スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

モロッコ映画「Destins Croises」

Destins Croises(モロッコ映画)ポスター
久しぶりに、映画の話です。

あるフェスティバルで、モロッコ映画がいくつか公開されていたので、そのうちの1つを見に行きました。

モロッコ映画「Destins Croises(デスタン・クロワゼ=交差する運命、という意味)」
Driss Chouika監督
アラビア語のタイトルは、「Finak aliyam」です。


40代を迎える3組のモロッコのカップルの話です。

大学時代に友達だった7人のうち、6人がメンバーの一人の家に集まるのですが…


モロッコの政情について、まったく知らなかったのですが、映画には、彼らの学生時代に繰り広げられた、政治運動なども描かれており、実際には、映画の描写よりもずっと過酷だったそうですが…

私には、この映画でも、十分ショッキングでした。


実際には、政治映画という要素より、モロッコ人男女の心理ドラマの比重が高くて、そちらも非常に丁寧に描かれていて、とても面白い作品だと思いました。

でもなにせ、政治運動やバイオレンスが、ショッキング(痛そう)に描かれているので、そっちに目が行ってしまうかもしれません。


アガディールの海沿いに立つ素敵なヴィラのマグレブ・テイストなインテリアと、主人公が奏でるウードの美しい響きも、みどころです。


ちなみに、ベリーダンスを扱った映画ではありませんが…


現れない7人目の女友達(ラジャ)の真相をめぐって、みんなが「あーだこーだ」と議論するシーンで、

国際的なビジネスウーマンになったのかも…

敬虔なイスラム教徒になってるかも…

などの憶測と共に、

パーティ好きだったから、ベリーダンサーになってるかも…

と言う憶測がささやかれ、それに対して、

「…いくらなんでも、さすがにそこまで、落ちぶれてないでしょう!

と反論があがるのですが、それが、一般的なモロッコ人のベリーダンサーに対する意見なのかな、と思いました。


ちなみに、私のこれまで出会った人からの勝手なイメージですが、マグレブ3国民の短所を一言で表現すると、

チュニジア人=とっぽい
アルジェリア人=喧嘩っぱやい
モロッコ人=執念深い

という感じだったのですが、この映画を見て、モロッコ人のイメージがさらに「執念深い」ものとなってしまいました。

(モロッコ関係者の方、すみません…)

こちらで、映画の予告編が見られます。

 http://www.destinscroises.films.ma/

本当は、痛そうなシーンは、わずかなのですが、痛い映画は嫌いなので、この予告を見ていたら、見に行かなかったかも…


メジャーなところではたぶん公開されることのない映画だと思いますが、逆にメジャーな映画にはない、とてもオリジナルで大胆できめ細かな表現をしている、優れた作品だと思いました。

そして、言論の自由がまあまあ保障されている私たちには、予想もできないほど、大変な思いをして作った映画なのだろうな、と思いました。


ちなみに、フェスティバルには、監督も足を運んでおり、映画のあとに、監督自らが質問に答えてくれたのですが、飾り気のない、普通のさわやかなオジサンでした。

監督によれば、モロッコの大学は、現在ではかなり様変わりしており、映画の中では、生活様式が西洋化していた時代(70年代)が描かれており、主人公たちはミニスカートでディスコに通い、お酒を飲んで騒いだりしていますが、今は女性は、ほっかむり、男性はひげをはやさないと寮に入れないなど、かなり保守化が進んでおり、言論の自由もかなり抑圧されている様子でした。

時代設定があわない(70年代に学生だったのは、現在60代の監督の世代)という批判もありましたが、そういうディテールを補っても、ありあまる魅力のある映画だと思いました。

JUGEMテーマ:映画
サラ * ベリーダンスがみられる映画 * 22:35 * comments(2) * -

ベリーダンス映画「Whatever Lola Wants」

Whatever Lola Wants映画ポスター
まだ、ベリーダンスのレッスン再開していませんが…

義姉が、最近、適当にいろんな映画のDVDをまとめて買って見ていたら、

ベリーダンスの話があったから…」と、

Whatever Lola Wants」という映画のDVDをプレゼントしてくれました。

(義姉が住んでいるチュニジアでは、いわゆる海賊版DVDのお店がたくさんあって、一枚1ユーロとかで購入するのだそうです…)

