痛い!

3)ズルしてどすっと床に頭を下ろしてみたら、腹筋がないので、頭を上げることができない!!

という三重苦でした。

特に、足の甲は、位置がわるいのか、床が固いのか、なんと両足とも皮がベロリとむけてしまいました

正座のくずしパターンで「お尻を真ん中に落として座る」やつがあるじゃないですか?

先生は、あの形で、頭をのけぞらせているんですが、そうすると足の甲がひどく痛いんです。

あまりに痛いので、先生に「足が痛すぎて無理」と言ったら「いたいのが当然だから我慢するしかない」と言われてしまいました…。

でも、皮むけちゃったんですけど…。
私の足の形が悪いのかな。

はっきり言って、このポーズは絶対できそうにありません。

私がダメすぎるんでしょうか?

これまで、適当にお茶を濁していた振り付けは数知れずありますが、こんなに辛いポジションは初めてです。

頑張っていたら、いつか、なんとかなるものでしょうか???

この難関を乗り越えられた方、アドバイスがいただけたら嬉しいです…。

ちなみに、先生のをすぐ横で見ていて、みんな感動。
すごくかっこいいんです。

わぁお!!」と歓声があがり、先生は「やめてよ、照れるから!!」と笑っていました。
サラ * ベリーダンスにまつわる疑問 * 19:19 * comments(19) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:19 * - * -

コメント

ただいまブログ応援活動中!
応援ポチッ!
Comment by アシタカ @ 2007/10/27 12:48 PM
もしかしたら、もともと足の甲が高い骨の構造じゃないのかな?と思います
皮がむけちゃって痛かったでしょう?
パッドとか絆創膏貼って予防する。ってテもありですよ♪
この姿勢、めちゃめちゃ腹筋使いますよね〜
名前何ていうんでしょうね
私もかなり気合入れないと床から復活ポーズは出来ないです〜
無理にやってると腰を痛めそうなので、徐々に45°から下げていく練習はいかがでしょう?
チョイワル先生のルックス(直接見た事はないけれど)とこのポーズ。。。絶対マッチしてる!と勝手に想像してます(笑)
Comment by 河童くん @ 2007/10/27 6:50 PM
ああ!あたしもこのポーズ出来ないです!

まず、あの正座を崩して座ったときに足の甲がまっすぐのびて座れることが必要だと思います。でないと立ち上がれないと思います。私は小さい頃から足首が堅く正座もまともに出来ないくらいなので、そもそもここでアウト…。足首を柔らかくすることから始めています。。

もしサラさんがここに問題がなければ、こつをつかめば出来ると思います。起きあがるときにまず必要なのは腹筋ではなく足腰の筋肉らしいです。太ももあたりをぐっとあげて、続けて腰から背筋を使って起きあがっていく感じ…かな?私たちの先生はそんな風に説明してくださってました。

それにしても、随分ハイレベルな授業ですね!!とても初級クラスとは思えないです、っていうか、あれ、実は初級じゃなかった・・?
Comment by ばれんぬ @ 2007/10/29 9:37 AM
こ、これ悲願です(涙)
できないんですよ〜。
同じく足の甲がゴリゴリ痛いし、
体をそって腰を持ち上げるところから、
頭が持ち上がる段階にいけないんです。
教室では2人ほどができるようになってますが、
私はまだまだ。

河童さ〜ん。
足の甲がまっすぐ伸びて座れるっていうのは
足の甲が床に描く形がハの字ではなく=ってことですか?
それとも指先から足の甲の頂上、足首までがぴったり床につくって事ですか?
とにかくできるようになりたくて!
教えてください〜。
Comment by Yae @ 2007/10/29 1:06 PM
バックベンドのことですか?
立っている状態から同じように頭をのけぞらせることもあるし、ショルダーシミーはするときとしないときがありますが、要するに背中を反ってサラさんのおっしゃるような動きをするのは、バックベンドというと思います・・・。
(違っていたらごめんなさい)

床が硬いと、足の甲痛いです。パリのダンススタジオの床は硬い木そのまんまで、あたしも痛くて柔軟だけでヒーヒーでした。
サラさんのお教室の床も、バレエ用みたいなあの硬い木なのかしら?
レッスンのとき、バックベンドの練習時だけでも甲をカバーするようなシューズを履くことはできないのかしら?
靴下だとすべるからシューズの方がいいと思います。

痛いと、練習するのイヤになっちゃうから、まずは足のカバーから始めたほうがいいんじゃないかな〜。

バックベンドはコツがあるので、もちろん腹筋、背筋、柔軟性、バランス感覚も重要ですが何度もやっていればできると思います。
太もも使って起き上がろうとすると太ももの前側だけに筋肉がついて醜い脚になるので、おへそを高く高く持ち上げるイメージで腹筋使って上がったほうが体にもいいし見た目もいいです。

あたしは元々からだがやわらかいのであんまり練習しなくてもできちゃったんですが、キレイに魅せるのはまた別。
チョイワル先生のバックベンド見てみたいです〜!
Comment by Reshmi @ 2007/10/29 6:03 PM
■河童くん、ばれんぬさん、Yaeさん、Reshmiさん、

万聖節のバカンスでちょっと家&PCを離れている間に、皆さんの親身なコメントを沢山いただいていました!

