<< アラビア語の学習について・・・ | main | チュニジア旅行記 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

アラビア語チュニジア方言の音声教材

また新しいアラビア語教材を入手しました。
アラビア語教材(チュニジア方言)
Kit de Conversation "L'Arabe Tunisien"
チュニジア・アラブ語会話キット
(ASSIMIL社)






日本で買ってきたアラビア語の教材は、読み書きを中心としていることや、会話も、エジプト方言をベースにしていることなどから、今回、チュニジアに行く私としては、もっと「チュニジア方言での日常会話」に的を絞った、CD付きのアラビア語教材を探していたのですが、検索にひっかかったのは、この教材一件のみでした。


久々に、ノートを作ったりして、楽しく勉強しています。


基本的に、会話さえ出来ればいい、というコンセプトの語学教材なので、アラビア語のニョロ文字は登場しません。

ただし、ローマ字の表記が、意外と読みづらくて、目で見ても全然、頭に入らないので、ノートに書き写して、隣にカタカナを振っています。


たとえば、「おはよう」がローマ字表記だと、「Sbah el-khir !」なのですが、CDを聞くと、「スバハル・ヒール」と聞こえます。

また、「さようなら」も、ローマ字表記では「B es-slama !」ですが、CDの音声では、「ビス・レーマ」と聞こえます。


ちなみに、最初、順番にCDを聞いていたところ、しょっぱなから、むちゃくちゃ難しい文章が登場して、おまけに、その意味が、

誰かここにいる人で、フランス語が話せる人はいませんか?

という文章だったので、くじけそうになりました(笑)

それだったら、最初からフランス語で話すよ、という感じです。


なにしろ、チュニジアでも、チュニスやシディ・ブ・サイドやカルタージュ(カルタゴ)やラ・マルサにいる限り、フランス人の往来が多いので、チュニジア人もフランス語がとても上手で、つい、フランス語でいいか…という気になってしまいます

でも、前回、チュニジアに旅行したときも、たったひとつ覚えた「シュクラン」(ありがとう)を雑貨屋のおばさんに言ったところ、「ハンドッラー」(おかげさまで)も覚えていたほうがいいよ、と教えてもらったのが、とてもいい思い出になっていて、もっとチュニジア方言を話せると、楽しいだろうな…と思ったのです。

注:「シュクラン」と「ハンドッラー」は、私の読んだものが間違っていなければ、いわゆる標準的な表現であり、アラブ各地で通じるもので、チュニジア方言ではありません。


地元の人の気持ちとしては、

「フランス語」
「アラビア標準語(エジプト方言、テレビのアナウンサーが話しているもの)」
「チュニジア方言」

という順で、よりリラックスして会話できるようになっているようです。

(日本人の「ビジネス英語→標準語→地元の方言」、みたいな感じ?

チュニジア人のフランス語のほうが、日本人の英語より、多分ずっと上手ですが…笑)


とりあえず、あいさつだけチュニジア方言で話しかけられるようになろう、という目標の低い勉強をしています…



 JUGEMテーマ:オススメの本
サラ * ベリーダンス部アラビア語入門 * 18:56 * comments(6) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:56 * - * -

コメント

ご無沙汰しております。

「誰かここにいる人で、フランス語が話せる人はいませんか?」

爆〜!

新しい言語を勉強するのは大変ですが楽しいですよね。 簡単な挨拶ができ、人々の会話から知っている単語を聞き分けられるくらいでも、全く知らないよりは進歩した、と思って私もスペイン語の勉強をもっと真面目にしようと思いました。

ところでアラビア語には喉の奥の方から「がっ」「はっ」というような音を出す発音があるようですが、あれは難度が高そうですね。。。

ところでチュニジアにまた行かれるのですね? 羨ましいです〜。
Comment by @ 2010/07/27 4:30 AM
■鯨さん、

そうなんです!
チュニジアに行って、面白いことがあったら、またご報告しますね!

鯨さんがおっしゃってるのは、ローマ字で、「Gh」とか「Kh」とか表記される音ですよね?

チュニジア人の友人に、なんどかやってもらったのですが、KhamsaとHamsaなど、聞き取りは出来るのですが、なかなか同じように発音するのは難しいです。

カリフォルニアで、スペイン語が聞こえる頻度と、フランスの町でアラビア語(マグレブ方言)が聞こえる頻度は、似ているかもしれません…(笑)

なにしろ、チュニジア人はフランス語をマスターしている人がかなり多いので、つい楽な方で済ませようという気になりますが、やっぱり、ある国に行ったらカタコトでも、現地語であいさつぐらいはしたいものですよね。

マグレブ諸国は、歴史的に、スペインとはつながりが深いので、スペイン語に似た言葉も結構あるようです。
Comment by サラ @ 2010/07/27 3:59 PM
はじめまして、サラさん。
ベリーダンスを日本で10年ほど習っていますが、今までに一度も発表会などに出たことがありません。女同士で楽しむのはokだと思っています。
私はカトリックですが、アラビア語の勉強のため、イスラム教の学校に毎日通っています。今はラマダーン休みですが。
まだ、イスラーム諸国には行ったことがなくて、チュニジアかモロッコに行ってみたいと思っています。
Comment by ニールファール @ 2010/08/28 9:53 PM
■ニールファールさん、

はじめまして!
10年越しとは、ベリーダンスのベテランですね!

ベリーダンスの楽しみ方は、ひとそれぞれですよね。
私も、どっちかというと、自分とか、親しくなったクラスの人との間で楽しむ、というほうが、性に合っている気がします。

アラビア語は、どのぐらいお勉強されているんですか?
私は、今回だいぶ、カタコトの挨拶を覚えましたが、アラビア文字は、途中からはじめた娘に、すぐに抜かされました。

チュニジアもモロッコも、イスラム国の中では、旅行しやすい国だと思います。

もうひとつのブログ(http://monpetitchou.jugem.jp)にも、今回のチュニジア旅行記についても書いていますので、よろしければ、ご覧くださいね!
Comment by サラ @ 2010/08/29 6:42 PM
こんにちは。 私もこの教材を購入しようと思ってますが、フランス語のHPにしか行きつかずフランス語は全くわからないし購入するに至らずどうしたものかと悩んでいます。日本語のHPはやはりないですかね。どうにか購入したいので、どのように購入したのか、どこで購入出来るか教えて頂けると助かります。よろしくお願いします。
Comment by amira @ 2012/10/29 4:07 AM
すみません。私のコメントは無視してください。すみません。
Comment by amira @ 2012/10/30 7:48 PM
コメントする









このページの先頭へ