スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ベリーダンスの発表会写真

ベリーダンス発表会写真1
発表会の本番です。

公民館の体育館みたいなところに設置した舞台で、体育館に準備してあった椅子は、ほぼ満員状態でした。

公民館の総合的な発表会なので、ベリーダンス以外にも出し物がいくつかあったのですが、照明も音響もイマイチで、あとで見ると、撮ってもらった写真もビデオもボケていましたが、踊ってる本人たちは、すごく楽しく踊らせてもらいました!


先生が、

ベリーダンスは、ファンが多いから、盛り上がるよ〜!!

と言っていましたが、実際に、踊っている途中で、手拍子が入ったり、先生が出てくると、

(地元では有名人?らしい…)

ヒューヒュー!

とかなり派手な歓声があがりました。

上の写真で見ていただくと、ボケていますが、衣装の全体像が分かると思います。

実際に、写真でいくつか見てみると、あまり例の胸が目立たなかったので(色的に目立たない色だったせいでしょうか…)、安心しました。

ベリーダンス発表会写真3
ボケていますが、自分だけ切り取ってみました。

胸に直線に下がるタイプのネックレスをしているのは、きちんと写っていませんが、胸が強調されているのが、おわかりでしょうか?

ベリーダンス発表会写真2
3曲を踊った後に、みんながさっさと舞台から降りそうになったところに、先生が登場して、最後のごあいさつをしました。

あらかじめ、先生に、ちゃんと最後にみんなで挨拶をする、と言われていたのに、みんな忘れて、舞台からおりてしまうところでした(笑)


(写真では、真ん中の黒い衣装のちぢれた毛の人が先生で、私はその右隣で、そのまた右隣がコラリーで、その隣がタヌキ母さんです)


私としては、あまり細かいところまでしっかり詰める時間がなくて、ベリーダンスとしての完成度はあまり高くない発表会でしたが、まあ参加して楽しかったし、いい仲間もできたし、衣装的にも最初の段階から比べると満足のいくものになったと思います。

見にきてくれた友達のイザベルにも、すごく良かったよ!とほめてもらえました。

でも、発表会の当日まで、衣装も踊りも、ほとんど興味を示さなかった夫が、

サラは踊りは良かったけど、衣装が見劣りする。

他の人の衣装の方がキレイで、くやしかった!

次回は絶対に、もっと見栄えのいい衣装に投資をするように!

とはっきり言っていました。

ということなので、もし次回があれば、衣装にももう少しお金を使ってみたいと思います。

(その節は、クラリチェ様、ぜひ宜しくお願いします…)


※今、一時帰国中なのですが、帰国前にバタバタして、発表会の本番を更新できなかったので、日にちがたってしまいました。ごめんなさい!


 JUGEMテーマ:趣味
サラ * ベリーダンスの発表会 * 10:45 * comments(4) * -

ベリーダンス発表会の写真(2)

今日はおまけなんですが、上級者クラスのリハーサルの一部です。

15人ぐらいのメンバーのうち、グループで踊る部分を撮影しました。

結局、少し話してみると、以前に書いたほど意地悪な子ばっかりではなかったのですが…
上級クラス リハーサル写真

とはいえ、感じの悪い子は、ずっと感じの悪いままでした。

みんな若い(高校生か大学生)ので、お肌がピチピチで、胸もはじけそうでした(笑)

本番ではトップもちゃんと衣装をつけていましたが、リハーサル中は、スカートだけでした。

なぜか、赤と白が人気らしく、ほとんどの子が、赤か白の衣装でした。

あと、子どもベリークラス(といってもローティーンがほとんど)の衣装も、とても可愛かったです。

AAカップ?という感じの子供用ブラにスパンコールを大量に縫い付けた衣装を着て、きれいにメイクしているマグレブ系の子がいて、すごくきまっていました。

私も、あの手のブラでちょうど良さそうなんだけど、いい大人が全然カップのないブラをすると、逆にかっこわるいのかな??と思いました。

次回は発表会の本番の写真を入れます。

サラ * ベリーダンスの発表会 * 09:31 * comments(2) * -

ベリーダンス発表会リハーサルの写真(1)

初級クラス リハーサル写真
発表会の数時間前に行われたリハーサルです。

小さい写真ですが、みんな衣装着用でリハーサルにのぞみました。

私も、とんがりコーン・ブラにだいぶ慣れてきました。

前回ご紹介したように、あんなに大量に胸パッドを割増したのに、発表会当日も、先生にまた、ブラの中に思いっきり手を「ムギュッ」と突っ込まれ、「もう少し足した方がいいんじゃない…?」と言われたのは、ちょっとショックでした(笑)

パッドを4つも縫いつけて、ギューギューだから、もう足せない!