返事が遅くなってしまって本当にごめんなさい。

今日は、まだうちに戻ったばかりでゴタゴタしてるので、明日にでも、お返事をゆっくり書きます。

とりあえず、手短ですが、お礼まで♪
Comment by サラ @ 2007/11/02 12:41 AM
■河童くん、

一度、河童くんの診断を受けに行きたいです。
足の甲の骨の形が、絶対影響していると思います。

分厚い靴下をはいたら、あまり痛くなかったんですが、ステージではそんなわけには行かないですものね。

家でお布団の上でやってみたら、45度までは無理なく行けるようになったんですが、確かに頑張りすぎると腰をギクっとしてしまいそうです…。
Comment by サラ @ 2007/11/02 2:16 AM
■ばれんぬさん、

詳しい説明をありがとうございます♪
私も正座は苦手ですが、足首の柔軟性自体は大丈夫なので、多分、もう少し頑張ればどうにかなりそうです。ただ、腹筋も太ももの筋肉も、すごく弱いんですよ…。これは鍛えないと、ダメですよね…。

ベリーのクラスは全レベル共通で、先生の言い分は、難しい振り付けも少しずつ交えているうちに、段々らせん式についていけるようになる、とのことなんですが…。

やっぱり日本式に、基礎からコツコツ教えてもらいたいな…と思うこともあります。
Comment by サラ @ 2007/11/02 2:25 AM
■Yaeさん、

Yaeさんも足が痛くなります?
私の場合、お布団の上でやってみるとできるので、床の材質の問題もありそうです。

Yaeさんの教室でできるようになってる方たちは、どこが違うんでしょうね??(うちの教室は先生以外みんな全滅です!!)
チョイワル先生のを見てると、すごくかっこいいので、私もなんとかしてグイグイと持ち上がってみたいです♪
Comment by サラ @ 2007/11/02 2:30 AM
■Reshmiさん、

あれはバックベンドって言うんですね?
いつも色々教えて頂いて、どうもありがとうございます♪

パリのスタジオはバレエ中心なので、どこも木の床だと思います。やっぱり痛かったですか??
ていうか、Reshmiさんが普段練習されている所は、リノリウムとかそういう柔らかい材質なんですか?
でも実際にステージの材質が硬かったら、どうしているんでしょう?(ちなみに、あの木の床、チョイワル先生には、たいして痛くないそうです…)足がのっぺりしてるとか、骨が隠れてるんでしょうか?

おへそから、っていうのを意識してやってみます!確かに、先生のはそうだった気が。腹筋体操みたいに反動で起きても全然美しくないですもんね!
Comment by サラ @ 2007/11/02 2:36 AM
サラさん、横レスですみませんね
でも足首の構造についてなので、あわせてご覧になって下さい♪
>Yaeさんへ
足首の柔らかい人ならば、足の甲の形が一直線でも、ハの字形でもピターっとつきますよ♪

足首の前もストレッチ、アキレスもストレッチ、必ず両方をやるとある程度までは足首が柔らかくなると思います
ただし。。。足首がもともと硬くて、正座さえも出来ないとか、ヤンキー座り(笑)が出来ないというような方もおられます
そういう方々が足首を柔らかくするのは至難の業と私は思います
Comment by 河童くん @ 2007/11/02 11:04 PM
↑あ、あたしピターっとつきます。普通だと思ってた・・・
たしかに、ここがきちんとつかないとバランスが崩れるし力が入らないですね。

サラさん♪
マレのスタジオの床、痛かったですよ〜。開脚すると尾てい骨がゴリゴリ当たって痛くて十分にストレッチできませんでした。。。
うちのスタジオは、フローリングみたいな床で、わりと軟らかめだと思います。クッションフロアよりは硬いかな。

ステージでやる場合は、やっても1回か2回だから大丈夫ですよ。
気合も入っているし(笑)レッスンで何度もやるのとは違いますね。
あたし野外で躍らせていただいたときに、コンクリートの上でやったこともありますよ〜。あはは

そうそう、反動は使ってはだめです。見た目が全然違います。できるようになったらなるべくゆっくりやるとキレイに見えますよ〜。

無理すると腰や背中を痛めるので気をつけて頑張ってくださいね♪
Comment by Reshmi @ 2007/11/03 12:43 PM
■河童くん、

詳しい説明ありがとうございます!
足首のストレッチはもっと熱心にやろうと思います。

でも、私の場合は、足首の柔軟性よりも足の甲の骨がとんがってるのが問題みたいです。
これはどうにもなりませんよね…。

ヤンキー座りや和式便座は確かに昔から苦手でしたが、これは足首の柔軟性というより脚の筋肉不足という気がします。
Comment by サラ @ 2007/11/04 8:24 PM
■Reshmiさん、

コンクリート上ですか!すご〜い!!
確かに、練習と本番では違うと思いますが、やっぱり痛かったでしょう??

