スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

映画「Dans la Vie」パンフレットより

DANS LA VIEポスター画像ちなみに、映画「Dans la Vie」のポスターはこれです。 

「Une comedie kasher」 
(カシャーなコメディーよ。カシャー=ユダヤの宗教忌避)

と、イスラムのほっかむりをしたおばさんが言い、

「Et hallal !」
(おまけにハラルよ。ハラル=イスラムの宗教忌避

ともう一人がつけ足しています。

映画の中では、アルジェリアのオランで生まれたユダヤ人のエステルのお父さんは、フランス人が優先して仕事を取る政策になったため、強制的に失業されられてしまい、仕方なくフランスに移民したのだそうです。

一方で、植民地政策として、フランスは、ユダヤ人はフランス人として認め、アラブ人は認めない、など、人種差別的な政策を取って、恣意的に両者を対立させたのだそうです。

植民地政策により、これまで普通の隣人だった、ユダヤ系とアラブ系が、人工的に対立をせまられていく構図が、とてもよく分かります…

ちなみに、映画のパンフレットに書いてあった最後の一言が印象的でした。

私がイスラエルに帰るたびに、胸を打つのは、マグレブ出身、イラク、イラン出身のユダヤ人と、アラブ人の類似性です。

同じ習慣、同じ伝統…料理、匂い、スパイス、味も同じです。

音楽もとても似ています。

文化的に近づく必要がないほど、既に両社は近くにあり、私は、そこに希望を感じるのです。

フランスでも状況は同じです。

ユダヤ人が弁護士になったり、外科医になったりなど、成功をすると、実家でお祝いをしますが、その時に食卓に出されるのは、仔牛のブランケット(フランス料理)ではなく、クスクスなのですから!

エステル・ベンバサ教授(Esther Benbassa, Directrice d'etudes a l'Ecole pratique des hautes etudes)


ただし、ひとつだけ、大きな違いがあります。

それは映画の中でエステルとハリマの会話に出てくるんですが…

アルジェリアのユダヤ人は、自分たちのコミュニティの間でしか、結婚できないことになっていた。モロッコのユダヤ人や、チュニジアのユダヤ人とさえ、結婚することは許されていなかったのよ!

ちなみに、パンフレットから更に抜粋すると、19世紀末、フランスの植民化が進んだ結果、アルジェリアのユダヤ人のほとんどが、フランスに移民(帰化)し、モロッコのユダヤ人は多くがイスラエルとモントリオールに移民し、チュニジアのユダヤ人はフランスとイスラエルに移民したのだそうです。

当然ながら、フランス国籍を得られるかどうかが、フランスへの移民をするかどうかの大きな要因となり、また、当時イスラエルに移民したユダヤ人は、金銭的に余裕のない人が多かったのだそうです。

映画の中で、ハリマはアラブ系の友人や息子から、「ユダヤ人のお金でメッカ巡礼に行くなんて!」と批難され、どうしていいか分からず、モスクのシェイク(キリスト教の司教さん、神父さんに当たる人)に相談に行きます。

すると、シェイクは、

そのユダヤ人は、イスラムを悪く言いますか?

あなたは、そのユダヤ人のために働くことで、イスラムを否定するようなことを強いられますか?

そうでなければ、メッカ巡礼に行くことには、何の問題もないでしょう!

とスッパリ答えてくれます。

ハリマは、映画の中で、「無学な女性」として描かれていますが、娘のセリマをイスラム・コミュニティのプレッシャーから守り、自分の行動も、「神様に恥ずかしいことは何もしていない!」と貫く強さを持っています。

また、娘のセリマも、反動化して、スカーフをかぶっているいとこの女の子が、

私の方が、あなたよりイスラムの教えをきちんと実践している!

仕事で、男性の介護をすることもあるなんて、イスラムに反してるんじゃない?

と挑発するのに対して、

宗教って、伝染病じゃないでしょ?

私は個人的に、イスラムを信仰しているし、それで十分。

あなたがベールをかぶりたいからって、私にも同じスタイルを強制する必要はないでしょ?

