スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ソラヤ先生のワークショップ(2)

前回は、ワークショップの話をかきかけて、曲の話で終わってしまいました。

さて、肝心のワークショップの内容ですが・・・

テクニック的には、難しいものがチラホラ入ってはいるものの、なんとか、そこは誤魔化して、一列目でついて行けるレベルでした。

とはいえ、単に他の参加者に、レベルの高い方が数人しかいなかったので、一列目をキープしていただけなのですが・・・

まずワークショップの始めに、3つぐらいの動きをつなげた「アンシェヌマン」を5つぐらい練習しました。

例えば、「アンシェヌマン」のひとつめは、

4カウントで前後のシャルキ・ステップ、4カウントでゆっくり右回転、2カウントで左足を左に出し、左ヒップを横にアクセントをつけ、半回転し、2カウントで右足を同じく左に出して半回転(これで左側に1回転)、4カウントで左右のブラッシュ・・・

というようなものを1つのブロックとして、これを8カウントX2にあわせて、とりあえず、できるようになるまで、右・左・右・左と交互に、リズムがわかりやすい、ゆっくりの曲で練習します。

それができるようになったら、早めの曲で練習し、一応、頭に入ったところで、また別のアンシェヌマンを習いました。

こんな感じで、5つぐらいのアンシェヌマンが、だいたい頭に入ったところで、今度は本来の曲をかけながら、8カウントX4ぐらいのパターンごとに、練習していきます。

もちろん、途中で、かなり「つなぎ」が入るのですが、曲を聴いていると、とてもロジックというか、アクセントがつくところは、必ずタイコが聞こえていたり、とても分かりやすくて、踊っていて楽しい振り付けでした。


ちなみに、「ヤ・バハイヤ」という曲自体は、7分近いものなので、2時間のWSにおさまるように、先生が、曲を編集していました。

編集といっても、真ん中をごっそり抜いて、最初と最後を踊るので、うちにある曲そのまんまでも、練習がしやすくて助かりました。

私も、曲の編集テクを勉強してみようかな・・・

と、ふと思い、以前にReshmiちゃんが、編集の丁寧な説明をされていたという記憶があったので、彼女の以前のブログ(Bellydance★Connexion)を見に行ったのですが・・・

・・・難しそうだったので、音楽ソフトを持っている夫に、お願いすることにしました。


当日、うっかりしていて、カメラを持っていくのを忘れてしまったのですが、動きの流れ自体は、そんなに複雑じゃなかったし、とりあえず、WSの最後には、最前列で先生を見ずに踊れていたので、うちに帰ってから、音楽があればなんとかなるだろう・・・

とタカをくくっていたのですが・・・


うちでいざ、音楽を聴いてみても、何も浮かんでこない・・・(爆)

・・・最初は、音楽をかけつつ、何か出てくるかも、と呆然と立ち尽くしていたのですが・・・

ボーっとしたイメージはあるものの、具体的に最初、どんなステップだったかすら、思い出せない有様です。

これでは、WSに出た意味がない!

と思い、必死で、思い出せるパーツを、順番メチャクチャでもいいので、音楽なしでやって、それをいちいち書き留めてみました。

それから、今度は、曲をよく聞いて、8・8・歌スタート・8・8タイコ・など、拍子を数えて別の紙の左半分に書いてみたところ、

あっ、そういえば、あれがあった!

という感じで、ここにはこの振り付け、などと、書き込みがどんどん増えていき、少しずつボロボロと記憶の糸がつながってきました。

曲の最初のほうで、8・8・12・12・8・8・となる部分があって、これが、ちゃんと音楽を聴いているうちに、ジグソーパズルのように、ここに4拍子のあの動きを入れていたっけ・・・などと、ゆっくりつながってきて・・・

その日の晩は、そればっかり考えていて、寝るときも、あの動きをああつなげて・・・
などと考えながら寝たら、翌朝、ぴったりと全部つながりました!

