<< 自然発生的にディスコ・タイムへ… | main | ベリーダンスで嫌いな動き >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

「レオ・アフリカヌスの生涯」

今日は、読んでいると、ダルブッカが聞こえてきそうな本「レオ・アフリカヌスの生涯」をご紹介します。

「レオ・アフリカヌスの生涯」
アミン・マアルーフ著
リブロポート
アマゾン.co.jpに掲載されていた「あらすじ」です。

イスラム教徒の子に生れ、スペイン軍に故郷グラナダを追われ北アフリカに渡り、幻の都トンブクツーはじめ地中海世界を遍く旅し、海賊に捕われローマ法王の奴隷として旅行記を著し西欧人にアフリカ大陸を知らせた実在の大放浪者の波乱万丈の生涯を描く歴史ロマン。

この本、原作はフランス語です。
(原題:Leon l'Africain)

以前から夫に、「ものすごくおもしろいから、絶対読め!読め!」と、しつこいまでに、すすめられて、フランス語で読み始めたはいいが、とっかかり文芸調な文章をフランス語で読むと、分からない単語が多すぎて、3ページ以上どうしても、読み続かず、挫折していました。

ベリーダンスを習い始めてから、イスラム世界への興味があったので、もう一度、調べてみたら、日本語にも翻訳されていたので、これを入手してみたところ、「こんな面白い話があったんだ!」とのっけから気に入ってしまい、長い話なのですが、ぐんぐん読み進み、最後は、読み終わるのが悲しくて、もう一度読みたくなり、続けて2度読んでしまいました。

(ちなみに、残念ながら現在は絶版。私は、Amazonの古本コーナーで1500円ぐらいで買いました。今見てみたら、今でも古本で1000円〜2000円ぐらいから買えるようです)

あらすじを読むと、なんだか奇想天外な話のように思われるかもしれませんが、実在の人物を主人公にしている話です。

主人公は、いつも時代のVIPの隣に出くわしてしまう運命なのですが、でしゃばらず、謙虚に運命に流されているところが、昔の日本人みたいな感じで、共感が持てます。

あと、こういう戦乱期の時代物の話にありがちな立ち回りとか、暴力的な描写もほとんどなく、逆に、家族の話や、恋愛ドラマも、とても新鮮に描かれていて、昔のイスラムの家族観や、恋愛観がなんとなくわかります。

ダンスの上手な女奴隷や、オスマン・トルコに復讐をちかうマルムークの白人美女など、主人公のまわりに登場する女性も、とてもかっこ良くて、すがすがしい感じです。

ルネサンス期のヨーロッパ側から見た小説は、数多くあると思うのですが、地中海の「反対側」から見たルネサンスやレコンキスタの小説というのは、あまりないと思います。

これまで、私も、アラビア・イスラム文化について、日本で出ている新書版の、学者が説明しているような本は何冊か読みましたが、私の頭が固いのか…どうもピンとこないものが多かったです。

特に、わくわくしながら読める本には、あまり出会ったことがなかったので、とても嬉しい出会いでした。

ちなみに、著者のアミン・マアルーフは、レバノン出身のジャーナリストで、自分の放浪する境遇と絡み合わせて、この小説を書いた…と言われています。

他にも、アミン・マアルーフの著作では、オマル・ハイヤームとイラン立憲革命が時代を超えて出てくるサスペンス仕立ての「サマルカンド年代記」や、「アラブが見た十字軍」など訳書が出ているものがありますが、フランスでは、どれもベストセラーになったそうです…


※肝心の、「レオ・アフリカヌスの生涯」は、画像が見つからなかったので、誰か表紙を見たい方がいたら、コメントください。
写真を撮ってきます(笑)

ちなみに、次は「サマルカンド年代記」を読んでみたいと思っています。

フランス語版は、買ったんですが…今度は3ページ以上、読めるかな…(笑)

JUGEMテーマ:オススメの本
サラ * ベリーダンスやアラビア文化についての本 * 00:28 * comments(14) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:28 * - * -

コメント

私も昔からイスラム建築、イスラム美術、イスラム文化、イスラム容姿の男子と、何故だかとにかくイスラムに惹かれ、ちょこっとベリーダンスもしたわけですが、
ご紹介の本、全然知りませんでした。とっても貴重な情報ありがとうございました。日本に帰った時、ぜひ購入したいと思ってます♪
Comment by taninha @ 2009/03/11 8:26 AM
はじめまして。鯨と申します。 何時も楽しみに読ませて頂いています。 私も本が大好きなので、面白そうな本をご紹介頂き有難うございます! 

