スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

パリのレッスンと、不均等な筋肉痛について

先日、書きかけていたパリで1回だけ受けたベリーダンスのレッスンのお話の続きです。

私が以前通っていたStudio Harmonicというダンス・スタジオでは、チケット制で1回から受講できるのですが…

今回、初めて知ったのですが、スタジオ所属の先生の場合、受付で15ユーロ払って、どのレッスンに出たいかを言い、チケットを先生に渡す仕組みですが、スタジオに所属せず、場所だけ借りている先生もいて(ホームページには同様に表示されるので、受付に聞いてみないと分からない)、その場合は、先生ごとに料金がまちまちで、支払いも先生に直接します。

私が行った、エジプシャン・ダンスの先生は、17ユーロだったのですが、お金を取られると嫌だと思って、レッスンの受けられる格好で、カバンもお財布も持たず、15ユーロかっきり握って行った私は、先生に、

17ユーロです

と言われて、お金が足りなくて焦りました。

先生の判断で、あとで払いに来てくれればいい、ということで、無事レッスンを受けられましたが、チケット制のスクールに行く場合、こういうケースもあるようなので、皆さんも気を付けてください。

といっても、お財布も持たずに手ぶらで現金握りしめてやって来る生徒は、私ぐらいかもしれませんが…(笑)

最初に先生に、「ベリーダンス習ったことあるの?

と聞かれて、「のんびりペースで、もう3年目ですけど、できないことが多くて…(ゴニョゴニョ)」

と答えたのですが、他の生徒は、うまい下手の差はあるものの、初心者は誰もいないようでした。

私を入れて、8人ぐらいでしたが、みんな、毎週来ているようで、レッスンの後で、ちゃんと受講者カードみたいなのをみんな出していました。

先生にも、「定期的に来られるなら、その方が割安よ!

と言われたのですが、パリには数か月に1回ぐらいしか来られないので、それでも、たまに顔を出しても構わないか、と聞いたところ、先生は、

いつでも歓迎よ!

となかなか感じの良いスマイルで送りだしてくれました。

でも、レッスン自体は、パリから引っ越してから2年間、地元の先生に習っていたものはなんだったんだろう!!と思うぐらい、全然内容が違って…

足の位置、骨盤の位置、肩の位置、体のひねり具合など、ものすごく細かいところまで指摘されて、何度も、脚がつりそうになりました。

そして、先生がみんなに、「この中に左利きの人いる?

と聞き、左利きは一人だけしかいなかったので、

では重点的に右、行きます!

ということで、(左も1回だけやりましたが…)右足が前、で、中腰で、右足の指先で床を前後にセクシーにこすりつける、というのばかりを何度もやって、当然、その時に腰は動いてはいけない、体のひねり具合はどのぐらい、手はこんな感じで浮かせて、みたいな細かい指摘があり、途中でギブアップしそうになるぐらい、このポーズの指導が長く続きました…

ちなみに、予想はしていたものの、翌日、ものすごい不均一な筋肉痛になりました…(涙)

特に振り付けというほどの長いものはないのですが、この先生ならではの動きについていけず、苦労しました。

特に、フィギュア・エイトで、足で4分の1の円を描く、というのは、やったことがないので、ものすごくマゴマゴしました。

あと、これはちょっと懐かしかったのですが、ここのスタジオの先生は、どの踊りの先生も、必ずバレエの用語(ポードブラport de bras、パドブレpas de bourreなど)を使うので、これは、ドロンジョ先生のレッスンを思い出して、懐かしかったです。

なにしろ、今住んでいる町の先生は、ふたりとも細部の指導がそこまで徹底していないというか、お好きにどうぞ!という感じだったので、本当に先生によって違うものだなぁ…と思うと同時に、こういう細かいところを見てくれる先生について習うのも、すごく勉強になりそうでいいな、と思いました。

