<< チャリティー・ワークショップのお知らせ | main | 憧れのベリーダンサー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

グリーク・ステップと「自然な動き」

この前のベリーダンスのレッスンのとき、初めて出てきたステップがあったので、先生がとても丁寧に教えてくれました。

ソラヤ先生は「パ・グレック(ギリシャのステップ)」と呼んでいるのですが、一般的な名称かどうか分かりません。

検索してみたら、ユーチューブで、ギリシャの民族舞踊がひとつだけ出てきましたが、確かに、同じような動きをしていました。

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
グリーク・ステップ(備忘録)

1.まずアラベスクのように左足で半円を描きながら、左足を右足の前にクロスして置きます。

2.次に右足を左足の横にそろえて「きをつけ」の姿勢に戻ります。

3.それから、左足を横にシフトして、重心も左足にかけます。

4.最後に、右足を少しだけ左足の方向にずずず、と引きずって戻し、右のヒップアクセント(上方向)をつけます。

・・・というのを、1・2・3・4テンポで左右繰り返します。
¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

この3つ目のステップと4つ目のヒップアクセントが、意表をついたうごきで、なかなかできないのです。

クラスのみんなが苦労していたので、最初はゆっくりの音楽で、何度も何度も繰り返し、なれてきたところで、少しずつテンポの速い音楽で練習しました。

クラスメートのひとりが、

ナチュラルじゃない動きなんだよね…だから出来ないんだよね!

とボソリと言いました。

私も同感だったのですが、それを聞きとめたソラヤ先生が、


あのー、ベリーダンスの動きって、全部が全部、不自然なんだけど!!

と笑いつつ、腰をひょいひょいと左右に動かしたり、ヒップサークルをしながら、

こういうのはナチュラルな動きなの?

あなたの場合、『ほらー、自然と腰が動いちゃったわ!』、とか普段の生活で言ってるわけ??

と言ったので、みんな笑ってしまいました。


でも、シャルキ・ステップとか、シャッセなどに比べると、やっぱり足の踏み出しどころや、重心が不自然な気がします。

単に、慣れていないだけ、ということなのかもしれませんが…


同時に、全くの初心者のときから比べると、かなりいろんなことが自然に出来るようになってきた、ということなのかも、と思いました。


…思い出してみると、最初の数回のレッスンのときは、どんな動きもみんな不自然に感じたものでした。

そんなことを楽しく思い出させてくれるソラヤ先生のレッスンなのでした。

 JUGEMテーマ:ベリーダンス
サラ * ベリーダンス日記 * 16:36 * comments(0) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:36 * - * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