あらすじは、ニューヨークでジャズダンスのオーディションに出つつ、なかなか芽が出ないので、郵便配達をパートタイムでして生計を立てているローラが、偶然エジプトに行き、引退した謎のベリーダンサー「イスマハン」に、無理やり弟子入りし、カイロでベリーダンサーとして大成功する、というお話です。
Whatever Lola Wants映画のワンシーン画像
以前にご紹介した、フランスのテレビで放映された「ベテューム・シュール・ニル」というベリーダンス映画と、ストーリー的に、似ている要素が多かったです。

本国で芽が出ない、謎の引退ダンサーに無理やり弟子入りする、すぐベリーダンスが上手に踊れてしまう!、カイロでベリーダンサーとして大成功、エジプト人の彼氏ができる、などなど…

(↓ベテューム・シュール・ニルについてご紹介した、以前の記事リンクです)

この「ベテューム・シュール・ニル」とのデジャビュー感もあり、おまけに、シナリオ的には、あんまり工夫がない感じで(先が予想できる!)、あまりにも簡単にベリーダンスが踊れるようになってしまうような所も個人的に不満(この人が5分でこんなに簡単に上手に踊れるようになって、3年習ってる私はどうなるの?など…笑)を感じましたが、まあ見ていてそれなりに面白い映画でした。

良く分からなかったのは、舞台がNYとカイロで、出ている俳優さんもアメリカ人かエジプト人なのに、映画の製作がフランスで、私がみたDVDも、フランス語の吹き替え(口があっていないので、元の俳優さんは英語で喋っていると思われる…)バージョンしかなかったことです。

まあ、別にNYとカイロが舞台で、アメリカ人とエジプト人がフランス語を喋るフランス映画があっても、いいんですが…

いつも、VO(原語版)を見慣れているので、クチパクっぽい吹き替えに、なんとなく、釈然としませんでした…

あと、ベリーダンスねたでも、つっこみどころは多数あるので、たぶん、ベリーダンサーの方がみたら、色々つっこみたくてウズウズすると思います…

全くのベリー初心者なのに、ヒップサークルを5分ぐらい習っただけで、その晩からカイロのクラブで、ベリーダンスのショーに出て、札びらが舞ってしまったり…(笑)

最初に先生が貸してくれる衣装のスカートが、

えっ、これは、下になにか履かないで踊ってはいけないのでは?!

と思うぐらい、脚が全部丸見えのスカートだったり…
(ちなみに、これでベリーダンスのショーに出る!)

他にも、「あれれ?!これはベリーダンスではなくてミュージカル?!」と思うような衣装が続出。

ただし、結婚式で踊るシーンのコスチュームは、彼女のブロンドに本当にあっていて、素敵だと思いました。

あとは、厳しいはずの先生から、やっとオッケーが出たときも、依然、アイソレーションがいまいちできていなくて、腰をやっていると肩がいつもガクガク動くのにも不満を感じました!

(私だったら、この状態では、オッケー出さないけど…!?とか、エラそうに言いたくなりました…

まぁ、映画だし、本物のベリーダンサーが出ているわけではないので、仕方ないんですけど…)

あと、エジプト人の彼氏が、超大金持ちで、とてもハンサム(ハリウッド風)なんですが…こんなエジプト人、みたことないよ〜!!と思ってしまいました。

私はエジプトに行ったことはないのですが、エジプトをご存知の方は、たぶん、エジプトねたでも、つっこみどころがたくさんあると思います!


 JUGEMテーマ:映画
サラ * ベリーダンスがみられる映画 * 18:20 * comments(12) * -

「Dunia」DVDの販売サイト

先日紹介した「Dunia」のDVDを販売しているサイトが見つかったので、リンクを載せておきます。


どうして、メジャーなオンライン・サイトで販売していないのか、不思議ですが…

ざっと見たところ、販売会社はスイスの会社で、世界中に配送してくれるそうです。

ちなみに、映画は、アラビア語のオリジナルで、英語、フランス語、ドイツ語の字幕が選べます。

なぜか、日本映画の取扱いも多かったので、また見に来ようと思いました…

 JUGEMテーマ:映画の感想
サラ * ベリーダンスがみられる映画 * 20:06 * comments(4) * -

映画「Dunia(Kiss Me Not on the Eyes)」のストーリーなど

DUNIAサウンドトラック ジャケ写真
エジプトを舞台にした映画「DUNIA」(英語タイトルは「Kiss Me Not on the Eyes」)について、調べたところ、情報がありましたので、下記にべたべたと貼っておきました。

興味のある方はご覧ください!


