<< グリーク・ステップと「自然な動き」 | main | ターンの説明 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

憧れのベリーダンサー

私がベリーダンスを習っているソラヤ先生は、ソロあるいは他のダンサーと共同で、フランス各地でショーをしているのですが・・・
 
実は、なかなか地元で都合の良い日にちにショーをしてくれることが少なくて、これまでに1度しか見に行ったことがありません。

先月、子供を対象としたイベントに出演したときに、見に行ったのですが・・・

子供相手なのに、全く手を抜いていなくて、すばらしかったです!!

ちなみに、子供たちは、ベリーダンスが始まるまで、おしゃべりをしたり、ふざけたり、会場を走り回っていましたが、ベリーダンスが始まると、突然、数十人がステージの下に集まってきて、ステージにかぶりつきになって、ほとんどの子供がすごく真剣に見ていました。

付き添いできていたお兄さんたちも、かなり目がハートになっていました(爆)


今度は、同じ会場で、大人を対象としたショーが開かれるのですが・・・

ソラヤ先生は、ひとりで踊るときは、完全に即興で踊るそうなのですが、今回は、上級の生徒の群舞のパートも入れるので、いつものスタジオを借りて、毎晩、彼女たちのリハーサルを繰り返しています。

先日、ショーのチケットを買いにリハーサル前の時間にスタジオに行ったところ、前のリハーサルの人たち(フラメンコ)が連れてきていた子供たちが、スタジオの入り口でサッカーをして遊んでいました。

そのうちのひとりの女の子(6歳ぐらい)が、ソラヤ先生があらわれると、ツカツカと近寄って、

ボンジュール!・・・あなた、ソラヤの友達?

と声をかけました。

ソラヤ先生:「私がソラヤよ!

女の子:「えっ・・・そうなの?じゃあ、あなたが、この間、こういうの踊ってたの?

といいつつ、女の子、クネクネっとフィギュアエイトのまねをして見せたので、笑ってしまいました。

彼女は、かなりソラヤ先生にまいってしまったらしく、お母さんのiPhoneで撮影したソラヤ先生の踊りを本人に見せようと頑張って探していましたが、結局みつからず、「パパが消しちゃったみたい・・・」と悲しそうにしていました。

ソラヤ先生は、大人から見てもとてもチャーミングな人なんですが、子供にもすごくモテるらしいです。

インタビューをしたときに、話してくれたんですが、子供のクラスを教えていたときも、生徒たちから、「プランセス(お姫様)」と呼ばれ、先生がスタジオに入ってくると、みんなが、

わーい、プランセスが来た〜!!

と拍手喝采していたそうです。

先生は、毎回違う、素敵なレッスン・ウェアを着てくるので、小さい女の子には、確かにお姫様みたいに見えるだろうな、と思いました。


サラ * ベリーダンス日記 * 17:49 * comments(0) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:49 * - * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