<< ベリーダンス舞台用衣装(トップ)で行き詰る… | main | ドラムソロの即興パートについて >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ベリーダンスの即興パート

前回のベリーダンスのレッスン中、先生がいつもどおり即興で踊って、みんなが後ろで真似をして踊っていたのですが、先生が急に、

「即興で、みんなそれぞれ自由に踊ってみて!」、と言いました。

まごまごしましたが、最近、ずっとレッスンでは発表会のふりつけばかりしていたので、すごく新鮮でした。

その後、自分で8カウント X 2のふりつけを考えてみなさい、という課題を出されました。

でも、みんなが、「8X2は長すぎる〜」とブーブーうるさいので、8X1に削られてしまいました。

8カウントだけでは、かなり短くてたいしたふりつけはできないので、私はもっと踊りたかったんですが・・・

それで、ちょっと練習して、曲に合わせて、みんな8カウントずつ、一人ずつ踊ってみました。

自分の踊りたいように踊るっていうのは、意外と難しいな、と思いました。

でも、短くても自分を表現するダンスをきちんと組み込む、というアイディアは、すごくいい刺激になりました。

みんなそれぞれ、全然違う動きを取り入れていて、8カウントからはみ出している人もしょっちゅうで(私も12カウントになっていました…)、楽しかったです。

うちに帰ってからも、この音楽だったらどうやって踊るかな…なんて、考えたりしています。

先生が「インスピレーションが出ない、って人は、もっとユーチューブとかみて、研究しておいてね!」と言ってました。

私の場合、研究(=Youtube鑑賞?)は結構してるんですが…結果がついてこない感じです。

ちなみに、バックベンドすると、以前は足の甲が痛くてたまらなかったのに、最近、ほとんど痛みに妨げられることなく、バックベンドができるようになりました!!

やっぱり、練習で足の皮も強くなったんでしょうか…



☆もうひとつのブログ、更新しました。
《国際結婚…フランス人夫と子供のくどい顔に慣れることのできない私…》


JUGEMテーマ:ベリーダンス


サラ * ベリーダンスの即興 * 16:59 * comments(4) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:59 * - * -

コメント

即興は本当に勉強になりますね〜。
あとから「あ〜あれもやればよかった、これも〜!」と思うこともしばしば。
バックベンドで足が痛くならなくなったのは、柔軟性が増したのと、コツがわかってきたからではないかと思います。
皮が厚くなるといっても限度がありますし〜・・・
(まさかかかとのようにはなってないですよね?笑)
Comment by Reshmi @ 2008/04/23 1:10 PM
■Reshmiさん、

プロの方って、ステージをやるとき、どの程度までが即興なんでしょうか?

限られた時間に、自分を一番よく見せる踊りを盛り込みたい!!と、ついつい張り切ってしまい、すごくいい勉強になりました。

足の甲の皮は、さすがにかかとのようにはなってませんよ(笑)
でも、ひざに、たこというか、白い角質ができるようになってしまいました。クリームをすり込んでますが、ちょっとかっこ悪いので、気になってます。

柔軟続けてますが、バレエのレッスンのたびに、柔らかくなってないことが明らかで、ちょっと落ち込んでます…
Comment by サラ @ 2008/04/23 5:01 PM
先日、とあるライブで踊ったのですが。。。
課題の曲をライブ前に主催者から渡されて、その曲に合わせて振付を作るのにゃぁ〜涙が出ました
リズムの取り方が凄く難しくて、しかも内輪のパーティとかではないからお客さんがどう感じるか?を常に意識して振付を組み立てて行きましたが。。。
プロの人達ってこれを毎日のように繰り返しているんだな〜と思うと、本当にすごい努力無くしてはプロのパフォーマーにはなれないんだな〜って痛感しました

もっと上目指して頑張らなければ〜♪
Comment by 河童くん @ 2008/04/24 4:58 PM
■河童くん、

主催者の指示した曲に合わせて、お客さんにあったふりつけを考えるなんて、すごいですね。
プロのパフォーマーは、あの笑顔の後ろにすごい努力が潜んでいるんだろうな…とつくづく思います。
ほんとに、天才的な人だったら、何も考えずに踊れてしまうんでしょうか?!

ちなみに、ライブの難しい指示曲は、どんなだったのですか?
リズムの取りにくい曲って、踊るのが大変ですよね!
Comment by サラ @ 2008/04/24 5:14 PM
コメントする









このページの先頭へ