実際には、そう頻繁にパリにレッスンを受けに来られるわけでもないので、これは単なる夢なのですが…

とはいえ、パリに来るたびに、違う先生のレッスンをのぞき見してみるのも、いい勉強になる気がしました。

ちなみに、レッスン時間は他の先生は1時間半なのに、この先生は1時間だけでした。

でも、あまりにも同じポーズばっかり長くやったり、できない動きが多くて苦痛だったせいか、スタジオの時計が夏時間のままになっていたせいか、私はてっきり、

うわー、もう2時間もやったんだ!疲れるはずだわ…

と思い、ヘトヘトになって、焦って戻ると、子供を見ていてくれた夫が、

はやかったね!もっとゆっくりしてくればよかったのに…

と迎えてくれたので、ビックリしてしまいました。


最近、おらが町の去年のベリーダンス仲間たちにも、色々と動きがあったので、また次回はその話も書きたいと思います。

JUGEMテーマ:スポーツ
サラ * ベリーダンスの教室(パリ) * 23:27 * comments(6) * -

久しぶりのベリーダンス・レッスン

フランスの秋休みの間に、パリに行っていました。


※新しく読み始めて頂いた方へ。
以前は、パリに住んでいましたが、今はフランスの田舎に住んでいます!


ブログを通じて仲良くして頂いている先輩ベリーダンサーさん(年齢は、私の方が先輩ですが…笑)が、パリにいらっしゃる時に、以前、私がベリーダンスを習っていたスタジオのレッスンに行ってみたい…とおっしゃったことがきっかけで、ちょうど私も同じ時期にパリに行くことになったので、

レッスン、一緒に行ってもいいですか?

という話になりました。

ところが、実際には、彼女は個人的な問題で、レッスンには来られなくなってしまいました。

とはいえ、ずっとベリーダンスをお休みしていて、久々のレッスンが楽しみだったので、折角だから、行ってみるか!と思い、ひとりでレッスンに行ってきました。

2年前に通っていたスタジオ「Harmonic」には、今も昔も(?)ベリーダンスの先生が数名いるのですが、以前に習っていて、恐れながらも敬愛していた通称「ドロンジョ先生」は、ホームページにもでてこなくなってしまい、今回、受付の方にも確認したのですが、その方も分からないということで、行方不明のままでした…

そこで、どんな先生かは分からないけど、「ダンス・エジプシャン」と名打っているクラスに行ってみました。

実際には、かなり細かいところを厳しく見る先生で、激しい動きは全然ないのに、体のあちこちが、不均等に筋肉痛になりました(笑)

レッスンの様子などについては、また、次回に詳しく書きます。


※パリのスタジオ「Harmonic」についての、2年以上前の記事のリンクです。
久しぶりに行ってみましたが、基本的に、こちらに掲載したときから情報は変わっていませんので、パリでレッスンを受けてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください!


 JUGEMテーマ:学問・学校
サラ * ベリーダンスの教室(パリ) * 17:23 * comments(2) * -

先生のサウナパンツ(続編)


前回のレッスン時も、先生はスタジオでいつもどおりまず黒いシャカシャカをはいていました。

この回の先生のボトムは、黒いシャカシャカ→黒いスパッツ→透けるロングスカート→スカーフ2枚、といういでたちで、とっても素敵でした。

それにしても黒いシャカシャカ気になる…。ベリーの練習時にはこういうものをはくのよ!と言われるかもしれないし。

…誰もいなかったので勇気を出して聞いてみました。



- 先生、それは何ですか?

- あぁ、これは自分のためのものよ。

- ...体を温めるためのものですか?

- まあそんなところね。


ということで、やっぱりサウナパンツだったことが判明!

