<< イスタンブールのヨースリー・ワークショップ | main | ヒップシミーの謎 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ソラヤ先生のレッスン開始

ヨースリー・シャリフのワークショップの興奮もさめやらぬまま、今年1年間お世話になる予定のソラヤ先生のレッスンに参加しました。

ソラヤ先生は、いくつかのスクールで教えているのですが、うちの近所のスタジオでは、今年は、初級クラスと上級クラス(ドラムソロがメイン)を持っています。

彼女はとても基礎をみっちり教えてくれるタイプの先生なので、頑張って上級に入るよりも、もっと基礎固めをしたい、と思い、初級クラスに入れてもらうことにしました。

通算すると、もう3年もやっているので、ドラムソロのクラスのほうが面白いかも…、とも悩んだのですが…

ヨースリーのワークショップに出て、やっぱり基礎がグラグラしていては、表面的に踊れていても、面白くない踊りになってしまう、と実感しました。


ソラヤ先生は、自分自身も、有名な先生のワークショップに積極的に参加したりするようで、教え方もとても分かりやすくて上手で、細かいところをちゃんと見てくれるので、とても助かっています。

パリの先生は別ですが、私の町で、これまでベリーダンスを習った先生は、自分が踊ってる分には素晴らしくて、コレオグラフィーも、とても魅力的なのですが…

細かいテクニックを伝える技術には長けていないというか、指導といっても、一緒に踊っているうちに、先生のフィーリングを盗む、というようなレベルになってしまうところがありました。

それはそれで、とても楽しいのですが、クセが強すぎて、他の先生に習ったときに、全然ついていけないし、ボキャブラリーも限られてしまう、と感じていました。

そして、それぞれの先生に1年間レッスンを受けましたが、それ以上続ける気には、なれなかったのでした。


その辺が、ソラヤ先生では、オーソドックスというか、クラシックなステップをちゃんと細かく噛み砕いて説明してくれるのが気に入っています。


ちなみに、当たり前ですが…

ヨースリーのワークショップの後で、ソラヤ先生の初級レッスンに出たら、あれもこれもちゃんとできる!!という感じで、突然、すご〜く上手になったような錯覚にとらわれて、いい気分で踊れました。

レッスン中も、前列の先生のすぐ斜め後ろで踊らせてもらったのですが、後ろにいる人たちは、先生がいなくなると、私のステップを真似していました。

ワークショップ中は、できるだけ後ろに隠れて、こっそり踊っていたので(でもひとりでよく間違っていたから、実はかなり目立っていたかも!)、そういうのも、それなりに嬉しかったです。



 JUGEMテーマ:趣味
サラ * ベリーダンス日記 * 16:27 * comments(2) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:27 * - * -

コメント

なんだか三者三様にベリーのモチベーションがUPしていて嬉しいです!

ソラヤ先生のレッスン、楽しそうでよかった!
このままクラスをリードしてください!

後ろの人が自分の真似しているのってわかりますよね。
私、気を抜くと結構間違えるのでごめんね〜!って思いながら(ときには口に出して)踊っています。あはは

Comment by Reshmi @ 2010/10/10 6:22 AM
■Reshmiさん、

技はともかく、モチベーションだけは、ものすご〜く上がりましたよ(笑)!

実は、コースが始まる前は、初級に入っても、最初はつまらないだろうな、とたかをくくっていたのですが、退屈する暇がないほど、課題がいっぱいです!!

いつの間にか、また後ろのほうにフェードアウトしていかないように、頑張りたいと思います。
Comment by サラ @ 2010/10/11 4:33 PM
コメントする









このページの先頭へ