<< 久しぶりのベリーダンス・レッスン | main | クラスメートのその後… >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

パリのレッスンと、不均等な筋肉痛について

先日、書きかけていたパリで1回だけ受けたベリーダンスのレッスンのお話の続きです。

私が以前通っていたStudio Harmonicというダンス・スタジオでは、チケット制で1回から受講できるのですが…

今回、初めて知ったのですが、スタジオ所属の先生の場合、受付で15ユーロ払って、どのレッスンに出たいかを言い、チケットを先生に渡す仕組みですが、スタジオに所属せず、場所だけ借りている先生もいて(ホームページには同様に表示されるので、受付に聞いてみないと分からない)、その場合は、先生ごとに料金がまちまちで、支払いも先生に直接します。

私が行った、エジプシャン・ダンスの先生は、17ユーロだったのですが、お金を取られると嫌だと思って、レッスンの受けられる格好で、カバンもお財布も持たず、15ユーロかっきり握って行った私は、先生に、

17ユーロです

と言われて、お金が足りなくて焦りました。

先生の判断で、あとで払いに来てくれればいい、ということで、無事レッスンを受けられましたが、チケット制のスクールに行く場合、こういうケースもあるようなので、皆さんも気を付けてください。

といっても、お財布も持たずに手ぶらで現金握りしめてやって来る生徒は、私ぐらいかもしれませんが…(笑)

最初に先生に、「ベリーダンス習ったことあるの?

と聞かれて、「のんびりペースで、もう3年目ですけど、できないことが多くて…(ゴニョゴニョ)」

と答えたのですが、他の生徒は、うまい下手の差はあるものの、初心者は誰もいないようでした。

私を入れて、8人ぐらいでしたが、みんな、毎週来ているようで、レッスンの後で、ちゃんと受講者カードみたいなのをみんな出していました。

先生にも、「定期的に来られるなら、その方が割安よ!

と言われたのですが、パリには数か月に1回ぐらいしか来られないので、それでも、たまに顔を出しても構わないか、と聞いたところ、先生は、

いつでも歓迎よ!

となかなか感じの良いスマイルで送りだしてくれました。

でも、レッスン自体は、パリから引っ越してから2年間、地元の先生に習っていたものはなんだったんだろう!!と思うぐらい、全然内容が違って…

足の位置、骨盤の位置、肩の位置、体のひねり具合など、ものすごく細かいところまで指摘されて、何度も、脚がつりそうになりました。

そして、先生がみんなに、「この中に左利きの人いる?

と聞き、左利きは一人だけしかいなかったので、

では重点的に右、行きます!

ということで、(左も1回だけやりましたが…)右足が前、で、中腰で、右足の指先で床を前後にセクシーにこすりつける、というのばかりを何度もやって、当然、その時に腰は動いてはいけない、体のひねり具合はどのぐらい、手はこんな感じで浮かせて、みたいな細かい指摘があり、途中でギブアップしそうになるぐらい、このポーズの指導が長く続きました…

ちなみに、予想はしていたものの、翌日、ものすごい不均一な筋肉痛になりました…(涙)

特に振り付けというほどの長いものはないのですが、この先生ならではの動きについていけず、苦労しました。

特に、フィギュア・エイトで、足で4分の1の円を描く、というのは、やったことがないので、ものすごくマゴマゴしました。

あと、これはちょっと懐かしかったのですが、ここのスタジオの先生は、どの踊りの先生も、必ずバレエの用語(ポードブラport de bras、パドブレpas de bourreなど)を使うので、これは、ドロンジョ先生のレッスンを思い出して、懐かしかったです。

なにしろ、今住んでいる町の先生は、ふたりとも細部の指導がそこまで徹底していないというか、お好きにどうぞ!という感じだったので、本当に先生によって違うものだなぁ…と思うと同時に、こういう細かいところを見てくれる先生について習うのも、すごく勉強になりそうでいいな、と思いました。

実際には、そう頻繁にパリにレッスンを受けに来られるわけでもないので、これは単なる夢なのですが…

とはいえ、パリに来るたびに、違う先生のレッスンをのぞき見してみるのも、いい勉強になる気がしました。

ちなみに、レッスン時間は他の先生は1時間半なのに、この先生は1時間だけでした。

でも、あまりにも同じポーズばっかり長くやったり、できない動きが多くて苦痛だったせいか、スタジオの時計が夏時間のままになっていたせいか、私はてっきり、

うわー、もう2時間もやったんだ!疲れるはずだわ…

と思い、ヘトヘトになって、焦って戻ると、子供を見ていてくれた夫が、

はやかったね!もっとゆっくりしてくればよかったのに…

と迎えてくれたので、ビックリしてしまいました。


最近、おらが町の去年のベリーダンス仲間たちにも、色々と動きがあったので、また次回はその話も書きたいと思います。

JUGEMテーマ:スポーツ
サラ * ベリーダンスの教室(パリ) * 23:27 * comments(6) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:27 * - * -

コメント

あ!!あたし、てっきり15ユーロだと思いこんで「いくらですか?」とも聞かずに先生に15ユーロきっかり渡したら、

ん〜、まあいいわ!