ちなみに、ベリーダンスについては、最後の字幕に、「ダンス・オリエンタル」と、「ダンス・スーフィー」と書いてあり、その二つがどう違うのか、分からずじまいでした。

スーフィーについては、全く何も知らないのですが、

ぐるぐる回る部分が、スーフィー・ダンスなのかな?

と夫と素人考えを話し合っています…ご存知の方がいたら、教えてください!


アラビア語が分からないなりに、スーフィーの詩の朗読がとても美しかったです。


ストーリーについて、私なりに、書いておきます…


スーフィーの詩における「愛」の取扱について専攻するカイロの女子学生ドゥニアは、実は、有名なベリーダンサーの母(故人)を持ち、ベリーダンサーにもなりたいと思っています。

愛を自由に表現することはタブーのエジプト社会のなかで、尊敬するスーフィー詩の教授は、メディアで発言したために、暴漢に狙われ、失明してしまいます。

女性のタクシー運転手など、愉快で頼りになる仲間たちや、厳しくも優しいベリーダンスの先生に囲まれ、ドゥニアは、本当の自分を見つけられずにもがいています。

ママドゥの熱烈な求婚に、恋に憧れるドゥニアはYesと答えますが、実際には、男の人を愛することができない自分、頭と体が別々の自分にいらだっています。

そんなとき、仲良くしていたタクシー運転手の娘(12歳ぐらい)が、お祖母さんの根強い説得で、強制的に割礼をされたことを知り、ドゥニアは、怒りを爆発させます。

自分を解放するために、一歩踏み出すドゥニア。

そこで、スーフィーの教授は、「他の人のふりをしてはいけない。君は君自身なんだから…」と言います。
ベリーダンスの先生も、「お母さんのダンスにとらわれてはいけない。自分のダンスを踊らないとダメ!」と言います。

夫の元を離れて、自分さがしに出るドゥニア。

彼女の将来は、決して平穏ではないことを暗示させつつ、彼女の力強い踊りで、映画は終わります…


Amazon.frで見たところ、サウンド・トラックが見つかりました。
(Real One Playerで視聴できます。私は買うつもり…)




あと、Youtubeで、映画の大部分が見られることが分かりました。

これは、英語字幕付き予告編

映画の雰囲気がなんとなくわかると思います。

 

映画自体も、Youtubeで「DONIA MOHAMED MOUNIR & HANAN TORK」というタイトルで、分割されて出てきます。

ただし、こちらは字幕なしでアラビア語のみなので、見たことのない人が見るには、ちょっと辛いでしょう…(笑)

言葉なしでもOKのラスト・シーンだけ抜粋しておきます。

4分台の後半から、「悟り」を得た後のドゥニアのダンスです…


ちなみに、映画館でみたときは気がつかなかったのですが、映画の最後に、

アムネスティ・インターナショナルによると、エジプト人女性の97%が割礼を受けています

という重い数字が表示されています。

このテーマについては、夫とも色々と話をしたので、また機会があったら書きたいと思います。

JUGEMテーマ:ベリーダンス
サラ * ベリーダンスがみられる映画 * 18:18 * comments(12) * -

カイロの普通の女の子の話「Dunia」

DUNIA(エジプトのベリーダンス映画)写真2
アフリカ映画」特集をしている映画館があって、エジプト・フランス・レバノン合作のベリーダンスが主題の映画がある、と書いてあったったので、昨日、夫と見に行ってきました。

映画の雰囲気は、重くないし、映像はキレイで、ダンスのシーンも豊富で、とても楽しめるんですが…

テーマはエジプトの女性の置かれている立場と、その中で、どうやって女性として、自分を見つけていくか?というテーマ。

残酷な女子割礼の話も、かなりウェイトを占めていて、後味はとても重いです…

よくぞこんな映画を、頑張って作ったなぁ…」と、思う映画です。

映画の前に「この映画の背景」を、解説をしてくれた司会みたいな人がいたんですが(フランスでは、たまに、映画館に「司会」がいることがあります…)、公開後には、監督あての脅迫も相次いだそうです。

