スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

アフリカン・ダンスの夕べ(2)

間があいてしまいましたが、先日の続きです。

※アフリカン・ダンスの夕べ(前篇)からお読み下さい→ http://bellydancer.jugem.jp/?eid=193


8時からとプログラムに書いてあったのに、9時頃やっと、ステージのマイクテストをしたっきり、何も始まらず、食事も来ず、9時半になって、お腹がすいて怒りだした夫と、

「もう帰る?」

「うちになんか食べるものあったっけ?」

などと言い合っていました。

そのうち、やっと10時前に食事(鶏モモ肉のココナッツ・ミルク煮)がサーブされはじめたのですが、これがまたのろくて、なかなか私たちのテーブルに来ないので、とうとうしびれをきらした夫が、手を挙げて何度か合図をして、やっとサーブしてもらいました。

…あまりにお腹がすいていたので、しゃべるのも忘れて、3分ぐらいで食べてしまいました(笑)

その上、メニューには、デザートもあると書いてあったのですが、これもすごくノロノロと効率悪く配られ、やはりなかなか私たちのテーブルに来ないので、夫がまたしびれを切らして(私はメインだけ食べられれば、どうでもいいや、と思ったのですが…)、サーブしている人に聞きに行くと、なんと、テーブルの半分まではこんだところで、デザートが全部なくなってしまい、残りの人はデザートなしということでした!!!

このオーガニゼーションの悪さには、びっくりしてしまいました。

とはいえ、肝心のメインの鶏肉が食べられてお腹が満足したので、私も夫も、

デザートがないなら、まあ仕方ないか…

と、寛大な気持ちになれたのでした(笑)

やっと10時過ぎからステージがにぎわいだし、地方のテレビ局でしかやっていないコメディアンのワンマンショーみたいなノリの白人ドレッドのお兄さんがマイクを握って、

「みんな〜、元気かーい!?楽しんでるかーい!?今日は、踊りまくるぞ〜!

などとやりはじめたので、肝心のステージの方も心配になってきましたが…

それからしばらくして、メインゲストであるアーティストの、歌とコラ(ハープとギターの間みたいなアフリカの楽器)が始まると、とても素晴らしくて聞きほれてしまったのでした…

(長くなったので続きはまた次回に…)

JUGEMテーマ:趣味

サラ * アフリカンダンス * 01:22 * comments(5) * -

アフリカン・ダンスの夕べ

ずっと前に、ブログにも書きましたが、パリに住んでいた頃、アフリカン・ダンスを1年ちょっと習ったことがあるのですが…

近所に、

「アフリカンの夕べ」

というポスターが貼ってあり、それによると、アフリカン・ダンスの先生と、アフリカン・コーラス(歌)の先生を招いて、ワークショップがあり、その後で、Soiree Africaine(アフリカン・ナイト)ということで、その先生たちを中心にしたショーがある、ということでした。

そのショーは、アフリカン・ディナー込みで15ユーロと、パリでは(日本でも)考えられない安い値段だったこともあり、なんか面白そうだし、なかなかライブで見る機会がない、アフリカン・ダンスの上手な先生の踊りを、間近で見てみたかったので、子供を預けて夫とふたりで行くことにしました。

開催は8時からと書いてあったので7時半ぐらいには会場についていたのですが…

200人ぐらい入る席は、半分も埋まっていなくって、「大丈夫かな??」とちょっと気の毒に思っていたのですが…

待てど暮らせど、ダンサーもミュージシャンも食事も何もやって来ず、ドリンクのスタンドとアペリティフ(前菜より軽いスターター)のサモサだけはカウンターに行くともらえるので、うちの夫が何度も行ったり来たりして、ピリピリして口が痛くなるショウガのしぼり汁ジュースをもらって来てくれました。

とはいえこのジュースは辛過ぎて、胃がやられそうで、お腹もすいていたので、段々、ふたりとも機嫌が悪くなってきたのでした!!