と言ったら、先生が「あー、それでこれじゃ、しょうがないね!」と慰めにならない返事をしていました。

ちなみに、ブラトップの衣装を初めて着ていたクラスメートが、

ねー、子どもがさ、胸元をみて、『ママの衣装、スカスカだよ!』って言うんだけど…

と言っていたので、よほど胸のボリュームがある人でなければ、みんなスカスカするものなんだな、と思いました。

クラスメートのタヌキ母さん(上の写真で奥の赤い衣装)は、インターネットで中古品のアンサンブルを150ユーロで購入したんだそうですが、

見えなければいいよね!

とあまり詰め物もしないで、そのまんま、前かがみになって、中の胸が見えないかをしきりにチェックしていました。

私の場合も、ボリューム・アップというより、前かがみになったとき、中が見えてしまうのと、とんがりコーンが、押されてへっこんでしまうことのほうが問題だったので、一応、胸パット4組で、その点はクリアできました。

ちなみに他の人の衣装の調達方法は、インターネットで購入した人と、手作り派と、あと先生に金太郎の前掛けみたいなタイプとスカートとコインスカーフのセットを、リヨンで40ユーロぐらいで買ってきてもらった人がいました。

(中央のオレンジと、左の白がそのタイプ)
初級クラス リハーサル(子連れ)写真
リハーサルで練習中の写真に、クラスメートのコラリーの子供が遊んでいる写真が混ざっていました。

(見事なブロンドの子を合計3人連れて来ていたんですが、ふたりしか写っていません…)

ちなみに、発表会当日の写真は、うちの娘が撮影しました。

ということで、ボケたり、変なところに焦点があっている写真が多かったです。

(コラリーはこの写真の右奥で背中を向けている子です。ちなみに左奥の黒い衣装は先生です)

また、発表会当日の続きを書きます。


※もうすぐ、一時帰国しますので、ちょっとスパム・コメントが心配で、今日から承認システムに変更しました。
コメントを入れて頂いても、すぐに反映されない場合がありますが、少し遅くなっても、必ずお返事しますので、ご了承ください!

 JUGEMテーマ:地域/ローカル
サラ * ベリーダンスの発表会 * 20:08 * comments(2) * -

事故発生&そろそろ発表会の衣装…

なんと、先生が軽い事故にあったらしく、足を引きずって、レッスンにやってきました。

そして、「本当はドクター・ストップがかかってるんだけど、ナイショね!」と笑っていました。

おまけに、クラスメートのタヌキ母さんは、先週、ベッド・メーキングをしている時に、「グキッ」とやってしまった、ということで、ぎっくり腰をさすりながら、

仕事は休んだけどさ、レッスンに来ないと、ふりつけが進んで、ついていけなくなるから、寝ていられないのよ〜

と言って、踊っていました。

仕事は疾病休暇を取っておきながら、ベリーダンスのレッスンに来るあたりが、フランス人らしい、と思いました。

くれぐれも、腰を使うところは、やらない方がいいよ、と言ったのですが…

…踊りながら、良く考えると、腰を使わないところは、ほとんどないのでした(笑)


発表会も、もうすぐなのに、前回は事故のせいで、先生もお休みだったので、どうなってしまうのか??

と、心配しましたが、なんとかふりつけも完成しました。


あとは、衣装をなんとかしないと。

クラスメートのモニックが、

あなたのこないだ持ってきてた生地にピッタリの衣装を友達に借りたから…

とベールっぽい生地の上に巻くスカートとスパンコール満載のブラという、アンサンブルの衣装を持ってきて、

家で試してみて!

と、貸してくれたのですが、私が借りてしまうと、彼女自身が使う衣装がなくなってしまうのを知っていたので、気持ちだけありがたくもらって、ホックと取れかかっていたビーズも直して(笑)、また持参しました。

一応、試着したので、今つくり中の衣装とともに、今度写真を載せますね。

モニックは、

他にいい衣装があれば、これを貸してあげる!