命を張って、等身大のカイロの普通の女の子の恋愛や、自分を自由に表現すること、それに反対する人々(特に家族)について語ろうとするレバノン人の女性ジャーナリスト、ジョスリン・サーブ監督には、感慨深い気持ちにもなりました。

まだ頭の中がショッキングな状態なので、ベリーダンスの話は、また次に書きます。


日本語で、ニュース記事があったので、抜粋しておきます。

上の「AFPニュース」の2006年の記事より抜粋です。
 
レバノン人映画監督ジョスリン・サーブ(Jocelyne Saab)が監督/脚本を務めた新作映画「Dunia」…
エジプト/フランス/レバノンの合作映画として2005年12月のカイロ国際フィルム・フェスティバル(The Cairo International Film Festival)でワールドプレミアを迎えた後、各国の映画祭で上映されてきた同作品は、Duniaというある女性がダンスと文学を通して自己を解放していくことへの葛藤を描いたドラマ。
Dunia役には、エジプトでもトップクラスの女優ハナーン・トルク(Hanan Turk)が抜擢され、また、彼女に文学を教える教授役は俳優のムハンマド・ムニール(Mohammad Mounir)が演じている。
同映画をめぐっては、女性の割礼を扱ったシーンなども含まれているため、2つの場面が検閲の対象となるなど、エジプト国内外で支持者、反対者による論争が巻き起こっていた。
※上の写真は、Teleramaから抜粋しました。
JUGEMテーマ:映画
サラ * ベリーダンスがみられる映画 * 17:43 * comments(5) * -

ベテューム・シュール・ニルのおまけ話

先日ストーリーをお話したベリーダンス映画ベテューム・シュール・ニル」に関係した、おまけの話です。

DVDをベリーダンス仲間のコラリーに返したときに、私が、

「インターネットで調べたら、ほんとにいたベリーダンサーの実話みたいだね!!」

と言ったところ、コラリーに、

「だから〜、サラに貸すときに、そう言ったじゃない!」
と言われてしまいました。

私のフランス語、市場で買い物をしたり、子供の学校の先生とお話をしたり、など、普段の生活には、ほとんど困らないんですが、こういう細かいところや、ニュアンスとかが落ちてしまうことがよくあり、困ったものです・・・

日本語だとサッと読める空気は、まず、読めてません(笑)

ちなみに、この話のもとになった、本物のフランス人ベリーダンサーは、有名になったあと、カイロでベリーダンスの学校を開いたんだって・・・、と、コラリーが教えてくれました。

ちなみに、コラリーが、

「あれって、どこの町の話だったっけ?」

って言うので、

「カイロでしょ?」

と言ったら、

「カイロって、どこの国だっけ?え、エジプト??あれ、そうだった??」

と言うので、笑ってしまいました。

フランスからはエジプトは近いし(3〜4時間のはず)、旅行も値段的にも手軽です。

でも、たいがいのフランス人には、エジプトって、やっぱり遠い国なんだな・・・と思いました。


★もうひとつのブログ更新しました♪
《フランスの人情あふれるマルシェ…》

JUGEMテーマ:地域/ローカル


サラ * ベリーダンスがみられる映画 * 19:46 * comments(2) * -

ベリーダンス映画「ベテューム・シュール・ニル」後編

フランスのテレビで上映されたベリーダンス映画のストーリー、昨日の続きです。


ベリーダンサーとしての夢を絶たれ、失意のもとに、エジプトを去り、フランスの故郷に戻ったカティーですが…

どうしてもベリーダンスを続けたい、中東を舞台に活躍したい!と思ったカティーは、再びカイロにやってきます。

そこで、ベリーダンサーとしての資質を見抜き、フランスに戻っている間も、またカイロで踊るように常に励ましてくれたカレッドというお金持ちのなかなかイケメンなエジプト人と、ついに結ばれます。

(ここで、ちょっとしたソフトなベッドシーンが入るんですが、ベッドでもベリーダンスを披露!!結構、笑えます・・・)