とはいえ、無理やりこじつけた部分がひとつあって、音楽とのマッチングがイマイチなので、それは次回のレッスン時に、先生に確認してみないといけないのですが・・・


そこまでは、とりあえずいいとして(カメラを最初から持っていっていれば、こんなに苦労しなかったのですが、なにせ、誰も持って来ていなかったので・・・)

いざ、踊って見て、だいたいひとりで踊れるようになったので、前回の反省?から、早い段階からビデオを撮ってみることにしました。

前回の反省というのは、ヨースリーのWSの後で、だいぶ練習したつもりで、楽しく踊っているところを、いざビデオに撮ってみたら、驚くほど全然、グダグダだった・・・というものです。

今回も、やはりグダグダ・・・

おまけに、WS中には、なんとなくできてるつもりでいたテクニックも、実際にビデオで見てみると、ちゃんと組み込めていなかったり、自分では全身で表現しているつもりが、腰がパキパキ動いてるだけだったり、手が、またグニャッと、だらしなく垂れていたり・・・

なかなか、自分の理想には近づけずにいます。

でも、曲も好きだし、とてもいい振り付け(確認しなかったけど、多分ソラヤ先生のオリジナル)だったと思います。

先生も、ちゃんと振り付けの紙を用意してきていて、たまに、

あれ、ここはなんだっけ?

と確認しながら、踊っていました。

ワークショップに出たあとに、こうやって自力で振り付けを拾い集めたのは、自分としては、とてもいい勉強になったと思います。

いつか、ちゃんと踊り込んで、皆さんに動画を公開したくなるような踊りが踊れるようになるといいんですが・・・


※注:

曲名を「ヤ・バハイヤ」とカタカナ表記しましたが、歌をじっくり聴いてみると、「バヘイヤ」と発音しています。

なので、「ヤ・バヘイヤ」の方が、正しいのかもしれません。

 JUGEMテーマ:趣味
サラ * ベリーダンスのワークショップ情報 * 23:59 * comments(0) * -

ソラヤ先生のワークショップ

先日、いつも習っているソラヤ先生のワークショップがありました。

通常のレッスンは、初心者クラスに参加しているのですが、ワークショップは、初級と中級があったので、中級のほうに参加してみました。

ちなみに、ソラヤ先生は、フランスの先生としては、とてもオーガナイズされていて、あらかじめ、ワークショップのプログラムもはっきり通知してくれるので、とても助かりました。

私が参加したプログラムは、

「Ya Bahaia コレオグラフィー
この曲は、多くのベリーダンサーのお気に入りで、音楽的にも構成がしっかりしています。
今回は、音楽を良く聞いて、リズムのバリエーションに沿ったクラシック・オリエンタルな振り付けを勉強します」(だいたいの訳です)

というものでした。

ワークショップの前に、「Ya Bahaia」で検索してみたところ、
Ya Bahaia: Belly Dance Music with Samer Issa
というのが出てきたので、先生に確認したところ、「それそれ!」と先生からリプライが来ました。

Ya Bahaiaヤ・バハイヤCD
簡単にAmazonなどでMP3が購入できる曲なので、ワークショップの後にすぐにAmazon.frから購入して、うちで練習しています。

なんと、歌詞のローマ字表記と、英訳された歌詞もすぐに見つかったので、とてもビックリしました。

(私は、曲名と一緒にlyricsという単語を入れて検索しています)

アルバムのタイトルでもある、バハイヤさんというダンサーは、存じ上げなかったのですが、有名な方なのでしょうか。

サイトを見ると、アメリカの方で、かなり大量にDVDなどを出していらっしゃるようです。

なのに、Youtubeで、ご本人が「ヤ・バハイヤ」を踊ってる映像は見つかりませんでした。

ちなみに、フィーチャリングされているSamer Issaさんも、検索してみると、Youtubeで、R&Bとか若向けの曲を歌ってる若者の映像が沢山でてきたのですが、これは同姓同名の別人…ですよね?

どなたか、ご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。


・・・ワークショップ本体の話は、また次に書きます!

 JUGEMテーマ:ベリーダンス
サラ * ベリーダンスのワークショップ情報 * 17:06 * comments(0) * -

イスタンブールのヨースリー・ワークショップ

初めて参加したベリーダンスの本格的なワークショップが、ヨースリー・シャリフ先生の、しかも超・少人数だった!!、という、とてもとてもラッキーな私です。

おまけに、雰囲気もとてもリラックスしていて、恐る恐る行った私でも、踊っていて、ずっとニコニコしてしまうような、本当に楽しいワークショップでした。


ヨースリーのワークショップは、3日で合計7コマだったのですが・・・

最初は、「うー、果てしなく長い・・・」と感じましたが、最後の日には、「えっ、もう終わってしまうの?!・・・まだ踊りたいのに・・・」と残念に思うほどでした。

これまで、パリやチュニジアで細切れに習った先生も含めて、6人の先生に習っていますが、こんなにずっと踊っていても、ベリーダンスって、こんなに楽しいものなんだ!!と実感したのは、本当に初めてです。


