スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

チョイワル先生のベリーダンス考

私が今ベリーダンスを習ってる先生は、フランス生まれのアルジェリア系2世なんですが、この間、ベリーダンスについて語ってくれたことが、面白かったので、書いてみようと思います。

先生にとって、ベリーダンスというのは、自分のために踊るものなんだそうです。

あるいは、このクラスのように、ベリーダンスを、女性の間で分かちあって楽しんだり、アラブのお祭りや結婚式で踊って、家族や親しい人と楽しむもの、と考えているんだそうです。

ちなみに、アルジェリアの結婚式で、ベリーダンスを踊ったら、アルジェリアの親戚や友達に、ベールを差し出されたそうです。これは、「踊りが上手ですね!」というほめ言葉みたいなニュアンスらしく、先生はとても嬉しかったそうです。

そういうことなので、時々、バーとかショーに呼ばれて、「踊ってもらいたい」、と言われても、先生は、踊らないんだそうです。

そしていつか、自分の好きな男性と結婚したら、その男性のために踊るのが理想だと思っているんだそうです。

(この男性は幸せ者ですよ!!なにしろ、先生のベリーダンスは、ほんとに見事ですから…)

先生は、時々、どこかでショーに出てるのかな?見に行ってみたいな…、と勝手に思っていたので、このコメントは意外でした。

先生は「お固い」家庭で育って、フランス人の友達と外出しても、お酒も飲まないし、みんなに「おくて」で「つまらない」とか、「抑圧されてる」と思われることもあるけど、それで自分はいい、と思っているし、他の人がベリーダンスに対して、自分と全然違う態度で臨むのは、それはそれで尊重するし、自分の生徒が上手になって、ショーで踊ったりするのも、構わないと思う、と言っていました。

その辺、気が強くてサバサバしてるのに、なんとなく人情に厚い先生の性格を物語っているようでした…

現代のイスラム女性の社会的な立場と、ベリーダンスの官能的な踊りや衣装に、いつもどこか矛盾を感じていましたが、先生の意見を聞いて、少しは納得できた気がします。

先生は、他の人と違っても、自分の意見を守った上で、イスラムに矛盾しない形で、ベリーダンスを楽しんでるんだな…、と感じました。

イスラム教と全然関係のない私たちは、ベリーダンスとどうやって関わっていくべきなのかな…、と、ふと考えてしまいました。

元々、自分の国のカルチャーとかけ離れている分、入り口は、「ベリーダンスの踊りの動きが気にいった」、とか、「衣装が着てみたい」、とか、「音楽のあのリズムがいい」、とか、「もしや、ウエストがくびれるかも?!」とか、色々だと思いますし、最初はそれでもいいと思いますが、イスラム世界のあり方を完全に切り離してベリーダンスを踊り続けるのは、どうなのかな…と疑問に思うこともあります。

ベリーダンサーの皆さんは、こんなことを考えることってありますか?
イスラム社会との関連とか、どんな風に考えて踊られていますか?


JUGEMテーマ:ベリーダンス


サラ * ベリーダンスとイスラム世界について * 00:23 * comments(8) * -
このページの先頭へ