サラ * ベリーダンスの教室(パリ) * 17:13 * comments(8) * -

パリのベリーダンス教室(先生のサウナパンツ)


私が行ってるベリーダンスのレッスンでは、先生も生徒も、スタジオ(踊る部屋)で堂々と着替えています。隣に更衣室があるのに!
まるで女子高のようなノリ。

私の習っている先生がヤッターマンのドロンジョ様によく似た妖艶な方だ、という話(ベリーダンスの先生)を書きましたが、先生が着替えているのを見るつもりもなくも、すぐ目の前でサッサと着替えるので、つい目に入ってしまったのが、シャカシャカのサウナパンツ(!!)

ドロンジョ先生、これをまずはいた後、その上からハーレムパンツを着用しているではないですか!
最終的には上記の写真に近いような格好の上に、網タイツのようなスカーフを巻いているので、サウナパンツはあまり見えないけど・・・でもちょっとはみ出してます

30代の私よりよっぽどペッタンコなお腹の先生も、それなりの努力をしているようです。
でも、レッスンでサウナパンツはかなくってもいいのに!!!・・・努力してかく汗は一滴とも無駄にしない、という心積もりでしょうか(笑)!

日本のベリー教室で、先生がサウナパンツをおもむろにはいてたら、多分生徒はひくと思うんですが・・・その辺、パリはかなり寛大です!!
サラ * ベリーダンスの教室(パリ) * 15:14 * comments(4) * -

ベリーダンスを習っているパリのダンススクール(Studio Harmonic)

studio harmonic写真は、私がベリーダンス習ってるダンススクールです。


見た目せまそうですが、中は地階、1階、2階にスタジオが沢山(10ぐらいかな?)あって、ベリーダンス以外にも、バレエ、ジャズ、フラメンコ、タンゴ、サルサ、アクロバット、アフリカンダンス、ヨガなど、同時に色々やっています。

パリに来た当時、ダンス習おうかな、と思ってこのスクールをみにいって「私みたいな素人には敷居が高そう〜!」と、恐れおののいて帰ってきたのですが、それが4年前。

今思うと、受付の人も先生も親切で、別に敷居も高くなかったし、素人の生徒さんも多かったので、もっと早くはじめればよかったなぁ、と後悔しています。

★Studio Harmonicの住所、HP等は、以前の記事「ベリーダンス パリ旅行中に受講できるよ」をご確認ください。
サラ * ベリーダンスの教室(パリ) * 02:02 * comments(0) * -

ベリーダンス パリ旅行中に受講できるよ

ベリーダンサーの皆さん、こんにちは!

パリのベリーダンス教室について、お問合せを頂いたので、私がベリーダンス習ってるダンス・スクールをご紹介しますね。

パリにいらっしゃる予定がある方は、ついでにベリーを習いに、ってのはどうでしょう?!

@@@@@@@@
教室の名前と住所
@@@@@@@@
Studio Harmonic
5 Passage des Taillandiers(11区)

バスチーユ駅から歩いて5分ぐらいです。奥まっていて分かりにくいので、詳しい地図を用意して下さいね。

@@@@
受講方法
@@@@

1回15ユーロのチケットを入口の受付で買って、1時間半のコースにそのまま参加できます(ずっといる私は、少し割安になる10回チケットを買ってます)。

受付の人にどのクラスに出たいのか聞かれるので、「ダンス・オリエンタル」と言えば、すぐ券を発行してくれます。

ちなみに、ベリーダンスのレッスンは、平日の夜が主です。
(※ Studio HarmonicサイトのCoursで、danse orientaleと書いてあるものを確認してね。Dが初心者、TNが全レベル混合)

フランス語が全然分からなくても、こっちの先生はあまり口で説明しないので、問題なく楽しめると思いますよ!

このダンススクールHarmonicは、バレエやジャズ、フラメンコ、アフリカンダンスなどもやっていて、私のような体の硬いズブ素人から、プロ級の人まで通っています。

もしよかったら渡仏前に、ひと声かけてくださいね。都合が合えばベリーレッスン一緒に行きましょ〜!
サラ * ベリーダンスの教室(パリ) * 19:12 * comments(12) * -
このページの先頭へ