また、最初にリズムを聞き取る練習をしたり、ステップの説明を最初にしてくれたり、振り付けも、何度もスローモーションで見せてくれて、指導がとてもきめ細かくて、思っていたよりも、説明もずっと分かりやすかったです。


とはいえ、初日の1コマ目から、短いコレオグラフィーの途中で、とつぜん、

はい、じゃあひとりずつ踊って!

ということになり、みなさん上手に踊って、ヨースリーからも「グッド!」とか言われていたのですが…

私は、「どうか呼ばれませんように…」と思い、後ろのほうにできるだけ隠れていたのに、最後のほうでヨースリーに見つけられてしまいました。

ものすごく緊張して、グループでやったときは、なんとかついていけていたのに、ヨースリーの前では、途中で、「はた」と止まってしまいました…

できの悪いのが一人混じっていることが、なんか申し訳なくて、「ソーリー」と言ったのですが、ヨースリーは、ニコニコしながら、「That's okay」と言ってくれました。


ちなみに毎回、別の曲だったので、一緒に参加した人たちは、一曲をカバーする振り付けが完成せず、ちょっと残念そうでしたが・・・

私は、2分ぐらいの雰囲気の違う曲で何曲も踊れて、とてもいい勉強になったと思いました。

振り付けは、いろんな要素が入っていて、でもシンプルでムダがなく、美しかったです。

私は、しっかり踊りこむことはもちろん、足がついていくだけで精一杯、シミーもアクセントも省略!、というようなところも結構ありましたが・・・

それでも、踊っていて楽しい振り付けを、どんどん生み出していくヨースリーを間近に見られて、本当に感動しました。


なにより、15人のグループを2つに分けると、7人ぐらいになるわけですが、その前でヨースリーが一緒に踊ってくれて、それを見ながら一緒に踊るのは、とても楽しかったです。

最後の日に、ひとりでトイレに行こうとしたら、トイレのドアの前にヨースリーご本人が「でーん」と立っていたので、何か言いたかったのですが、もう胸がいっぱいで、

サンキュー・ベリマッチ、ヨースリー!

というのが精一杯でした。ヨースリーは、ちゃんと、満面の笑顔で、

ユー・アー・ウェルカム!

と答えてくれました。


それから、参加者のダンサーたちが、本当に個性的で、同じ振り付けを踊っていても、それぞれが独特の世界を表現していたのを間近にみられたのも、とても新鮮でした。

もっと上手に踊れるようになって、また、ヨースリーのワークショップに(今度は、もう少し前のほうで)参加してみたいです!!

 JUGEMテーマ:習い事・資格・講座
サラ * ベリーダンスのワークショップ情報 * 18:21 * comments(6) * -

ソラヤ先生のワークショップ

ベリーダンスのワークショップに、久しぶりに参加しました。

ベリーダンスはおろか、ダンス自体、1年間ほど、まるまるお休みしてしまいましたが…


先生は、以前、テレビの映像をご紹介したソラヤ先生です。
(下のリンクをご覧ください)


ワークショップは、2時間X2本で、最初の2時間が初心者、2番目の2時間がアサヤ(ダンス・ステッキ)を使ったもので、私は、ベリー自体が久しぶりで、アサヤは一度も使ったことがないので、最初のクラスだけ参加しました。


まだ夏休み中なので、参加者も少ないだろう、とタカをくくって行ったら、20人以上も参加して、大にぎわいでした。


ちなみに、なんと、以前のリンダ先生のクラスに来ていた、挨拶をしても無視する「感じワル子ちゃん」グループ(と勝手に呼んでいた)の数人が来ていました。

一応、最右翼(絶対に無視する子)以外の子には、こっちから挨拶したところ、「ボンジュール」とは返事をしてくれましたが…

久しぶりに、勇気を出して、ベリーダンスを踊りに来たら、しょっぱなから感じワル子たちに遭遇したので、気分がくじけそうになりましたが、踊りに来たんだし、まあいいか、と思い、さっさと着替えました。