と言っているので、来週までにモニックにいい衣装が見つかれば、この衣装で踊るかもしれません…

 JUGEMテーマ:芸能
サラ * ベリーダンスの発表会 * 01:43 * comments(5) * -

今年も発表会…

今年のベリーダンス教室も、年度末(フランスは6月)に発表会をするのは、知っていたんですが…

最近、だんだん、話が具体的になってきました。

衣裳のこととか…

このクラスに通い始めた当時、あまり発表会には乗り気ではなかったんですが、他のクラスメートでも、

私は、自分の楽しみのためにベリーダンスを習いに来てるのであって、発表会に出るつもりはないから!

とはっきり言っている人もいました。

私は、そこまで「出ないつもり」がはっきりしていたわけでもないんですが…

なんとなく、去年、色々と疲れたので、今年はそこまでしなくても、いいかな?!という気持ちがありました。

とはいえ、段々、先生も発表会モードになり、休むと、後ろの方に追いやられてしまうので、おちおち休んではいられなくなりました。

衣装も、たいがいの人は、中古品をネットで購入するか、自分で作るか、という感じで調達するようです。

生徒の中では、コラリーと私だけが、発表会の貴重な経験者なのですが、コラリーが、

私とサラは、衣装を一緒に作ったのよ!すごい、いいのができたのよ!

とみんなに自慢をしたので、

衣装を持ってきて〜!見たい〜!

とみんなに頼まれ、衣装の見せあいっこをしました。

コラリーは、なんと、驚いたことに、冬の間にラインナップを増やしていて、発表会で着た衣装のトップにおそろいのスカートも作っていました!!

私は、そんなに自慢できるほどのものでもなかったので、さっと見せただけだったのですが…今のクラスは、

できるだけ安く済ませたい!

という「素敵な奥さん」風の人が多く、おまけに、おさいほうの心得がある女性が多いので、手作り派が多数を占めそうな勢いです。

(前にも書きましたが、フランスは、家庭科の授業がないので、若い女の子は、ミシンもかけられないし、針の使い方も知らない人が多いようです!)

私は、発表会に出るつもりはない!と言っていた前述の彼女も、いつの間にか、先生に、

あまり肌を露出したくないんだけど、どういう衣装までならOK?

と詳しいことを聞いて、やる気を出していました(笑)

あとは、先生が5月にパリに「買いだし」に行くので、その時に、頼みたい人は、どういうスタイルの、どんな色が欲しいかと、予算とサイズを書いて、先生に全権を委任する、という手があるそうです…

先生が、どのお店に行くのか興味があったので、なんていうお店で買うんですか?と聞いたんですが、先生も詳しいお店の名前は知らないらしく…というか、パリにはそんなに詳しくないらしく…

パリはね〜、すごいよ!通りに1つか2つ、ベリーダンスの専門店があるし、楽器が売ってる店もあるんだから!ベリーダンスの衣装も、パリなら、どんなのでも、すぐ見つかるんだから!

と言っていました。先生が言ってるパリというのは、バルベスのことでしょうか(笑)?

バルベス=パリのアラブ人街。かなり特殊な雰囲気で、普通のパリ旅行の人は絶対行かない場所です…ちなみに、私も詳しくないけれど、そんなにベリーダンスの衣装のお店はなかったと思います!)

ちなみに、先生も自分の衣装のレパートリーの一つを持ってきてくれたんですが…

赤に銀のビーズと大きいうろこのようなスパンコールがついたブラと、下にハーレムパンツなどを一緒に着ると思われる、同じ素材の切れ目がたくさんあるスカートでした。

この衣装、先生は、モロッコで購入したんだそうです…

私は、たぶん今年も手作りで行くと思いますが…
去年のピンクはあまり自分の肌に合わなかったと思うので、色々と考え中です!