マレの教室もやっぱり床が痛そうですね。
バレエのバー・オ・ソルの時間もストレッチだと痛いけど、そんなもんだと思ってました。

ちなみに昨日の夜、反動をつけずに起きる練習をしてみましたが、全然できませんでした!やっぱり筋肉の基礎トレしないとダメかもしれません。

Reshmiさんみたいに柔軟になれるように、もっと真面目にストレッチもしないと…。課題が一杯ですね♪
Comment by サラ @ 2007/11/04 8:28 PM
はじめまして。
甲が高いんですね。 私もおなじです。
でも バレエでは凄くラッキーなんですよ。綺麗に見えるから(ポイントにした時。)

練習は靴下はいてやったほうがいいですよ。私は無理して病院にいきました。敏感になってしまいついただけで激痛になって。 なので レッスン時にフロアワークあるときは勝手にスタジオのクッション使ってます。 医者にもなおったら 靴下はいたままやって 本番ははずせといわれました。
あとは足伸ばさないで甲をつけない指だけついても客席から見えなければいいかなとか思ってるけどだめかな?

柔軟性にたよると腰がクニャッと曲がります筋肉をつけたほうが腰があまり曲がらなくていいのではと思います。あくまで 私の意見ですが。好みの問題なのでどちらでも。。。私はレイチェルみたく腰真っ直ぐで降りていくのが好きなので。しかも大人になって腰はあまり柔らかくなりません。
Comment by いちご @ 2007/11/07 1:38 PM
ごめんなさい 腰真っ直ぐは頭つけない場合しかできません
最後は腰曲がってないと床にはつかないかも 私が練習した時はつけないバージョンだったので
Comment by いちご @ 2007/11/07 1:43 PM
■いちごさん、

詳しい説明どうもありがとうございます♪
いちごさんは、お医者さんにまで行ってしまったんですね。
頑張り屋さんなんですね…。でも気をつけてくださいね♪

私はバレエもやってますが、ポワントのクラスなんですがまだ私には時期尚早みたいでドゥミポワントで参加しています。

ちなみに、腰が曲がってないと、腰を痛めませんか?
私が身体が硬いせいかもしれませんが、ゆっくりラジオ体操なみに「上体そらし」をやってやっと降りられる、という感じです。

レイチェルは一つ一つの動きに思い切りがあってカッコいいですよね〜♪
こないだまた見てやっぱりいいな〜と思いました。

足の指をつけると、お尻を下までつけられなくないですか?
私もその作戦を考えたんですが(笑)、なんかバレバレっぽいかな、って思って、今はひざ立ちでお尻を浮かした状態で上体の動きだけ練習しています。
Comment by サラ @ 2007/11/09 2:23 AM
フランスのバレエはいいだろうな。
引退したルグリはNHKでスーパーバレエレッスンやってたけどうっとりでしたよ。 (私はたいしてやってないです)
 
 腰は痛めませんよ。逆です今バレエ界でもジャズでもほとんどが腰は剃らせるなって方向です。(体操界は相変わらずですが)だからレイチェルもアンジュレーションも お腹インでなるべくそらせないようにといってました。バレエも後ろに倒すのは胸からですよね。
 長く踊りつずけるために 少しずつ体の勉強もしています。(結構おたくっぽい?)
Comment by いちご @ 2007/11/11 12:28 PM
■いちごさん、

フランス語でクラシックのレッスンを受け慣れると、語源が動きとダイレクトにマッチして結構楽しいですよ〜♪

私ももっと自分の身体の仕組みを勉強したいと思っています。いちごさんは、家で毎日のストレッチはどんなのをしてらっしゃるんですか?
お時間のあるときにでも、また色々教えてください♪

ダンスをずっと続けている人は、年配の方でもどこかが違いますよね?
今のクラシックの先生は80を超えてるのに、サッサーっとセンターでグリッサードとかアサンブレを披露して下さり、その動きがまた優雅で羽のようで、いつも感動してます。
Comment by サラ @ 2007/11/12 2:58 AM
コメントする









このページの先頭へ