初心者クラスといいながら、参加者は、みんな、ベリーダンスの経験はちゃんとありそうな感じで、全員が、最初からヒップスカーフを着用していました。


皆が待っていると、ダンス・スクールの入り口の前に、さっそうと車を横付けして、ソラヤ先生が降りてきました。

映像で見たより、ずっと親しみのわく顔立ちで、チャーミングな人でした。

とはいえ、2年前に習っていた「チョイワル先生」と、顔の造作がものすごく似ていて、「チョイワル先生を、優しくお茶目にしたバージョン」という感じでした。

一応、チョイワル先生もソラヤ先生もアルジェリア系なのですが、あまりに似ているので、いとこか何かじゃないか?!と思ってしまいました。


実際のレッスンは、エジプシャン・スタイルの基礎のステップなどを少しずつ練習して、最後に、それを組み合わせた簡単なコレオグラフィーをつけて、皆でなんとか踊る、というものでした。


以前のクラスメートのコラリーに、

ソラヤ先生は、すごく厳しいんだから!

と、レッスン中も、細かいことで、散々しぼられるようなことを言っていましたが…

(コラリーの話は、下のリンクをご覧ください)


レッスンが始まると、そんなにうるさいことは言わず、基本をしっかりと上手に教えてくれるイメージで、教え方も簡潔で明瞭で、とても良かったです。


なにより、おととしと去年の先生2名とも、

よく見て!最初に、♪タララーン、ってやって、それから次は♪タララーン…

と、どのステップも全部が「タララーン」に還元されてしまう上に、細かい動きを再現してくれず、生徒が、

今の動きができない…もう一度教えて!

と言っても、

1回目「よく見て!私の真似して!」
2回目「…そのうち、できるようになるから!」
3回目「…最初から、できるようにならないわよ!

で終わってしまう状態だったのに比べると、ソラヤ先生は、ちゃんとステップの名前(いわゆる、日本のベリーダンスの本に載っている名称に近いもの…ヒップドロップとか、キャメルウォークとか…)を言ってくれたので、もう今では、私も、名称とステップは一致するようになっていますが、それでも、説明が分かりやすくて、感激しました。

あと、例えば、キャメル・ウォークなども、

1)胸を突き出す
2)腰を突き出す
3)胸を引っ込める
4)お腹を引っ込める

と4分割して説明してくれて、こんなに分かりやすく教えてくれるのか!と、ものすごく嬉しかったです。

私は、意識せずアンジュレーションをすると、どうしても逆アンジュレーション(下から上にぽこっと上がる方)になってしまう癖に悩まされていて、これまでの先生の場合、

反対だけど…まあ、できるようになるまで、どっちでもいいよ!

みたいな指導で、順アンジュレーション(上から下りていく方)が、どうしてもできるようにならず、ごまかしていたのですが…

こんなに細かく丁寧に説明してくれる先生につけば、これまでに出来なかったステップも、絶対に出来るようになる!という実感がわきました。


ちなみに、感じワル子グループは、リンダ先生のクラスでは、上級者クラスに入っていたし、今回も、さっさと前の方の場所を占領していましたが、きちんとアイソレーションして、ひとつだけの動きに絞って練習するのに慣れていないからか、途中で、最前列なのに、ついていけずにオロオロしている子が結構いました。

ソラヤ先生のスタイルは、パリのスタジオで、ドロンジョ先生が厳しく教えてくれたクラシックなエジプシャン・スタイルに近かったし、指導は、あそこまで厳しくなかったので、私は、なんとか、ついて行くことができました。

あの時は怒られ通しで辛かったけど、ソラヤ先生がスローモーションで8カウント指示を出すと、音楽がかかっても、その動きが自然にできるようになったので、

…ドロンジョ先生、あのときは恨んだけど…ありがとう!