そして、いっちゃ悪いけど、やっぱりアフリカ人だからオーガニゼーションが適当なのかね、という話で、おなかがすいているため、どうしても、段々、意地悪な気持ちになってしまい、アフリカ人はやっぱり時間にルーズ、というステレオタイプな悪口になってしまうのでした。

時間切れなので、続きはまた次回に…

 JUGEMテーマ:エンターテイメント
サラ * アフリカンダンス * 00:57 * comments(8) * -

TARTIT(ベルベルダンス)つづき



TARTIT、色々探したら、もう少しダンスっぽいのがみつかりました。

おまけに、Youtubeを自分のサイトに貼り付ける方法がやっと分かりました…

画像が良くないけど…
本物を見てのお楽しみ、って感じです。

ちなみに、TARTITのチラシには、「女性の踊りは官能的で、男性の踊りはヒップホップを思わせるようなアクロバティックなもの」音楽は「砂漠のブルース」と書いてありました。

オペラ劇場のサイトもさっきちょっと見てみたんですが、

http://www.opera-besancon.com/

で、JANVIER(1月)の演目を見ると、TARTITが出てくるので、そこで、右上のピンクのスピーカーサインをクリックすると、歌を聞くことができます。



JUGEMテーマ:芸能


サラ * アフリカンダンス * 23:00 * comments(0) * -

TARTIT (トゥアレグのダンス)

私の住まいのすぐ近くにあるオペラ劇場では、結構面白い演目が色々あって、値段も手ごろなのですが、先日、新年の演目チラシを何気なくみていたら、「トンブツクー」「トゥアレグ」「ベルベル・ダンス」などの言葉が目に入りました。

マリの遊牧民トゥアレグ族の女性によるダンス&音楽集団「TARTIT」ということで、なんかすごく興味があるので、切符を買いました。

踊りはベルベル・ダンスの一種のようです。
先日アルジェリアのベルベル・ダンスを習ったばかりなので、本物を見られるなんて、すごく嬉しいです!

一応、Youtubeでも検索してみたんですが…(↓リンクは下↓)

これだけでは、あまりよく分かりません…っていうか、ラクダが画面をさっそうと横切ってるのは、演出?!?それとも、今でもラクダが普通に乗り物として使われているのか…不明です。

http://www.youtube.com/watch?v=77Azb2_APeU&NR=1

TARTIT、公演は1月12日なので、また感想を書きたいと思います♪


JUGEMテーマ:芸能


サラ * アフリカンダンス * 21:05 * comments(0) * -

アフリカンダンスについて


ベリーダンスを踊ってる方、他にどんなダンスを経由して、ベリーにたどり着いたのでしょう?
・・・私も数だけは色々こなしてます。

ちなみに、パリに来て最初に習ったのはアフリカンダンス。合計すると約1年習ってました。

アフリカンダンスって、基本の動きやコレオグラフィーは毎回教わるのですが、細かいとこは間違ってもいいからハジケたもん勝ち!!みたいなおおらかさと、たいして上手くなくても、音楽に乗って踊ってるうちに、「トランス状態ってこんな感じ?!」って思うような、我を忘れたキモチいい状態に到達することができて、それが魅力でした♪

ベリーダンスはじめ、サルサやサンバなど、腰を回すダンスは全て、アフリカンが起源なんだなぁ・・・と実感しました。

あと、先生のダンスがものすごくかっこよかった。セネガル人の先生、あとブルキナファソの先生に習ったけど、どの先生も、動きの一つ一つにパンパン!っていさぎよいキレがあって、最高にかっこいいんです。

でも、フランス人(白人)の生徒たちが踊ってるのをみると、なんかゴリちゃんっぽい(笑)。

...って人のこと笑ってる私にいたっては、阿波踊りみたい(爆)。

鏡見ないで鏡獅子のように踊ってると気分がいいのに、鏡を見るとシューンと冷めるので、毎回、鏡から遠ざかって踊る私でした・・・。

ブルキナの先生は、ジャンベ(←写真のアフリカ太鼓のことです)と思われる太鼓をたたくお兄さんを連れて来てくれて、この方が先生の指示でレッスン中ずっとリズムを打ってくれるので、これで踊ると、本当に気持ちよかったです。

ちなみに、フランス人はアフリカンの腰回し系ダンスを「ヴァンティラトール」=扇風機(ventilateur)と呼ぶのですが、確かに、パーンと後ろに突き出たアフリカ人のお尻がグルグル回ってると、横回りというよりは縦回りで、扇風機のように見えないことはない。

あれはどうやってもマスターできそうにないまま、アフリカンダンスから遠ざかってしまいました...。
サラ * アフリカンダンス * 15:21 * comments(6) * -
このページの先頭へ