と言い放ちます。

日本の田舎のお隣さんや親戚の「結婚適齢期」とか、「人様に恥ずかしくないように…」みたいなプレッシャーにも似たような、フランスのイスラム系がお互いに牽制しあう社会的プレッシャーが、ものすごく伝わってきます。


…以上、つたない訳・文章で恐縮ですが、アラブ世界を複雑にしているユダヤとイスラムの関係についても、皆さんにも伝えたくて、書いてみました。


JUGEMテーマ:映画
サラ * フランスのアラブ世界 * 18:28 * comments(4) * -

フランスのイスラム住民を描いた映画「Dans la Vie」

映画「Dans la Vie」画像

2008年にフランスの映画館で公開された「Dans La Vie」という映画を見てきました。

軽いタッチで笑わせてくれるいい映画なんですが、とても深いテーマの映画でした。

だいたいのストーリー

2006年夏、南仏のトゥーロン。

イスラムとユダヤ系の衝突が世界のあちこちで広がり、毎日、パレスチナ、イスラエル、レバノンなどで死傷者のニュースが絶えない中、フランスに移民した両住民の間の感情も悪化していました。

フリーの看護婦(フランスには、病院に所属せず、自分の診療所を持ったり、往診に行く看護師さんがいます)のセリマは、アルジェリア系2世。

完全介護が必要なのに、ワガママ放題でどんな看護婦さんもすぐクビにしてしまう、車椅子のユダヤ系のおばあさん、エステルの看護に行き、なぜか気に入られてしまいます。

成り行き上、もう一人介護の人が必要になり、セリマは、自分の母ハリマを連れてくることに。

ハリマには、最初は、「人種差別」的な感情がありますが、実は同じアルジェリア出身のフランス移民一世であることから、話が盛り上がり、二人の間には不思議な友情が育ち、エステルは、息子の出張中、ハリマの家に住むことに…

ところが、ハリマの周囲のイスラム系住民は、「ユダヤ人と仲良くすることは、イスラムの戒律に反するのでは?」とハリマの行動を批判し始めて…

結局、ハリマと夫のアリは、エステルの介護で得たお金を元手に、メッカ巡礼をすることになり、エステルとハリマの友情を受け入れたイスラム・コミュニティは、太鼓とザカリート(レレレレレ〜!)で、ハリマたちの出発を見送ります…

督:フィリップ・フォーコン

タイトルのDans la Vieは、日本語に訳すと、「人生いろいろ」というところでしょうか…?

ディテールがとてもしっかり描かれている映画で、書きたいことが色々浮かんで困ります(笑)

主役ハリマは、映画の中で、夫に仕え、子供を育てることだけで精いっぱいの人生を送り、メッカに巡礼することが夢、という敬虔なイスラム移民1世女性の役なのですが、実際に、彼女を演じたゾーラ・ムーフォクは、別に女優でもない普通のおっかさんで、映画の中もアルファベットを学習する教室に通っていますが、実際に文盲なので、セリフは娘と一緒に覚えたんだそうです。

また、映画会場に置いてあったパンフレットには、イスラムとユダヤの関係について、非常に面白い記載があったので、今度機会があったら、転載したいと思います。

以前、紹介した「レオ・アフリカヌスの生涯」にもユダヤ人とイスラム系の友情が描かれていますが、ユダヤとイスラム系は、ずっと隣人として共存していたわけで、ガザ地区のような状況がずっと続いていたわけではないことが良く分かります。

ハリマの家に住み始めたエステルが、ハリマの家にあるアルジェリアの音楽(と思われる)をかけて、セリフもなく聞き入るシーンがあるんですが、解説を読むと、北アフリカに住んでいたアラブ系もユダヤ系も、同じ音楽を聴き、同じ言葉を話し、同じ料理を作っていたことが分かり、これも彼女たちの共通のルーツなんだ、ということが分かります…

映画自体は、フランス語なんですが、アルジェリア系同士では、アラビア語で話したり、フランス語が混じったり…で、字幕が多用されていました。

個人的には、看護婦さんのセリマが、去年のベリーダンスの先生(アルジェリア系)にそっくり(鼻が違うけど)だったり、お母さんのハリマが、娘の友達のチュニジア人のお母さんにそっくりで、話し方やアクセント、アラビア語の混じる会話のパターンもそっくりだったり、どれも、フランスでよく見かける状況…という感じで、フランスの移民社会を、とても正直に、でもとてもコミカルに描いている映画だと思いました。