という対応だったのは、そういうわけだったんですね!

そういえば、「誰か3ユーロない?」って聞いていた。
(おつりのため)

なんで3ユーロなんて半端な金額?とは思っていたんですよね。。。

あたしがあまりに自信満々だったから先生言いづらかったのかもしれないけど、A先生は見逃してくれちゃいました。結構いい人なのかも!?
Comment by Reshmi @ 2009/11/18 11:01 PM
■Reshmiさん、

あれ、そうだったんですか??
ん〜、まあいいわ!って…(笑)

お会いした時に差し上げた、A先生のパンフレットに、値段が書いてあったような気がします。
でも、私はてっきりA先生は、Harmonicでのレッスンはスタジオ所属扱いだと思っていました。
きちんと情報を把握していなくて、ごめんなさい!!

おつりが3ユーロと言うことは、やっぱり17ユーロだったのでしょうか??
Comment by サラ @ 2009/11/19 5:01 PM
こんにちは。 その後筋肉痛は如何でしょうか。

バレエ用語と言えば、今の師匠もプリエ、ルルベなど使うので、バレエの経験が皆無の私は、始めは一体何事かと思いました。

今勉強中です。。。。

姿勢や動きを綺麗にするため、バレエかヨガのクラスも取りなさいと師匠に言われているのですが、なかなかそこまで時間が取れないのが悩みです。
Comment by @ 2009/11/20 11:28 AM
■鯨さん、

こっちの先生も、プリエよく言います!
ドゥミ・ポワント(指を地面につけたつま先立ち)とかも使ってませんか?

一応、初心者レベルながらダンスはバレエから始めましたので、不明な用語があったら、お役にたてるかもしれません。

パリのスタジオの生徒は、もちろん私みたいに趣味で週1回の人もいますが、ダンスの仕事を狙ってる人は、ジャズダンスとかモダンをメインでやっていて、基礎練習にバレエのバー・レッスンを取っている、というパターンが多いみたいです。

バレエは、ベリーダンスとは、動きはかなり違うのですが、一度レッスンに出ると、全身が、すがすがしいぐらい均一に筋肉痛になりますよ。
続けていると、体や動きがすごく軽くなる(必要な部分に筋肉がつくため…)と思います。

…と宣伝しつつ、私自身、バレエのレッスンもお休み中ですが…(苦笑)
Comment by サラ @ 2009/11/20 4:51 PM
サラさん

頼もしい! 有難うございます。何かの際にはまた質問させて下さい。

バレエは、子供の時に始めないとどうにもならないという印象が強かったのですが、まぁ習い事は体も頭も柔らかい子供の時に始めるにこしたことはないのですよね。 

とはいえ、別にプロを目指している訳でもありませんので、バレエも機会があったら是非試してみます。

この前、バレエの動きを取り入れたベリーダンスのレッスン DVD (http://www.amazon.com/Ballet-Belly-Dancers-Brianna/dp/B001XW6PIU) も発見しまして、これにも興味津々です。

この DVD で先生役をされている Brianna さんのダンスをライブで観たことがあるのですが、個人的には優等生チックな踊りで、どちらかというとワイルドでちょっと泥臭い感じ (って言ってる本人にも良く分かりませんが) の、人間性が滲み出るようなスタイルが好きな私にはあまりピンとこなかったのです。 

でもとても綺麗で正確な感じの踊りでしたので、この DVD は役に立ちそうです。

長くなってごめんなさい! ではまた!
Comment by @ 2009/11/21 3:38 AM
■鯨さん、

リンクのなかにトレーラーがあったので、早速、内容を拝見しました。
そんなに高くないし、すごくためになりそうなDVDですね!

一応、Amazon.frでも確認したのですが、フランスのアマゾンでは販売していないみたいです…
何かAmazon.comでオーダーするときに、まとめて買ってみたいと思います。

たしかに、バレエから他のダンスに入ってベリーダンスに至った人と、ベリーダンスこてこての人とでは、踊りの感じが違ってくると思います。
私も、ちょっと泥臭いような感じの方が、ベリーダンスのスタイルとしては好きなので、鯨さんのおっしゃりたいことは分かる気がします。
でも、バレエのレッスンで、筋力とかバランスの取れた動きが身につくと思うので、決して無駄にはならないと思いますよ!

アマゾンで、同じ系列の商品として紹介されていた、ベリーダンス+ヒップポップ、っていう教則DVDも、どんな感じなのか??ちょっと興味があります…(笑)
Comment by サラ @ 2009/11/21 7:07 PM
コメントする









このページの先頭へ