<< パリ最後のベリーダンスのレッスン(続き) | main | パリから引越します! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

最後のベリーダンスのレッスン(最終回)

私が通っていたベリーダンスのレッスンのお話の続きです。

レッスンの途中で、先生の携帯が鳴り、ちょっと休憩となったんですが、その時、先生が電話の相手に「今日は随分疲れたから、帰ったらすぐ寝るわ〜」と言っていたのに、電話を切ったら、「さぁいくわよ!」とリズムの早い音楽をかけて、ガンガンにジャンプをしたり回転していたので、「疲れてもこの程度はなんでもないんだなぁ…」と、久しぶりにこんなにお腹の筋肉を使って、すっかりお腹が痛くなっていた私は、「ヒーっ、ご勘弁を…」て感じでした。

最後なんて、もう時間が過ぎているのに、「今日はいい音楽を持ってきたから、パーカッションで踊ろう!」と張り切って、すごく長い音楽に合わせてガンガン踊りました。

今回は、みなさんに頂いたアドバイスをもとに、昼食も軽めにし、夕食前のレッスンだったので数時間前にヨーグルトを食べただけで、お腹の具合もいい感じで動き易かったんです。

それでも1時間半のレッスンが後半に入ると、長距離走をした後みたいにお腹が痛くて大変だったけど、先生の踊りを見ていると、本当に軽やかでエレガントで、とてもキレイでした。

先生には、「あなたはもっとテクニックを磨いていかないと…」と言われ、もう一人の随分前から続けている生徒には、「あなたはテクニックは随分マスターしたから、これからはもっと音楽を聴いて、テクニックをダンスに昇華させていくのね」と言っていました。

フランス人の生徒は、クラシックバレエでもそうですが、動きがマスターできていても、音楽のリズムに合っていなかったり、あまりリズム感のない人が結構いる気がします。

例えば、「5,6,7,8!」って先生が掛け声をかけなくても、どこでスタートするか、私はだいたい分かるんですが、フランス人は、とんでもないところでスタートする人が結構います。で、他の人とズレていても全然平気だったり(笑)

あと、先生に「ベリーダンスは軽やかさだけでも重さだけでもダメ。その両方が表現できないと」と言われました。先生の踊りを見ると言いたい事が分かる気がしますが、自分で踊ってみると、なかなかそういうわけには行かないというのが実情です。

ちなみに、引越しが決まったことを告げると、先生に「優しい生徒に限って遠くに行ってしまうのね…」と、引越しを惜しんで頂き、ワークショップ等の連絡をくださるとのことで、新居の連絡先を残してきました。

もし引越し先にいい先生がいたとしても、時々パリに来て、先生のレッスンを受けたいな…と思いました。

ごくわずかな時間ではあったけれど、この先生からベリーダンスを習えたことは、私にとってすごく幸せな時間でした。

これからも、そんな出会いがありますように…。


サラ * ベリーダンスのレッスンの様子 * 18:43 * comments(12) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:43 * - * -

コメント

あ〜〜〜〜〜涙のお別れですね。
パリに行ったら絶対ドロンジョ先生のレッスン受けたいです!
疲れていても踊っていると元気になることがあります。
ドロンジョ先生も音楽に合わせて体を動かしているうちにノッテきちゃったのかしら?
そうそう、フェスでも外国人はリズム感がないな〜と思いました。
1,2,3,4たっぷり使うゆっくりな動きを1,2くらいで終わらせていたり。
先生をちゃんと見ないで自分勝手にやってるからでしょうね。
ベリーダンスは自分のフィーリングで踊っても良い踊りとはいえ明らかに音楽と合っていないと見ているほうは気持ち悪いですよね・・・。
Comment by Reshmi @ 2007/08/04 11:01 AM
何だか卒業式みたいで、涙腺ゆるゆるになっちゃいますね

ちょっと驚きです
サラさん、Reshmiさん、外国人ってそんなにリズム感が無いのですか?
自分が海外のクラブとかで見た人達は凄いリズム感が良かったけれど、それは多分たまたまそんな人達が集まってたってだけなんでしょうね

和太鼓のリズムに慣れてるからベリーダンスに入りやすいのかな?←これもちょっと違うか(汗)
Comment by 河童くん @ 2007/08/04 12:59 PM
お久しぶりです〜!!
前に何度かコメントさせて頂いたKEIKOです。
パリに越してきて、やっとでインターネットがつながったので久しぶりにブログを拝見させていただいたら
サラさん引越しされるんですね・・・(涙)
私はフランスについてすぐに手術をしてしまったので
ようやく元気になってきたのでそろそろ
ベリーダンスのスタジオを見に行こうかと思っていたんです。
サラさんともご一緒できればと思っていたのに残念です・・・。
Comment by KEIKO @ 2007/08/04 4:46 PM
>軽やかさだけでも重さだけでもダメ。その両方が表現できないと

深・・・・!!!!