日本語の解説が出てくるサイトがなかったので、たぶん、日本で公開されることはないんだろうと思いますが…

こういう映画こそ、日本で紹介してほしいと思います。

JUGEMテーマ:映画の感想 
サラ * フランスのアラブ世界 * 17:15 * comments(2) * -

フランスのイスラム女性団体「Ni Putes Ni Soumises」などについて

映画「Dunia」を見たあと、夫と、いろんなことを話したんですが…

その1つに、フランスでも、移民の家族が女子割礼を行い続けている、という現実があります。

アメリカ、フランスなど、先進国に移民したアラブ系、アフリカ系住民が、この習慣を続けているという事実は、「ファウジーヤの叫び」を読んだ時に、どこかで読んで、知っていたのですが、フランスでは、数年前に有罪判決が出たため、かなりメディアでも話題になったそうです。

それ以外にも、アラブ系住民の間では、未成年の女の子が、知らない人と強制的に結婚させられる事例があり、学校や市役所など公共の建物には、犠牲にあった少女が連絡するための「ヘルプライン」の電話番号が貼ってあるのだそうです。

パリにいた時に、「Ni Putes Ni Soumises」という団体については聞いたことがあったし、ポスターも見たことがありましたが、実際には、「自分とは遠い世界のこと…」と思っていました。

※Ni Putes Ni Soumisesは、直訳すれば、「ふしだらでもないし、従順でもない」と言う意味。

イスラム系移民の女性がおかれている状況として、フランス人女性のように行動すれば(たとえば、年頃にボーイフレンドを作るなど…)娼婦といわれ、リンチにあったり、フランスの人権意識とは全くかけ離れた「従順」な生き方しか許されていない、女性には、この2つの道しか残されていないのはおかしい!という告発をする団体です。

詳しいことは、リンクした記事をごらんください。




調べていたら、Ni Putes Ni Soumises 元代表者の著作(原題は団体名そのまんまの「Ni Putes Ni Soumises」)が、日本語にも翻訳されていました。

また、イスラムを知る上で読みたい本が一冊増えてしまいました。

 
副題 : 混血のフランス共和国を求めて
ファドゥラ・アマラ著 ; 堀田一陽訳
社会評論社



今の私としては、ベリーダンスは大好きだし、踊るのは本当に楽しいけれど、こういった背景を無視して踊り続けることは、できない…というようなベリーダンスを楽しむ上での責務みたいなものを感じています。

かといって、何かアクションを取る用意があるわけではありませんが…

少なくとも、知っておくべきことからは、目をそむけることはしたくない…という気持ちです。

JUGEMテーマ:フランスに関するニュース 
サラ * フランスのアラブ世界 * 21:12 * comments(6) * -

ラマダン明け

前回のベリーダンスのレッスン時、更衣室に手作りのアラブ菓子が並んでいたので、「あ、ラマダンがあけたんだな〜」と思いました。

以前、ある会社で働いていた時にも、アラブ系の女の子がラマダン明けには必ず家で作ったお菓子を「おすそ分け」に持ってきてくれました。

(フランスでは一般的にお土産やおすそ分けの習慣があまりないので、みんな大喜びでした)

なんでも、ラマダン明けのごちそうを1日かけて家の女の人総出で作るそうです。

お菓子だけでも何種類もあって、小さいとはいえ、数百個も作るみたいです。

チョイワル先生のお母様が作ったというアルジェリアのお菓子は、ココナッツフレークが周りについているミニドーナッツみたいなのと、絞り出しクッキーみたいのと、あともう一種類(味見しなかったので不明)でした。

フランスでは、アラブ人のティーハウスなどあちこちでアラブ菓子が買えるので、パリでは私も時々、アルジェリア菓子の専門店で買っていましたが、チョイワル家のは、お店で売ってるのより、随分甘さも油も控えめで、とても上品な美味しいお菓子でした。

先生も久々にフルにお化粧して元気そうでした。ラマダン前より少し痩せて、肌の調子もいいみたいでした(やっぱり断食は美容にいいんでしょうか???)

その前の週あたり、ラマダンが後半戦だったせいか、先生もかなり疲れていて、レッスン中、ある時間になると(←多分、日没の食事をしていい時間だと思われます)、急に「悪いけど自習タイムね〜!」と更衣室に駆け込み、「あーもう我慢できない!!!」と、ブラウニーみたいなお菓子をすごい顔でガツガツ食べていました。

そんな先生を見ていると、なんとなくこっちも気の毒になってしまったので、ラマダンが終わって、正直ホッとしています…。
サラ * フランスのアラブ世界 * 20:57 * comments(8) * -
このページの先頭へ