スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

久々のバレエで、全身ボロボロ…

今年のバレエの教室が始まりました。

メンバーも、去年とみんな同じで、2ヶ月半のバカンスがあったのが、嘘のようです。

でも、体はもちろん思うように動かず。
最初の30分で、「もうそろそろ、終わりにしたいなぁ」と思って、時計を見て、絶望しました(笑)

なんとかレッスンを最後まで終えて、足をひきずるようにして帰宅。

明日の筋肉痛、まずはどこに来るかな、と思っていたんですが…

ふくらはぎが、すごい張ってしまって、階段がまともに上り下りできないぐらいです(涙)
無理して上り下りしたら、濡れたモップを引きずって歩いてるみたいな重さでした。

今も、ふくらはぎが、つった時みたいな状態で、パンパンです。
なぜか、他の場所は平気なんですが。

もしベリーダンスを再開したら、お腹周りがすごいことになりそうだな、と、怖くなりました。

JUGEMテーマ:健康


サラ * クラシックバレエ * 18:47 * comments(2) * -

フランスらしいクラシック・バレエの教室

新居に着いて半月。

古いアパルトマンなので、あちこち修理は必要なのですが、とりあえず当分は大工事をすることはせずに生活できそうです。

段ボールもやっと片付いてきたので、とりあえず、地元の情報紙などを頼りにダンススクールを探したところ、うちのダンナが若いときに憧れていた女の子(その話は、国際結婚のブログで近々、書きます・・・)がバレエを習っていたマダム・ジェーン先生の教室が現存することが分かり、しかも、うちの近くだったので、一応、ダンナと一緒に見に行ってみることにしました。

それがまぁ、あっと驚くぐらい元気でキレイなオバアチャン先生で、まさに「昔のフランス映画に出てくる女優さん」、という雰囲気の方でした。
でも、話してみると、とても気さくで、ひと目みて、この人のレッスンを受けてみたいな、と思いました。

ちなみに、先生は、「あ〜、あの素敵なお嬢さんのお友達なのね。あの子は、小さい頃からずっと私がレッスンを見てきましたよ!」と、ちゃんとダンナの彼女のことも覚えていました(笑)

あとで知り合いに聞いたら、この先生、80歳を超えているそうです。
申込用紙には「元エトワール」と書いてあったのですが、エトワールだったのは、もしかすると・・・戦前かも…。

昨日、今年度初のクラスだったので体験レッスンに行ったら、他の人は前の年から続けて通っている人たちで、先生が、みんなに紹介してくれました。

他の人たちも、見た目みんな本当のバレリーナっぽい雰囲気で気後れしたんですが、話してみると、すごく気さくで感じのいい人たちでした。

みんな既にポワント(トウシューズ)を持ってきていたので「私は初級レベルなんですけど・・・」としり込みしたんですが、マダム・ジェーンが、「あなたならついていけるわよ!ちゃんとフォローしてあげるから大丈夫!」とウィンクしたので、頑張ってみました。

とはいえ、ヴァカンス中、ストレッチも怠けていたし、全然体を動かしていなかったので、すご〜く辛かったです。

他の生徒たちが「マダムはすごく熱心だから、みんな一度も休まずに通ってるのよ」と言っていましたが、この教室に通っていたら、あっという間に上達しそうです。

パリの教室は、人数も多かったし、先生は毎日通ってる人や上手い人の指導はするけれど、私みたいな万年初級で週1回来るかこないかの生徒は、正直言って、あまり構ってもらえなかったので、マダム・ジェーンにすごくみっちり指導してもらい、嬉しい反面、やっぱりクラシックバレエって厳しいな〜、と、新鮮なショックを受けました。

パリのスタジオは、人種も入り混じってレベルも様々だったし、服装もジャージに靴下みたいな人から、ジャズダンサー風から、チャコットのカタログみたいな超クラシックなスタイルまで色々でしたが、このクラスは、純フランス人の純クラシックバレエ〜、という感じで・・・私だけが異分子みたいな感じでした。
(別に人種差別とかそういうのは全然感じなかったんですが・・・。単に、肌が白くてブロンドやブリュネットの人たちが、ピンクのクラシックなレオタードを着てると、私のレオタードは黒なこともあり、私のあたりだけ「色合いが違う」っていう感じでした(笑))

ベリーダンスの教室は、同じスクール内ですが、もちろん別の先生が受け持っているので、その体験レッスンに行ってみるつもりです。

これまでいろんなダンス教室の広告を見た限りでは、ダンス・オリエンタルもやっているスクールはここだけだったので、いい先生だといいな・・・、と思っています。

またレッスン後に、ご報告します♪

サラ * クラシックバレエ * 16:38 * comments(4) * -
このページの先頭へ