スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

TARTIT(ベルベル人の音楽&ダンス)2

TARTIT(ベルベル人の音楽&ダンス集団)公演の様子の続きです。


ベルベル(おまけ) 
トゥアレグ族について調べていたら、心惹かれるベルベル人の女の子の写真を見つけました。
トゥアレグ族ではないみたいですが、コインの飾りもとてもキレイなので、のせてみました。



肝心の音楽ですが、男性が民族博物館に保管してあるような素朴な皮ばりの三味線みたいなの(テハルダント)を弾いて、女性が太鼓(ティンデ)をたたきます。イズマドと呼ばれるまん丸のバイオリンっぽい楽器もありました。それで、みんなで歌を歌いながら、手が空いてる人が、手をたたきます。

なんとなく、砂漠の夜、火を囲みながら歌ったり踊ったりして過ごすトゥアレグ族の様子が目に浮かぶような気がしました。

リズムもちょっと不思議で、決してタブラみたいに複雑なフレーズとかはないんですが、たとえば、早めの12拍子で、不思議な手のたたき方をしてるので、まねしてたたきながら、あとで数えてみたら、1、2、4、7のところで叩いていました。

もらったパンフレットには、「ラクダの歩みを真似たリズム」と書いてありました。
(やってみると、雰囲気が分かると思います。結構、面白い)

観客も、これを真似して叩こうとしていましたが、隣に座ってたフランス人(白人)のお姉さんは、どうしても叩けず、いつも1拍子遅れていました(笑)

肝心のダンスのほうは、女性は、衣装の関係でガサガサしていて、かなり太めな人もいたせいか、あまりダイナミックな動きはなく、手の動きや、小さい足の動きが中心でした。男性は、みんなやせていて、女性ほど衣装の制約もないせいか(といっても、足までの丈の服なので、浴衣で踊るぐらい踊りにくいと思います)、突然ヒップホップとかブレイクダンスみたいな片手を床につけて、全体重を支えてピョンピョン飛ぶ動きとか、なかなかダイナミックでした。お守りのような首飾りがピョンピョンはねていました。キャメルウォークに似た動きとかもありました。

女性で一人、あぐらをかいて動かない人もいましたが、この人が、手の動きと表情だけでも素晴らしい表現力があって、ほんとに、これは見ないと分からないと思うんですが、すごい人がいました。

あと、一人だけ古い三味線ではなく、エレキギターを持っている男性がいて、そこだけ妙に目立っていたんですが、音の出し方とかは控えめで、「古いほうの楽器にしておいてもあまり変わりなかったかも・・・」、という気がしました。

それから、ベリーダンスのザカリートと同じだと思うんですが、高ピッチで「アレレレレレレーッツ」ってやつが1曲に1回ぐらいでてきて、時には、一人が「アレレレレーッツハッ」とやり終わると、別の人がまた「アレレレレーッヨット」と受けたりして、結構面白かったです。

あと、子音の「s」だけを強調したような「スーッ」という音を出したり、のどの奥のほうで不満の低いため息みたいな「グゲー」って音を二人の男性が交互に出したり(書きようがない音なので、読んでる方にはよく分からないかもしれませんが)、歌に出てくる音も、すごく多様でした。

公演は1時間半あまりだったんですが、すっかり引き込まれてしまい、時代を超えたような気分になりました。

ダンスは、最初に思ってたようなベリーダンスの勉強になるものではなかったんですが、トゥアレグ族の存在を身近に感じられたのと、彼らの音楽の世界にすごくひきこまれたので、観に行ってよかったです。

あと、なんと、ベリーダンスの教室に通ってるクララが観に来ていました。

誰か来ないか、一応、聞いてみようと思ってたんですが、親知らずを抜いたために今週のベリーのレッスンを休んでしまったので、聞かずじまいだったので、ちょっと嬉しかったです。





サラ * ベルベル・ダンス * 17:55 * comments(8) * -

TARTIT(ベルベル音楽&ダンス)公演(1)

先日書きましたが、砂漠の遊牧民トゥアレグ族の音楽&ダンス公演が近所であったので、だんなをさそって、観てきました。

TARTITというグループで、メンバーは、元々マリのトンブツクーの近くで生活していたそうです。

トゥアレグ族というのは、一般的にベルベル人と呼ばれる遊牧民の一種で、サハラ砂漠のあちこちで昔から勇敢な民族として、キャラバンの通商などで活躍していたそうですが、近年、各国政府から、少数民族なせいか遊牧民なせいか(あるいは、そのどちらもだからか)、抑圧を受けて、反政府運動などもあったそうです。

ウィキペディアによると、トゥアレグは女系社会だそうで、女性は顔を出し、男性が顔をベールで隠す習慣があるそうです。これは、うちのダンナによれば、ラクダに乗って砂漠を横断するので、ベールで隠したほうが、都合がいいからだろう、とのことでした。

TARTITは、難民キャンプで知り合った女性たちを中心に結成されたグループで、トゥアレグ族の建て直しとか文化継承みたいな活動もしているそうです。

と、前置きが長くなりますが、まず、見た目は、黒い肌の民族ではなく、どちらかというとアラブ人とか東南アジア人に近い感じです。男性は、なぜか肌の色がグレーっぽくて、ちょっと見だと、目つきとかも怖そうな戦闘的なイメージを受けました。女性は、目が誰もキラキラしていて、時々いたずらっぽく微笑むのが印象的でした。

衣装は、アフリカのイスラム教国の人が着てる衣装に似ている、という感じでした。

女性は、長い袋に、頭と腕の穴をあけただけ、みたいな服(脇が大きく開いているノースリーブの長いワンピースみたいなもの?)に、同じ布が腰から下の幅で長さ2メートルぐらい縫い付けられていて、それでぐるりと頭と腕を覆う仕組みになっていました。
シャカシャカした硬そうな布なので、座ったり立ったりすると、はかまの人みたいな大層な感じがする上、この付属布の部分が、踊ったり演奏してる途中、いつも落ちたりずれたりするので、女性たちはこれをゴソゴソ、ガサガサと直しながら踊っているので、踊りにくそうで、裾を踏まないのか、すごく気になりました(笑)

男性は、服はやっぱりアフリカの男性の服っぽい感じ(長ズボンに、同じく長い袋みたいなのをかぶっている)ですが、ウェストに帯留めみたいなのを巻いていたので、女性ほどはガサゴソしていませんでした。

男性の頭は、ターバンを巻いた上に飾りみたいなのを沢山つけていて、男女とも、IDカードかお守りか、というようなでかくて重そうな四角い飾りを首から下げていました。
(後で近くから見たら、男性の一人は、首からほら貝も下げていました)

男性は、鼻から下をベールで覆っていたので、最初歌いだした時、どの人が歌ってるのか分からず、ちょっと面食らいました。

あと、男性の声が高くて、女性が歌ってるのか男性が歌ってるのか分からない時がありました。
最初、舞台にTARTITのメンバーが入ってきた時、みんながガサゴソ言わせながら、あぐらをかいてしまったので、「あれ、踊りは〜?」と不安になったのですが、途中から、女性が一人、フラフラっと立ち上がり、中心に出て踊りだし、それからほどなくして、男性が一人、女性の踊りの助太刀、みたいな感じで踊る、という感じでした。

なんか、長くなってきたので・・・また明日、続きを書きます。

JUGEMテーマ:芸能


サラ * ベルベル・ダンス * 01:46 * comments(0) * -
このページの先頭へ