と心の中で思いました(笑)


ちなみに、ソラヤ先生の説明で、面白いことがあったので、書いておきます。

ベリーダンスで一番大事なのは、4つのポイントを意識して踊ること。

4つのポイントとは、

1)アイソレーション(腰と一緒に肩や腕がグラグラしないこと)

2)フリュイド(流れるような動き、ゴツゴツしない)

3)アクセント(リズムを刻むときは、しっかりと重心を移すなど、アクセントをつける)

4)全体の美しさ、優雅さなど(脚を開いて腰を回すとか、ひざの曲げ方とか、キャメルウォークの脚の位置など、ともすれば下品に見えやすい動きをきちんと分析して、優雅に見えるようにする)」


今年は(フランスでは9月から新年度なので、あえて「今年」と呼びますが)、ソラヤ先生のレギュラーなレッスンを受けて、また一からしっかり基礎をやり直していきたいと思いました。


 JUGEMテーマ:ベリーダンス
サラ * ベリーダンスのワークショップ情報 * 16:16 * comments(6) * -

ベリーダンスのワークショップ情報(パリ)


私の通ってるスタジオで、ドロンジョ先生の前の時間帯に、ベリーダンス中上級クラスがあるんですが、その先生のワークショップのお知らせです。

Assia Guemra先生
コンテンポラリー・オリエンタル・ダンス+ボリウッド
中上級向けワークショップ
7月16日〜22日(12時から18時まで)
450ユーロ
詳細はwww.assiaguemra.com
(このサイト、先生のベリーダンス動画写真も見られます。衣装もとっても素敵です!)

ワークショップの案内書を見たところ、ワークショップの内容として、バーレッスン、ベリーダンス各種スタイル基礎の確認、自由な表現の模索、アナトミーの解説、コレオグラフィー、ベール・杖・ろうそくを用いたダンス、呼吸法、ヨガや武道の活用、マッサージ、などすごく充実してるみたいです。

はなから中上級向けなので、初心者の私には無理そうですが。

この先生のクラスは上級だけあってみんな上手いし、人数も多くて(30人ぐらい?)熱気ムンムンなんですが、コレオグラフィーが中心みたいで、みんなで結構長い動きをマスターしているようです。

前回レッスンに行った時、先生が来るまでここの教室を見ていたら(いつも時間が伸びるので、最後が見られる)、なんと、先生がソロを踊っていました

先生の動きは滑らかで、とてもすばらしかったんですが・・・。
なんていうか、ドロンジョ先生みたいなキレと瞬間的なひらめきがなくて、動きもモダンなせいでしょうか、振り付けっぽい感じが強く出ていて・・・
正直言って、感動しませんでした。

ベリーダンスは、やっぱりトラディショナルな動き、即興の動きがいいなぁ、とまたも思いました。

はっと気づくと、すっかりドロンジョ教にはまってしまっている自分(爆)

※ちなみに、上記サイトの写真や動画でみるとちょっとがっちり体系な方かな、と思われると思いますが、本物はもっとがっちりしてらっしゃいます(笑)
サラ * ベリーダンスのワークショップ情報 * 23:35 * comments(4) * -

ベリーダンス・ワークショップ(7月)


ドロンジョ先生が、ベリーダンスのワークショップを7月に開催するそうです。

エスパス・ジェマップスって、私は行ったことないんですが、いろんなダンス教室をやってて、去年参加した人が、すごく良かったって絶賛してました。

その人によると、月〜金の5日連続なので、急激に上達するし、生徒同士で仲良くなるそうです。

場所も運河沿いで、日が長い時期だから(10時ごろまで明るいはず)、近くに夏だけの仮設カフェが出てたと思います。人が多いだろうから、注意していれば治安の問題もないと思います(この辺り、暗くて人気がないと一人歩きはちょっと怖い…)

値段は先生も覚えてなくて、でも他と比べてかなり安価だそうです。

今度、申込書を持ってきてくれるそうなので、またご報告します。

****************
ベリーダンス全レベル

日時 7月9日〜13日 毎日19:00〜(終わる時間は未定?)
場所:エスパス・ジェマップス(パリ10区)
Centre d’animation Espace Jemmapes
116 quai de Jemmapes ・75010 PARIS
01.48.03.33.22
www.jemmapes.com
***************

かくいう私は参加迷ってます…。

というのも、うちのダンナは毎晩うちでちゃんと家族全員でご飯食べたい人(→典型的フランス人)なので、食事時にほっぽりかしはかわいそう、というのが理由。

パートナーがいる方は、その辺の折り合いどうつけてるのかな…。
フランスでは、よっぽど会社経営者とか重役でなければ、みんな夜はうちにちゃーんといますから(笑)

サラ * ベリーダンスのワークショップ情報 * 18:25 * comments(14) * -
このページの先頭へ