私は北米でベリーダンスを習っておりまして、最近ブログも始めてみました。 宜しかったら遊びにいらしてください。

http://ameblo.jp/absolute-sushi/

です。
Comment by @ 2009/03/11 9:09 AM
これですね!
地元の図書館の所蔵をネットで検索してみたら、書庫にあるみたいなので借りてみます。

おもしろそう〜!今からワクワクしています。

ちなみにあたしは最近また宮尾登美子にハマっています・・・(昔いろいろ読んだのですが再びのマイブームです。ははは)
Comment by Reshmi @ 2009/03/11 11:16 AM
おもしろそうな本ですね!
時間あったら、探してみようかな〜。。。

私もベリーダンスはじめてから、イスラム世界に凄く興味がでてきた1人です〜☆
でも、日本だと、イスラム文化に触れる事ってなかなかなくて…(>△<)
なので、サラさんのブログは、すっごく楽しみです!
ベリーダンスの事は勿論、こういったイスラム世界の内容も色々と勉強になります(^^)
Comment by ゆっち @ 2009/03/11 12:22 PM
■taninhaさん、

はじめまして!
コメントありがとうございます。

ブラジルにお住まいなんですね…フランスは冬が長いので、今が夏の国がうらやましいです…(笑)

私は、フランスに来るまで、イスラムについてはお恥ずかしいほど何も知りませんでした。フランスに来ても、最初はなんとなく、偏見を持っていましたが、今は、個人的なお付き合いをする人も増えて、心の温かい人が多いなぁ…と思っています。

「レオ・アフリカヌスの生涯」は、絶版なので、アマゾン・マーケットプレースとか古本屋さんなどで探してみてください。
15〜16世紀のイスラム世界の日常の光景や匂いや音が、浮かんでくるような本です!
Comment by サラ @ 2009/03/11 5:14 PM
■鯨さん、

はじめまして!
コメントありがとうございます。

アメリカでベリーダンスを習ってる方はとても多いそうですね…
ブログを拝見しましたが、私もAdoreよりPetite Jamillaの影のある湿った感じのほうが、ベリーダンス的には好みです!
Adoreのコントーションやリズム感は、純粋に「すごいなぁ!」と思いますが…
Comment by サラ @ 2009/03/11 5:17 PM
■Reshmiさん、

へぇ〜今って、近所の図書館の蔵書をネットで調べられるんですか?
便利!!!
図書カードをめくって調べてた時代が懐かしい…(笑)

遅くなりましたが、この本です。
本当に、読み応えのある本なので、ぜひ読んでみてください。
(アンダルシアの音楽に合わせて、ダンサーが踊るシーン、というのもありました…)

宮尾登美子は、全然読んだことがないんです。
フランスに来てから、借りられる本は何でも読んでるので、以前は、気に入った作家以外は全然読まなかったので、ずいぶん幅が広がりましたが、「読みたい」と思っても、すぐに本が手に入らないのは、とても残念です。

そういえば、吉村葉子さんの「フランス人とお金」に関する本を、パリのブックオフで2ユーロで売ってたので、読みましたが、これはなかなか的を射ていて、おもしろかったです。
Comment by サラ @ 2009/03/11 5:22 PM
■ゆっちさん、

私も、イスラムについてはとても知識が少ないのですが、この本を読んで、もっともっと知りたくなりました。この作者の本は、どれもベストセラーになっているようで、フランス語版は、どこの本屋さんでも置いてあるんですが、フランス語だと、全部が分からずはがゆいので、次回、日本に帰国した時に、訳書を買いそろえたいと思っています。

