<< ヒップスカーフの結び方 | main | 言っておかなければならない事 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

キャメルが裏返る件

家でがんばって練習している割に、なかなかできないのが、移動しながらするベーシックなキャメル・ウォークです。

これまで習った先生にも、「あなたのは、リバース・アンジュレーション」とか、「それは逆」と指摘を受けており、自分でも、キャメルのつもりがリバースしてしまっているのは重々承知しているので、なんとか「表キャメル」もできるようになろう、と練習しているのですが・・・

前回のレッスンのときに、先生がひとりずつ見てくれたので、細かく分解して、下からではなく、上から動きを始める、というのを丁寧に何度か見てもらったら、やっとなんか、

あ、ここね〜」というのが分かりました。

でも、歩きながらやると、また裏返ってしまいます。

ということで、鏡があるところに行くと、ついつい、かけごえをかけてキャメルを練習してしまいます。

(1で胸、2で腰をつき出して、3で胸をしまう、4で骨盤を元の位置に戻す、という1〜4ステップ)


つい、待ち時間には練習したくなってしまい、あちこちで、ニョロニョロとキャメルの練習をしていたところ・・・

しまいには、我が家の幼稚園児のジョジョ君にまで、

ママー、お料理のときは、踊りはやめないと!

とたしなめられてしまう有様です。


ところが、なんとおかしなことに、レッスン中に私からは遠く離れたところに陣取っている娘も、リバース・キャメルなのです!

先生が、「あら、あなたもお母さんと一緒ね!

と言うので、「これって・・・遺伝でしょうか・・・

と、ついためいきが出てしまいました。


先生は、がんばりすぎている生徒には、

あなたのは、シャキーラ・キャメル。もう少しリラックスしてみましょう

ぎこちなくてガクガクしている生徒には、

あなたは病気のらくださんね。早く良くなってね!

アフリカン・ダンスっぽくなってしまっている生徒には、

ちょっとエッチなキャメルですね!

と、みんならくだに名前がつけられていました。


 JUGEMテーマ:ベリーダンス
サラ * ベリーダンス日記 * 01:09 * comments(6) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 01:09 * - * -

コメント

未だにどっちが表でどっちが裏だかわかりませんが(笑)

先に胸が出る方で、前に歩いていくなら、

前に進みたいの〜
あら誰かに引っ張り戻された〜
前に進みたいの〜
また引っ張り戻された〜
(以下延々続く)

って思いながらやると、逆にはならない、、、かもしれません。お試しください。
Comment by たびぃ。 @ 2010/12/08 1:48 AM
■たびぃ。さん、

うわー、ありがとう!
これはいい方法かも!

・・・と、早速、鏡の前で挑戦したところ、しっかり裏返ってます(爆)

先に胸が出るほう(上から下に波が降りていく)のが正しいキャメルですよ〜
私のは、「自動車追突事故」みたいになっちゃうの。
Comment by サラ @ 2010/12/08 7:13 PM
こんにちは。 「ちょっとエッチなキャメル」さんを見たくてたまらない鯨でございます (笑)。

私は、逆に下から上への「裏」に苦労しております。 特に歩きながらの際は、上からじゃないとできません、くらいの状態ですが・・・

お役に立つか分かりませんが、克服できない動きを練習する時は、つい気合いが入り過ぎで必要以上に大きく動いてしまうことが多いようですが、動きを小さめにすると感覚がつかみやすいかもしれません。

また、何処で聞いたかすっかり忘れてしまいましたし、嘘か本当かは全く分かりませんが、この「キャメル」という動きは、らくださんそのものの動きではなく、らくだの背に乗って移動する時の人の動きなのだ、という説があるようです。

らくだの背中の動きの影響で、上の人間の上体も揺れますから、言われてみると「ふーん、そうかぁ」という感じがしないでもないですな。

でも究極的には練習あるのみなのでしょうね。 長い道のりですがお互い裏も表もできるようがんばりましょう!

Comment by @ 2010/12/11 2:14 AM
■鯨さん、

いつか見に来てください!(爆)

彼女、「でっちり」っていうんでしょうか・・・
確かに、そう言われてみると、立派なお尻を「カッ!」と後ろに突き出して、ラッパーのPVに出てくるお姉ちゃんみたいな感じになっていました(笑)

鯨さんは、「リバース」のほうに苦労されているのですね。
私は、リバースは、自動車で後ろから追突されたイメージでやったら、すぐにできるようになりました。
(こういう説明がいいか分かりませんが・・・)

ちなみに、リバースのほうも、前回、先生が細かく分割して教えてくれました。
彼女によると、まずスタートするときに、背筋をまっすぐにして、お腹をできる限り引っ込めておくのが、成功のポイントだそうです。

鯨さんの先生も、いろいろと秘訣をお持ちだと思いますが・・・

私は、子供に叱られながら練習した甲斐があり、ゆっくり、小さくであれば、キャメルできるようになりました。
でも、やっぱり歩きながらやると、段々、裏返ってしまうんですよ!
鯨さんのアドバイスどおり、もう少し小さめ〜にやってみます。

キャメル・ウォークというのは、ラクダのまねじゃなくて、ラクダに乗ってる人が前後に揺れる動きだ、というのは、どなたかのブログで拝見した記憶があります。
もしかすると、鯨さんのところだったかもしれませんが、記憶喪失気味なので、ちゃんと覚えていません(爆)
Comment by サラ @ 2010/12/11 2:33 AM
私は 説明して出来ない方には 体の動きを させずに
ゆっくり 一歩づつ 歩かせながら 体を 前後に 体重移動させたり します。

きっと サラさんも 体が無意識に 力入ってるんじゃないでしょうかね(・o・)
最後は 呼吸と(吸ったら膨らむ、吐いたら凹む)合わせて 歩いてみる…

文字だと 解りづらいですね(笑)
Comment by みりた @ 2010/12/12 10:29 AM
■みりたさん、

アドバイスありがとうございます。

呼吸に合わせて・・・というのは、いい方法ですね。
ご指摘のとおり、力を抜いて、しっかりとメリハリのある動きをするのは、本当に難しいです。

でも、なんとなく、前よりは出来そうな感じになってきました。
・・・もう少し、練習してみます!
Comment by サラ @ 2010/12/12 9:36 PM
コメントする









このページの先頭へ