・・・ほんとサラさんの日記を読んでるとドロンジョさん、すごい良い先生みたいだね。どんどん好きになってきたよ(笑

パリに行く機会があったら私も習ってみたい。その時は連絡するからまたいろいろ教えてね!
Comment by Voici @ 2007/08/05 5:26 PM
お久しぶりです〜。ドロンジョ先生の卒業式、うるっときました。。私も次回パリに行ったら、ドロンジョ先生レッスンに行くぞ〜って思いました!今後先生のクラスには、単発の日本人参加が増えるのでしょうか…(笑)

というかドロンジョ先生、サラさんが優しい性格と分かっていてあの厳しさかい!ドエスですか!と突っ込みたくもなったのですが!
Comment by ばれんぬ @ 2007/08/06 10:19 AM
■Reshmiさん、

フェスでもやっぱりチグハグな人がいるんですね。
あんまり音楽とあってないと、見てるほうは「お〜らら〜」ですよね…。本人は自覚がないみたいだし(笑)

日本人は学校で行進の練習をするから、1,2,1,2ってちゃんと数えられるんだ、って聞いたことがあります。本当かな?

踊ってるところを見ると、この先生は教師というよりダンサーなんだな〜、と思います。できたら、パリでの予定をあわせてみてくださいね。Reshmiさんの感想が聞きたいです!
Comment by サラ @ 2007/08/06 6:09 PM
■河童くん、

太鼓説はあながち外れてないかも(笑)
ドラムソロで「♪楽しい村祭り♪」とぴったりのリズムもありますしね(笑)

西洋人はリズム感がいい、というのは、実はガタイのいい人が見かけハデに動いてるからそう見えるだけで、ちゃんとレッスンとかの動きをさせるとダメな人が多い気がします。

河童くんの行ったクラブは、抜群にリズム感がいい人がつどう上級クラブだったのかも?!?

私も前サルサを習ってたとき、先生の引率で無名クラブのサルサナイトに行ったら、知る人ぞ知るスポットだったらしく、すごいプロみたいな人がわんさかいて、目が点になりました。
Comment by サラ @ 2007/08/06 6:17 PM
■KEIKOさん、

入れ違いで引っ越すことになってしまって…。
レッスン、ご一緒するなんていってたのに、ごめんなさい!

またパリに来るときはメールに連絡いれてもいいですか?
引越し先で落ち着いたら、ボチボチ上京しますので、そのうちお会いできたら嬉しいです!

手術大丈夫でしたか?
急に異国で入院なんてさぞ大変だったでしょう。

天気の安定しないパリの夏ですが、どうぞお大事にしてくださいね!
Comment by サラ @ 2007/08/06 6:21 PM
■Voiciさん、

先生のボソッともらす言葉の一つ一つが、私の栄養になっている気がします。

それを忘れてしまいたくなくて、このブログに書き留めてきたけど、それを共有してくれる人たちと出会えて良かったと思ってます!ありがとう♪

先生は、Voiciさん好みの「オトナの女」の魅力満開だから、ぜひレッスンに来て欲しいです。
分からないことは何でも聞いてね!
Comment by サラ @ 2007/08/06 6:27 PM
■ばれんぬさん、

先生は誰にでも厳しいみたいです(笑)
最初の頃、ピッタリした黒系のお召し物で厳しい指導をしている様子は、「女王様」風に見えないこともなかったです(爆)

でも丁寧に指導してくれるので、機会があったら恐れずに(笑)、ぜひ参加してみてくださいね♪
ばれんぬさんパリにご旅行の予定あるんですか?
Comment by サラ @ 2007/08/06 6:31 PM
サラさん、是非パリに来るときには
連絡ください!!!
そのときまでには体調を完璧にしておきます。

引越し、大変だと思いますが頑張ってくださいね。
Comment by keiko @ 2007/08/07 3:30 AM
■Keikoさん、

異国での病気は不安ですけれど、どうぞ身体を優先して無理をなさらないでくださいね!

パリ(か他のどこか?)でお会いできるのを楽しみにしていますね。
パリでベリーダンスのスクール等に行かれたら、その体験談もお聞きしたいです♪
Comment by サラ @ 2007/08/13 2:42 AM
コメントする









このページの先頭へ