長い本なのですが、最初の数章を乗り切ると(最初は、主人公の赤ちゃん時代の回想なので、ちょっと退屈…)、面白くてやめられなくなり、最後まで一気に読んでしまいました。
この本を読んで以来、グラナダ、フェズ、カイロ、イスタンブール、トンブクツーなど、本書の主人公が住んだ町に行ってみたいです(特にグラナダとフェズ)

ちなみに、原書には地図はついていませんが、訳書には、主要都市の地図と全行路が乗っていて、それを何度も見ながら読みました。

ちなみに、本筋には関係ありませんが、「サラ」という名前の化粧の厚い占い女が出てきます(笑)
Comment by サラ @ 2009/03/11 5:29 PM
サラさんお返事有難うございます。 私もお勧めの本を早速注文してみました。 本当は、英語で読むべきなのでしょうが、ついつい無精して日本語の本に走ってしまう私です。 

本が届くのが楽しみです。そして今後もまた宜しくお願い致します。
Comment by 鯨 @ 2009/03/12 5:44 AM
■鯨さん、

早速オーダーしてくださったんですか?
とても嬉しいです!
読んだら、ぜひ感想も聞かせてください。

最初の数章は、翻訳調の文章に慣れるまで読みにくいし、ちょっと退屈かもしれませんが、そこを乗り切ると、あとはグングン…だと思います…

原書はフランス語なので、英語で読んでも日本語で読んでも、翻訳書にかわりありませんよ!
私も、日本語で読んだ方が、細かいところまで味わえるので、できるだけ日本語で読むことが多いです。
とはいえ、原書を読むと、また気づくこともありそうなので、訳書片手に、原書にも挑戦してみようと思います。
Comment by サラ @ 2009/03/12 5:29 PM
サラさん

読み終えたらまたお邪魔します。 そしてごめんなさい、お礼が遅くなってしまいましたが、私のブログを見て下さり有難うございました。
Comment by 鯨 @ 2009/03/13 8:36 AM
■鯨さん、

ぜひ、感想を聞かせてくださいね!
ブログにもまたお邪魔します♪
Comment by サラ @ 2009/03/13 6:13 PM
サラさん、こんにちは♪私のブログにコメントをありがとうございました。

映画、重かったのですね。
私も昔、テレビで女性(というか、子供)の割礼について見たことがあって、憤慨したことがあります。

サラさんやReshmiさんのブログをみて、ベリーダンスが生まれた世界について、もっと知りたいと思う気持ちが芽生えてきました。

こちらの本についての記事を読んだときも、私も読もうと思って図書館で検索しましたが、「レオ・アフリカヌスの生涯」はありませんでした。古本は三千円くらいだったので、もうちょっと値が下がるまだ待って(^^)、アミン・マアルーフの他の本を先に読んでみようと思います。他の本は図書館にあったのですよ。
今は読む本がありすぎて追いつかないので、もう少し先になりますが。

また、本の紹介してくださいね♪
Comment by ラテモ @ 2009/03/29 10:56 PM
■ラテモさん、

映画自体は、重くないし、中盤まではどちらかというとライトな感じで進むんですが、後味が重いです…でも、不思議と、人間の強さに希望がわくような印象もあります…

割礼については、ものすごくストレートに現実が描かれていて、それだけにとどまらず、イスラム社会の伝統がどれだけ、人間の心を不自由にしているか、ということを、決して政治的なメッセージにとどまらずに、伝えてくれる映画でした。

それは別として、夫も同じ意見でしたが、音楽、ダンス、映像の面でも、見る価値のある映画でした…

この本は、時代が全く違いますが、作者の意向には、社会批判というか、人間の心を縛るものの存在について、似たような批判があると思います。
それだけにとどまっていない、スケールの大きい話ですが…

私がアマゾンで買った時は、古本で1500円以内ぐらいだったと思います。
書き込みが好きな持ち主だったらしく、本が出た当時の新聞の書評の切り抜きも貼ってあり、感想も書き込んでありました(笑)
この間見た時も、1000円台で出ていたので、また今度、機会があったら、見てみてください。
他の本も、次回日本で買うつもりなので、読んだら感想を聞かせてくださいね。
Comment by サラ @ 2009/03/30 1:44 AM
コメントする









このページの先頭へ