そしてなぜか、月影先生似の幻のベリーダンサー、ファラも、カティーの決心に動かされ、ついに弟子入りを許されます。

そこで、月影先生が、

「これまで習ったことはすべて忘れて、ゼロからやり直すと思いなさい!」

と言われ、ベリーダンスの猛特訓が始まります。
ベリーダンス映画のシーン(レッスン風景)(月影先生の猛特訓レッスンのシーン)

この辺は、まさに、エースをねらえもビックリの、スポ根ドラマという感じです。

月影先生のセリフが、

「どんなベリーダンサーも腰を動かすことはできる。でも、本当のベリーダンサーは、肩の動きを完璧にマスターしなくてはいけないのよ」

「魂から出る踊りをしなさい。鳥になったつもりで!」

そして、「先生!もうこれ以上、踊れません!」と倒れてしまったカティーに、

「長時間、踊り続けることができないのは、腹式呼吸ができていないからよ!家での練習が足らない証拠ね!!」

と、厳しく言い放ちます。

(腹式呼吸で踊るっていうのは、知りませんでした。早速、やってみようっと)

この猛訓練の結果、カティーは、大きな出し物の主役の座を獲得します。

ところが、サイードが裏で手を回し、カティーは就労ビザを奪われてしまいます。

そこで、月影先生が立ち上がり、テレビ出演してカティーのエジプトでのベリーダンサーとしての地位を守るように訴えると、あっという間にまた就労ビザが発行してもらえました。
ベリーダンス映画のシーン(ショー)
(ベリーダンスのショーのシーンです。衣装も良かったです)

ショーも大成功。カティーはベリーダンサーとしての地位を確立します。

ところが、あまりにベリーダンス一筋のカティーに、カレッドは

「自分とベリーダンスと、どちらを選ぶのか?」

と究極の選択を迫ります。

月影先生も、

「アラブの男は、外でベリーダンサーとして活躍している女を家で待っていることはできないの。それでエジプトのベリーダンサーはみな、恋と仕事の間で、引き裂かれるのよ・・・」

とカティーに言います。
それで、映画は終わるんですが・・・

コラリーが録画し始めたのが、映画が始まってからだったので、最初が切れていて、なぜか最後もちょっと切れてるようなので(笑)、まだ続きがあったのかもしれませんが、フランス映画はこんな風に終わることも多いので・・・まぁそういうことにしておきます(笑)

映画自体はフランス語で、時々アラブ語にフランス語の字幕になるので、よく分からない部分もあったんですが・・・

なかなか、面白い映画だったので、皆さんにお見せできないのが残念です・・・

テレビ映画なので、多分日本で公開されることはないと思うんですが、どこかで見かけることがあったら、是非みてくださいね!

JUGEMテーマ:映画


サラ * ベリーダンスがみられる映画 * 21:36 * comments(6) * -

ベリーダンス映画 Bethume sur Nil

ベリーダンスのクラスメート、コラリーが

「こないだテレビでベリーダンスの映画をやってたから、録画したけど、見る?」

と言ってDVDを貸してくれました。

あらすじは、ベリーダンスが大好きなフランス人の女の子がエジプトに行き、スポ根もの並みの厳しいベリーダンス修行をして、最後は、めでたくベリーダンサーとして中東全土で活躍するという話でした。

ストーリーも恋あり、陰謀あり、月影先生似のベリーダンス師匠も登場し、なかなか面白くて、分かりにくいところもあったので、はまって2度見てしまいました。

インターネットで色々キーワードを入れてみたんですが、たいしたものは見つかりませんでした。Youtubeでも、少しぐらいクリップが入ってないかなと思ったんですが、全然ありませんでした。

ただし、インターネットでフランス語で乗っていた情報によると、Ketty Gourletというフランス人ベリーダンサーの実話にもとづいた話なんだそうです。

主役のカティーには、ルイーズ・モノという女優さんが主演していました。

ベリーダンスのシーンは、それほどすごい踊りはないんですが、結構何度もあり、ベリーダンサーでない普通の女優さんがあれだけの踊りをマスターして、場を持たせることができるのは、偉いと思いました。

ちなみに、主役の女優さんは、こんな人です。

ブルジョワのコマーシャル(主演:ルイーズ・モノ)。

面白い話だったので、そのうち、ストーリーを詳しく書きます。


JUGEMテーマ:ベリーダンス



サラ * ベリーダンスがみられる映画 * 18:09 * comments(1) * -

『アラブの盗賊』でサミア・ガマールのベリーダンスを満喫!