実は、ヌードピンクとかシャンパンベージュみたいな、薄めの色に憧れているんですが…

 JUGEMテーマ:習い事・資格・講座
サラ * ベリーダンスの発表会 * 00:43 * comments(6) * -

発表会が、終わりました…

ベリーダンスをはじめて、初めての発表会、やっと終了しました…

発表会前にも、ずいぶんと色々なことがあり…書きたいことは山ほどあるんですが…

発表会や、リハーサルもあって、夫やおちびさんにもだいぶしわ寄せが行ったので、終わった後も、結構忙しくすごしています…

折角、写真やビデオもずいぶん撮ったのに、まだ、夫のカメラのほうの写真やビデオをさっと見ただけ、という段階です。

これから、ちょっと落ち着いたら、発表会前〜当日のドラマを、書き綴っていきたいと思います。

チョイワル先生がいるところ、アクシデントが盛りだくさんですが、発表会も、冷や冷やすることが沢山ありました。

あー、それにしても、疲れました!!!

納得できないことは数多かったけど…
ともかく、終わってよかった〜♪




サラ * ベリーダンスの発表会 * 23:13 * comments(10) * -

ベリーダンスを見に行く側の気持ち

月末にベリーダンスの発表会があるんですが、相変らず、教室の様子は、いつもどおりのーんびりしています(笑)

緊張で張り詰めるとか、準備で大変とか、そういうのは全然なくて、みんな、いつもどおりです。
このまんまで、いいのか?
ほんとに、ステージで踊れるのかな…
…ちょっと心配です。

ところで、ちょっと前に、うちの夫に、「発表会、見に来てくれるんでしょ?」と言ったら、
「うーん、ゴニョゴニョ…」と、文句みたいなのを言っていたので、

「まあ、女子っぽいイベントだし、見に来たくないのかな??」

と思っていたのですが…
別に、無理に見に来てもらわなくてもいいと思っていたんです。

先日書きましたが、私の先生が、

「すごい上手なのに、ショーとかでは踊らない方針なんだって。ベリーダンスは個人的な場面に取っておく、って言ってた…」

という話を、昨日、夫にしたら、

「なんか、分かるなあ」

と言われました。

「男にしてみると、ベリーダンス見て、芸術的だとも思うけど、同時に、「姉ちゃん、いいケツしてるな〜!」みたいなことも、考えちゃうからさ…、発表会は見に行きたいけど、奥さんが他の人と踊ってるのを見るのは、ちょっと照れくさくて困る…」

と言われました。

男の気持ちはよく分かりませんが、なんとなく、彼の「気がね」みたいな気持ちも、ぼんやりと分かるような気がします。

で、結局、発表会は、見に来てくれるらしいです(笑)

私が、無理強いしたわけでは、ないんですよ!!


JUGEMテーマ:ベリーダンス
サラ * ベリーダンスの発表会 * 17:38 * comments(12) * -

ベリーダンスの発表会の衣装

ベリーダンスの発表会初デビューをすることがいつの間にか決まっていました。

ちなみに、衣装の色として、みんな別々の鮮やかな色を割り振られていて、私はピンクということでした。

ゴレンジャーのピンクみたいな感じ?!

ところで、肝心の衣装ってどんなのになるの??

と聞いたところ、あまり露出の多すぎるものは避けたいので、肩とお腹がゆるやかに出るトップに、ハーレムパンツとかフレアスカートみたいなもの、ということでした。

で、トップについて詳しいことを聞くと、先生のアイディアでは、なんか、スカーフみたいな四角い布を、ホルタートップみたいに胸のところでクロスさせて後ろできゅっきゅっと結んだものにしたい、ということで、別に縫ったりしなくていい、と言われたんですが…

…それって…、動いたら「危険」じゃありませんか??

初出演で(っていうか、初でなくてもだけど)、舞台の上で「胸ポロリ」とか、そういう自体は避けたいんですけど…

でも、更衣室でそんな話をしていても、大げさにポロリの危惧を語るのは私だけで、ほかのみんなは、

でもさ〜、どうせ出番は3分ぐらいなんだしさ〜

3分なら持つでしょ。縫い付けたら大変だし、そんなのに時間を費やすのも面倒じゃん!

安全ピンをあちこちに留めておけば、取れないでしょ!