ベリーダンスが観られる映画をもう一本ご紹介します。日本ではDVD入手できるか不明ですが、もし深夜のTV映画でやっていたらぜひ・・・。


『アラブの盗賊(またはフェルナンデルのアリババ)』
 原題 ALI BABA ET LES QUARANTE VOLEURS
(1954年 フランス映画、監督 ジャック・ベッケル、主演 フェルナンデル、サミア・ガマール)
<あらすじ>アリババと40人の盗賊のお話。誰でも知ってる「ひらけ〜ゴマ!」っていう、あの話です。

コメディ仕立てですが、映像のディテールが美しくてほれぼれしました。アラブ世界の描き方も紋切り型な面は否めないけど、エキゾチックな憧憬を誘う映像や音楽がまた素晴らしい。

日本では一部の映画マニアにしか知られていないフランス古典映画の金字塔のような俳優フェルナンデルの映画をみたことがないと言ったら、うちのダンナが、

「昔パパと一緒に映画館にリバイバルを観に行ったんだ・・・。」

と、このDVDを買って来てくれたのですが、なにしろ、まだベリーを知る前だったので、

ベリーダンスってこんな踊りなんだ。すごい!」

って思いました。

実は主演女優(サミア・ガマール)が有名なベリーダンサーであることは、後になって知ったのですが、このサミア・ガマールがベリーを踊り始めると「誰も止められない〜」って感じで・・・最高です!!

最初にサミア・ガマールが登場するシーンでは、父親に市場で売られる悲しい娘っていう設定だし、その後も買われた先で主人に命じられて嫌々踊らされる、という設定の割には、嬉しそうにベリー踊りまくってるのが気になりますが(笑)。

ちなみに、ジャック・ベッケル監督は、他にも多くの傑作を残している有名な監督です。

これを書きながら調べていたら、『モンパルナスの灯』(ジェラール・フィリップとアヌーク・エーメ主演)が、ジャック・ベッケル作品であることを初めて知りました。この映画も美男美女(ジェラール・フィリップとアヌーク・エーメ)が美しすぎて、素晴らしいけど、こちらは悲運の画家モジリアニの話です。ゲラゲラ笑えるアリババとは全然雰囲気が違います。
サラ * ベリーダンスがみられる映画 * 20:33 * comments(2) * -

『髪結いの亭主』のベリーダンス

皆さんベリーダンスって何をきっかけに興味を持たれましたか?

私は、ベリーダンスに特に興味もなかった時に観て、妙に印象に残ってる映画の一つに、この「髪結いの亭主」があります。

多分、髪結いの亭主のダンスが無意識のどっかに残っていて、ある時「ベリーダンス習ってみようかなぁ?」っていうきっかけになってるのかも!?


『髪結いの亭主』
(1990年 フランス映画、監督パトリス・ルコント、主演ジャン・ロシュフォール、アンナ・ガリエナ)
<あらすじ>幼い頃から“髪結いの亭主”になることを夢見てきた男が手に入れた理想の結婚生活(ストーリーは、ベリーダンスとは何の関係もありません。念のため!)

観てない方は、ぜひどうぞ!
かなりすごい踊りっぷりなので、ベリーのお勉強に・・・っていうマジメな目的の方にはおすすめできませんが、ベリーでもっとハジケたい方にはおすすめ(爆)。

ストーリー的にも雰囲気的にも濃ゆいフランス映画なので、好き嫌いはあると思いますが・・・。

ちなみに髪結いの亭主が突然踊り出すベリーダンスの振り付けは、完全に即興らしいです。

パトリス・ルコント監督がジャン・ロシュフォール(亭主役の俳優。フランスでは超有名)に「なんか適当に踊ってみろ!」と言ったらジャン・ロシュフォールが完全アドリブで踊ったそうです(←と、フランス語版DVDのボーナストラックで監督が語っていた)。それにしちゃすごい。決まりすぎ。
サラ * ベリーダンスがみられる映画 * 17:31 * comments(2) * -
このページの先頭へ