そ、そんなぁ…、こんな適当な認識で、大丈夫なのかなぁ…
フランス人らしいというか…

私は、性格的にも、そういうアバウトかつ危険な格好であまり人前に出たくないタイプなので、みんなが縫わないことにしたとしても、ブラの上に何か同色のカバーをしておいて、その上からスカーフを着けるとか、スカーフも縫い付けてしまうとか、そういう手を考えよう、と思っています。

あ〜、発表会までまだだいぶあるけど、既に不安が募る〜…



JUGEMテーマ:アート・デザイン


サラ * ベリーダンスの発表会 * 23:27 * comments(6) * -

ベリーダンスの発表会

チュニジア民族衣装(写真)
チュニジアの話にかまけていましたが(まだ書き足りないことが多くて…そのうちまた、書きます!)、その間に、フランスのベリーダンス教室のほうもいろんなことがありました。

まず、私がチュニジアに行ってる間に、なんだか他のダンス教室と合同で、夏に発表会をやることが決まっていて、もう気が早いことに衣装の色まで決まっていました(笑)

久々にレッスンに出たときの私、

「え、なにそれ?私もベリーダンスの発表会に出るんですか?えー!?青天の霹靂!!」

って感じでした(爆)

それで、なんか急に先生も「舞台モード」になっていて、そんな踊り方では、舞台で映えないとか、指導の方向もちょっと月影先生風に変わってきたみたいです。

ちなみに先週、先生がデジカメでみんなが踊ってるところを録画して、どんな様子か見せてくれました。

全員を撮っていたので、一人ひとりは粒みたいだったけど、踊ってる自分を見るのは、実は初めてだったので、照れくさいけど、面白かったです。

でもダサくてほんとに笑ってしまいました。

みんな、感想を次々に言っていましたが、自分の姿しか見ていないので、それも笑えました。

で、先生の感想。

「みんなの今のベリーダンスは、ふりつけは覚えて踊れてるけど、なんか一言で言うと、寒々しいって感じ」

「なんかね、みんなが踊ってる様子を、セリフ化してみるとね…


『私、ベリーダンスの教室に通ってます〜。ふりつけを習いました〜。音楽がかかったから、じゃあ、踊ります〜』

っていう感じ。で、全然ベリーダンスの熱気が伝わってこないのね!」


…なんか、それはさっきのビデオ画像を見て、先生の言いたいことが分かる気がしました…

ベリーダンスを踊るときに、ドライでクールで中立の立場、っていうのはダメだと思う」

「みんな、今の踊り方は、思いっきりニュートラルで、それが、さむ〜い感じ、なのね」


ベリーダンスニュートラルな踊りがダメ、ってのが、よく分かりませんでしたが…

「つまり、ポジティブに、自分がダンスの中に没頭できたり、ベリーダンスを踊っている過程で、もっと自分の肉感的な部分、官能的な部分を突き詰めていければ、それもそれでいいし、そういう気分になれなければ、ネガティブな感情でもいいの。今思ってることを、ベリーダンスを踊ることで、表現するようにしてみて。」

…うーん、ネガティブな感情の表現、とは?

「たとえば、

『今日は、出がけにママに小言を言われて、ほんと、むかついたな〜』

でも

『腰が痛くて、不調〜。早くうちに帰って、寝たい〜!』

でもいいから…」


(どっちも、先生の個人的な「今の気持ち」のように見受けられましたが…笑)

「そういうのが、ダンスを踊ってる人からかもし出されてきたら、見てる方も面白いんだよ」

「お面をかぶるように、自分が感じてるものを隠してしまったら、ベリーダンスの良さは伝わらないよ」


うーん、なるほど!…って感じですが、実際には、なかなかそういうことを考えながら踊るのは難しい。

…このレッスン、結構、深いものがありました。

先生は若いのに、表現力がすごくあると思っていましたが、そういうことを考えて踊っているからなのね…と、今回のレッスンで、とっても納得しました。

ところで、ほんとに私が発表会で踊るの!?

なんか、どうしよう…困ったなぁ〜、って感じです。

★上の写真は、チュニジアの絵葉書で、右のお姉さんが「輪つなぎ」ネックレスを何重にもしています。
あと、真ん中のおじさんが、先日コメント欄でばれんぬさんのお話があった「ネズミ男コート」を着ています。
このコートもおみやげで売っていましたが、かなり重そうでした。
チュニスを少し離れると、すぐあちこちで放牧をしている人を見ましたが、その人たちがこのコートを着ていました。



サラ * ベリーダンスの発表会 * 19:11 * comments(10) * -
このページの先頭へ